Tag Archive for 親

ジュニアテニスの分岐点(親の立場)

最近、仕事仲間のご子息がテニスをやっていることを始めて知りました!かなり真剣にテニスをやらせているため、それなりに悩みも多いようで・・・「大会にエントリーしても1回戦負けばっかり」、「ランキングが上がらない」、「テニスクラブのコーチが・・・」と話を聞いていると納得するような内容ばかりですが、何とか継続して欲しいな、子供が喜んでテニスをしているなら・・・

しかし、一方で経済的な負担は大きいし、テニステニスとテニス一辺倒で良いのか、といった疑問(悩み)は親の立場からすれば、当たり前のようにあるはずですよね!私も娘のテニスには、随分と悩みました!最大の悩みは「テニスに集中させるのか、それとも勉強に集中させるのか」ということ。特に「進学、受験」というキーワードは、嫌でもついてくるわけです。

以下、私の経験を記述、公開しますが、あくまでも「我が娘」の経験談で、男の子とはちょっと違っていると思いますのであしからず!

我が娘、小学校2年生の時に初めてテニス。最初は「遊び」だったはずなのですが、上達すると共に「選手クラス」への進級!?を促されました。つまり、「遊び」のテニスから「競技」のテニスへのクラス変更です。試合に出場して、ランキングを向上させる・・・テニスをジュニア時代からやっていれば、日常茶飯事、テニスクラブでは当たり前の光景なのですが、これが意外に「親の覚悟」が必要なんです。

「競技」としてのテニスは、当然ですが試合への出場が当然ですし、それに伴ってランキングで順位が発表されるようになるし、練習は試合で勝つために、長く多くなります。当然ですが、それに伴って経済的な負担も大きくなります。

忙しくなるジュニア。当たり前のようにテニスに費やす時間が大きくなると共に勉強時間が減少します。小学生の内は良いのですが、ご家庭によっては受験ということも視野に入れる必要がある・・・我が家の場合、中学校は徒歩2分の所にありましたから、中学受験はまったく考えませんでしたが。

それでも小学校5年生の時に「テニスにはまってきた娘を見ていると将来が心配」という気持ちが・・・高校は、当然ですが受験しなければいけないと考えていたし、大学はどうする・・・ってことを考えていましたから。そこで、当時のテニスクラブのオーナーに相談しに行きました。いったい、どの段階でテニスを止めさせる決断が必要か!回答は、以下のようなもので、非常に参考になりました・・・

「中学受験がないのであれば、中学2年生の夏が終わった時。それから高校2年生の夏が終わった時の2度、大きな決断をする必要があります!」

なるほど!オーナーによれば、上記の2度、つまり夏の戦跡で進学を考えよ、ということでした。中学2年生の夏が終わって、高校進学は受験するのかテニス推薦での進学を考えるかを決める・・・高校に関しても同様の理屈です。

我が娘の場合、まさにこの説明にしたがって決めました!中学2年生の夏が終わって、試合の戦跡は目標を達成することは出来ず、そこそこの戦跡ではありましたが、高校でテニスに集中するのかどうは微妙でした。中学では全国大会を経験しましたが、毎年全国へ進出するほどの戦跡を収めていなかったし、学校生活が重要だった娘に「競技」としてのテニスを継続すべきかどうか。

結局は散々話し合って、競技としてのテニスを選びました!つまり、この段階で高校へはテニスで入学する、と決めたわけです。中学と違って、高校の場合、テニスで進学すれば、テニス漬けの毎日になるはずで、勉強よりもテニスをすることが望まれる・・・本人がそうしたい、と希望する道を結局は選びました!

重要なことは、結局は「本人がやりたいか」ということになると思いますが、その道を選定した場合、どんなことが想定されるのかを明確にしてやるのが親の責任かもしれません。中学2年の夏終了後、「現状の戦跡での進学の可能性」、「高校へ行ってからのテニスへの取り組み方」、「テニスに関して、今の何を改善しなければならないか、通常生活で何を捨てる必要があるのか」等々、親として解る範囲でめいっぱいテニス生活に関して説明しました。

その上で、「それでもテニス」という判断を本人がしたのですから、親の立場としては、可能な限りバックアップする・・・そんなことを中学2年生、高校2年生の夏が終了したときに実践しました。

我が家としては、その時期に勉強をメインにする(通常の受験)と進路を変更しても、十分に対応すること出来る時間がありますし、テニスの効果として集中力は我々親が考えているよりも数段向上しているはずですから。

テニスファンとしては、何とか継続する方法を模索して欲しいと願っていますが、それぞれの家庭でそれぞれの事情がありますから、それはそれでアクセプとするしか方法はないのですが・・・

バイリンガルという仮面

Facebook で「バイリンガルの子供の教育、進学、就職を考えるシンポジウム」(2012年10月13日:リンク切れのようです)というのが開催されているのを知りました!なかなか興味深い内容のようですが、既に我が家にとっては「とき既に遅し」のテーマでもあります。というのも、長女は既に完全なバイリンガルだし、その経験から次女は留学を目指して猛勉強!?中といった状況ですから。

バイリンガル・・・本投稿記事では、日本語と英語に限定して話を進めようと思います。バイリンガルって、何もこの2つの言語に限定しませんから、ありとあらゆる組み合わせがあるわけですから。

先日、一緒に仕事をするアメリカ人から「どうして娘を自分の会社に入社させないのか・・・バイリンガルなら使い道はいくらでもあるはず・・・」と指摘されました。我妻は「バイリンガルなのにどうして英語を使う仕事を目指さないの」といまだに主張しているのですが、我が家の長女は「英語はあくまでも言葉でしょう~そんなので勝負したくないし・・・」と回答しました!

実は、私も長女の意見には大賛成なんです!バイリンガルが陥る錯覚は、日本語と英語を使えるから「できる人」と信じてしまうこと!まさかと思われるかもしれませんが、実はバイリンガルということを前面に押し出していかにも「できる人」を主張する人が多い!(私のあくまでも経験ですが・・・)日本語と英語ができることで、彼等・彼女等の世界が拡がることは間違いありません。しかし、だからと言って「できる人」ではないということを確認することは、バイリンガルの人達に必要なことだと確信しています。

あくまでも母国語があり、セカンドランゲージとして別の言語が操れる・・・その程度の自覚が必要です。バイリンガルで仕事ができない人なんていくらでもいますから!

もし本ブログに興味を持ってくださる方がいらっしゃるなら・・・「バイリンガルになることはあくまでも目的ではありません」と強調しておきたいと思います。何かをするために「バイリンガル」になるのであって、バイリンガルになることを目的としないことが重要!ここを間違ってしまうと、せっかく操れるようになるだろうセカンドランゲージが、逆に人生を狂わせてしまう・・・

上記でご紹介した「バイリンガルの子供の教育、進学、就職を考える」という点では、何も変える必要なし!特別なことは無いと強調しておきたいと思います。ただ、バイリンガルになるにしても「母国語」を粗末にしないこと・・・これを強調しておきたいと思います。

スターティングメンバー、ベンチメンバー、そして応援メンバー

高校、大学と冬のスポーツがテレビで放映されていますね!個人的な注目は、全国高校サッカー・・・千葉県の市立船橋高校が決勝進出!そして、その市立船橋には、娘の知っている選手がピッチにいるらしいし、数名が応援席にいるらしい。

私は、中学。高校、大学とバスケットボール。どの学年でもスターティングメンバーでした。実弟は中学、高校、大学と野球で彼もまたどの学年でもキャッチャーで4番打者でした・・・つまり、常に試合に出場できていました・・・しかし・・・

チームスポーツ(部活に限定しますが・・・)では、スターティングメンバー、ベンチメンバー、応援メンバーに分かれます。呼び方はいろいろあると思いますが、おおよそどのスポーツでも同じ。スターティングメンバーとは、試合開始の時に試合に出場している選手達、ベンチメンバーとは試合開始の時こそ試合には出場していませんが、試合中に交代して試合に出場するチャンスがある選手達、そして応援メンバーとは試合に出場することができない選手達。

私が中学生の時には、部員106名(大所帯!)・・・この中からたった15名がベンチに入れます。試合によっては12名・・・スターティングメンバーは5名!試合に出場するのは本当に狭き門でした。ただ、私は応援メンバーになったことがありませんから、常に試合に出場できていました。そういう意味では、素晴らしい学生生活だった・・・「親」も私の試合を観戦することができたわけです。

一方で・・・応援メンバー・・・通常は選手になることを目標に毎日毎日厳しい練習に耐え、公式戦でのプレーを目標にしている・・・しかし、何度も何度も「応援メンバー」から脱することができない。そして、遂に「応援メンバー」で終わる。即ち、試合に出場することは無い。それがスポーツの世界、と一言で終わってしまえばそれまでですが、やっぱり応援メンバーの「親」としては子供の活躍を期待したかったはず・・・

中学の時に出会った私の友人は、中学、高校、そして大学とバスケットボール。そして遂に公式戦に出場する機会には恵まれませんでした。どの時代でも!つまり万年「応援メンバー」でした。しかし、彼は主張します・・・「バスケが好きだから・・・友人の活躍は自分のことのようにエキサイトだった」と。そして彼の親が主張します・・・「息子の大好きなバスケで、私が知っている子供の活躍は興奮した」と。テニスでは見かけない光景ですよね!

私は「応援メンバー」としての経験はありません・・・テニスは恵まれていて、シングルスやダブルスという個人戦は必ず試合に出場できる。娘が試合をする姿を観戦することができる。1大会1試合だとしても(最初の試合で敗退する、ということです)私は観戦し続けます。少なくとも「応援メンバー」の「親」ではないのですから。娘が大好きなテニスの試合ですから・・・

賞金の使い道は・・・親へのお年玉!

20120101_osechi2012年はどんな年になるのかな~・・・そんなことを話し合いながらおせち料理を準備していた我妻。あまりおせち料理が好きではない我が家ですが、それでも「お正月」ということで、質素ですが好きなものばかりを並べてのおせち料理です。正に「我が家流」おせち料理とでも言いましょうか。

そんなおせち料理を囲んで「今年の目標」を一人一人宣言してお年玉、というのが例年の手順です。始めは最年少である次女からの今年の目標宣言。「来年はアメリカで・・・」といった宣言あって、長女、我妻、私が順々に宣言をしました。そして親から長女と次女へお年玉。今年は、なんと長女から次女へもお年玉がありました。社会人1年生ですが、自分で稼げるようになったからという理由で・・・次女にとっては、意外なところからのお年玉でした・・・ところが・・・

次女から封筒が親に手渡された・・・「これっ!本当は日本の大学への入学が決まったらと思っていたんだけど・・・ダメだったからちょっと渡すチャンスが難しかったけど・・・」と手渡された封筒には現金が入っている!大量の1,000円札・・・そして 10,000円札も数枚入った封筒でした。何だこの大金は!?「親へのお年玉。ジュニアテニス終わったし・・・」とのことでした。

数えてみると合計15万円を超えている・・・

「大会の賞金やこれまでのお年玉やクリスマスで貰った現金を貯めていたんだ~なんかさ~テニスで我が家が破産するんじゃないか、って思っていたから中学2年生位から貯めていたんだよ~」

もう我妻は号泣!

我が娘は中学2年生位から JOP の大会にエントリーしていて、本戦へ出場したりすると賞金が貰える。それでも、何万円もの賞金が頂ける訳ではないし(勿論勝者には10,000円を超える賞金もありますが・・・)、我が娘の場合、数千円程度の賞金、しかも予選で敗退すれば賞金は無いのですから、わずかな現金です。そこで我が家では賞金は全て娘に渡していました。我が家では「毎月のお小遣い」というのは一切渡していませんから、自由になるような現金は、JOP の試合での賞金位だったのに・・・それを使わずに貯めていた・・・泣かせてくれますね~しかも中学2年生位からず~っと・・・

嬉しい誤算!ただし・・・「テニスで我が家が破産するんじゃないか」といったことは逆にプレッシャーになっていた!?まっ、ここは素直に嬉しい出来事としておきましょう。上手く育ってくれているようです。

試合観戦に来る「親」が嫌だった!

ジュニアテニスが懐かしい・・・なんて、つい最近、娘が卒業したのにそんな感情が沸いてくる自分に気が付いて可笑しくなっています。毎度毎度、娘の試合観戦に暇さえあれば出かけていきますが、よく嫌がらないな~って感じがしていたのですが・・・まっ、「来ないで」と言われても行くでしょうけど・・・

そう言えば・・・私事ですが・・・

我が母(つまり、娘にとっては、祖母になりますね!)、私が現役のバスケットボール選手だった時、とにかくほとんど全ての試合を観戦していました。まっ、小学校、中学校、高校、そして大学・・・本当によく観戦に来ていました!そうです、大学の試合も。「あのさ~観戦に来るの、止めてくれないかな・・・周りから冷かされるんだけど・・・お前のお袋、また観戦しに来ているぞ!って」と訴えても、「ふ~ん・・・自由席だし、別にお前を観にいっているわけじゃないし。見つからないように観戦するから・・・」と言い訳しては観戦していました・・・

本人曰く「周囲に解からないように変装していく」と言っては、大きな真っ黒のサングラスに白いマスクなんて出で立ちで返って目立ったりして・・・まっ、最後の最後まで私の試合を観戦していました。そして・・・

「バスケファンだから観戦する」なんていっていた母ですが、実弟の「野球」の試合もほとんど観戦!実弟の「夏の甲子園」での試合の時は、やはり大きな黒いサングラス、麦藁帽子に大きな応援用メガホン・・・そして「日焼けが嫌だ」と言うことで長袖・・・目立つよね~ってのが実弟たちの間では噂の「母」だったようです。実弟の大学野球も同様・・・毎回観戦に出掛けていっていた様です。

そんな母が本当に嫌でした・・・「止めてくれよ!観戦しに来るの・・・」・・・実弟も同じだった様です!ただ、今になって「懐かしいね~」と実弟と語れる今があります。

私の場合はジュニアテニス・・・「親」として観戦。昔、我が母がやっていた「子供にとって嫌なこと」を実践してしまっている・・・ジュニアテニスを卒業した我が娘。「もしかすると嫌なんだろうな~」と思いつつも、「懐かしいね~」と語ってくれる日が来ることを信じて観戦し続けます。

「俺流!テニス論」というブログを継続すべきかを考えた・・・

テニス関連のブログを初めて公開したのが 2005年8月20日・・・当初は「ジュニアテニス」に関する情報があまりにも少ないから、という理由でブログを公開しました。その後、いろいろと主旨を変更したりドメインを変更したりしてブログを継続してきましたが、いよいよ娘のジュニアテニスも終わり、本ブログ「俺流!テニス論」も最終章を完了したようにも感じています。

「俺流!テニス論」・・・どうしようかな・・・継続!?それとも閉鎖!?

本ブログは、テニスに関する専門知識の無いまったくの素人が運営しているため、特にテニスに役立つということはないし、単にジュニアテニスに参戦する「娘」をサポートする「親」ってだけで公開しているわけですから、閉鎖したところで問題ないし、多くの「親」のブログも子供がジュニアテニスを卒業した段階でブログも卒業されている現実を考えれば、そろそろ本ブログも卒業に向かっても良いのかな・・・って考え始めました。

そんな時に一通のメールを受信しました・・・そして以下のような内容が・・・

娘さんの経験が必ず将来に活きると信じています。そして、経験されてきたきたことが我々親子をどれだけ励ましてくれていることか。これからも楽しみにしています・・・

泣かせてくれます!何気に公開している内容の投稿記事がひょっとすると誰か見知らぬ人の支えになっているかもしれない、と単純な発想が目覚めた瞬間でした(大袈裟だな・・・)。これから経験する方々と既に経験を得た私では何か違った形でお役に立てるかもしれない!自分自身に言い聞かせることありますが、もうちょっと継続してテニス界に物申すことも重要かもしれない・・・しかも「親」という立場で。

ネット上には、テニスのコーチやプロ選手のブログがあふれていますが、意外と「親」の立場からのブログが少ない、との指摘もあり、どうやら多少なりとも「継続する」意味がありそうです。

2011年・・・残すところ数日・・・2012年に向けて決意も新たに!

パラダイムシフト・・・次ステージに向かう!

2011年12月3日・・・大学の合格発表。2次試験の筆記試験が完了した段階で思いのほか成績が悪かった(高校の先生から指摘されました・・・)ので、諦めムードでしたのであまり驚きはしなかったのですが、やはり結果は「ダメ」でした。いろいろと悔いの残るそれまでの経過でしたが、やはり本人が決めて進んできた結果ですから、真摯に結果を受け入れるしかありません。これで、大学テニスで「インカレ」を目指す、という夢が絶たれました。

どうする??

今後の進路に関して高校の先生からもアドバイスを頂いて、これから間に合う推薦入学や一般入試も考えたのですが、それまで第一志望のみを考えて進んできたので他大学への進学に関しては想像ができない、というのが娘の率直な感想でした。「じゃぁ~どうする?」と親としては単純な疑問。テニスはどうする?大学への進学はどうする?将来はどうする?全ての時間が止まったかのような「どうする」の質問漬け。本当にどうする??

そして出てきた娘の解答は・・・「英語だけはしゃべれるようになりたい!」というものでした・・・「えっ!?どうして・・・」と思いましたが、そう言われてみれば、志望大学を決める以前から「アメリカに行きたい」とか「英語、しゃべれるようになりたいな・・・」といった発言が多々ありましたが、私を含め長女も妻も英語は不自由しないため、あまり真剣に次女の希望を考えたことが無かった!といより、「いいじゃん。家族の誰かがしゃべれるんだから・・・」って理由で次女の希望なんかよりもテニスばかりに注目してしまっていた・・・本当は、もっともっと英語をやりたいのかも・・・そんな思いがふっと頭をよぎった。

パラダイムシフト

これまで考えていた「大学へ進学してインカレを目指す」といったごくごく当たり前のような考え方を捨て、英語とテニスを中心にした次ステージをこの一週間、娘と話し合っていました。テニスは続けたい・・・でも英語がしゃべれるようになりたい・・・そんな想いを次女が始めて発言しました。「インカレに出場したい」というのは、どうやら我々親が押し付けていた希望だったらしい。娘本人は、あまりインカレには拘っていない。正に、これまでの考え方に対するパラダイムシフトです。

インカレへの道は、その道すら絶たれたような気がしていましたが、どうやら娘は既に「次」の目指すべき道が見えているようで、本人にとっては「パラダイムシフト」といった大袈裟なことではないようですが、やはり私にとってはパラダイムシフトに匹敵するほどの変化です。

進学はする・・・ただし、英語を中心にする。テニスは勿論継続する・・・娘にとって「テニスと英語漬け」の「次」ステージは既にスタートしたようです。

FBI分析捜査官から学ぶ子育ての方法

FBI心理分析官 異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記「メンタルが弱い」と指摘されて、試行錯誤を繰り返している私です。娘のメンタルをどうやって強化しようかと日々考えているわけです。心理学や脳科学を勉強している理由は、もうこれだけって感じになっています。

そんな中、現在、(まったく文脈がありませんが・・・)ロバ-ト・K.レスラー、トム・シャットマン著「FBI心理分析官 異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記」(ハヤカワ文庫:2000年12月)を読んでいます。どうしてこの本を読んでいるかはここではご紹介しませんが、内容は「殺人鬼に対して、プロファイリングという方法を用いて原因を探求していく」ノンフィクション、とでも表現できますでしょうか。ちょっと怖いです・・・

ただ、こうした書籍からもいろいろと勉強になることがあります。まだ読了したわけではありませんが、殺人鬼に共通する問題点は、「生まれてから6、7歳位までに母親の愛を受けられないこと。そして8歳頃から12歳頃までに父親が不在であること」ということを指摘しています。事例は、殺人鬼を例にしていますから、極端な事例だとは思いますが・・・それでも幼少の頃の経験が、将来の子供に大きな影響を及ぼす、ということでしょう。

上記は「生まれてから6、7歳位まではたっぷりと母親の愛情を注ぎ、8歳頃から12歳位までは父親が存在感を示すこと」ということができそうです。これが実現できなかったとしても子供が殺人鬼になるということではありませんが、それでも子供の将来は、こうした年齢がベースになって人間形成されていくということは言えそうです。

常日頃から「メンタルが弱い」ことは、家庭に原因があると信じている私ですから、上記のような記述には敏感に反応します。特に、我が娘が8歳位から12歳位までというのは、父親である私が最も忙しい時期で宿泊を伴う国内の出張が多かったし、海外出張も多かった!即ち・・・「不在」だったことが多いのです・・・(まさか殺人鬼になはならないでしょうけど・・・)

ちなみに、この本の著者、レスラーという人、「FBI行動科学課の特別捜査官として数々の奇怪な事件を解決に導き、「プロファイリング」という捜査技術を世界中に知らしめて『羊たちの沈黙』や「X-ファイル」のモデルになった」ということで知られています。私、これまで観た映画でもっとも恐怖を感じたのが「羊たちの沈黙」でした・・・

【告知】子供をジュニアテニスに参入させるときの親の覚悟

それこそ、ネットで知り合いになった(といっても、まだお会いしたことはないのですが・・・)テニスコーチから、「原稿を書いてみないか」とのお問い合わせを頂きました!実は、以前から多方面の方々から、そうしたお誘いは頂いているのですが、「本名を公開すること」が条件でのお誘いだったので、お断りしてきました。

コンサルタント・・・これが私の本業ですが、本名を公開する場合、所属するファーム(会社のことですがこの業界ではそう呼びます・・・)の許可が必要で、なおかつ著作権に関する詳細を明確にしなければならず、手続きに時間が掛ります。本業とは全く関係のないテニスに関しても、本名での公開は、手続きを踏まなくてなならない・・・だから、「本名での公開」に関しては、お断りしてきたんですが・・・

この度のお誘い・・・ニックネームで十分!とのご回答を頂いた上に、「子供をジュニアテニスに参入させるときの親の覚悟」という表題も快諾して頂きました!一般論というよりも、我が家に起こったさまざまなケースをもとに、「親」として何を心得ておいた方が良いかを書きたいと考えています。テニス関連のブログを初めて早6年・・・このビックチャンスを活かして、メジャーデビューです(笑)。

2011年:月間アクセスランキング
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
Ranking1

2011年6月、新しいステージが始まった!

ジュニアテニスも高校テニスもすべての日程が完了した我が娘。1年前に比べて、はるかにテニスに変化があることは、周囲の方々からも指摘されています。しかし、「テニスは上手いが、勝てるテニスではない」の域を脱していないようにも感じています。後一歩のところで、勝利が滑り落ちていくことが多い・・・4-1 からの逆転負け、5-2 からの逆転負け、なんてことが続いています。しかし・・・

あっさりと逆転を許し、そのまま負けていく、といったことが無くなりつつあります。何とか食らいついていくような場面が増えてきました。更には、敗戦の理由を分析できるようになってきた。今更・・・と思われるかもしれませんが、誰かに言われて敗戦の理由を認識するということではなく、自分でしっかりと認識できるようになってきた!

既に、本人の中では「次」のステージを見据えているようです。そして同時に・・・

担当コーチが選手として!?復活を宣言しました!いったい何年前に選手を引退したのでしょう!?既に大会に出場して、1回戦は勝利したものの2回戦は、フルセットの末の惜敗でしたが「体力が・・・」最後まで続くかなかったようです。「試合中は、なかなか楽しめなかったよ・・・」と娘と会話していましたが、娘にとっては刺激になっているのでしょう。自分から率先してトレーニングを実践しているようですし。

まだまだ、これから。始まったばかり!

どうやらコーチのこの言葉が娘にとっては励みになっているようです。レッスンも、徹底した基本から。フットワークの修正、フォアーハンドストロークの修正、下半身強化・・・まるで、これから選手になるためのレッスン内容です。しかし、やっとテニスが真に楽しくなった感じがする娘を見ていると、本当にこれからなのかもしれないな、と思いを募らせている私です。