Tag Archive for 英語学習

言語は試合の勝敗を左右するのか!?

(本投稿記事は、あくまでも本ブログ運営者の独断と偏見であって、科学的根拠はまったくありません。ご容赦下さい)

read_times錦織圭選手・・・先日の「楽天オープン」で優勝し、我々日本人にも大きな希望を抱かせてくれました!私は、テニス選手ではありませんから、単純に「すっげぇ~な~」って考えているだけですが、選手にとっては、普通の日本人の体格と運動神経でも十分に世界で戦う可能性があることを垣間見ているのではないでしょうか。

実は、錦織選手だけではなく、ジュニア選手にも目を移すと、海外在住の日本人選手(通常の日本人体格と運動神経)の活躍を垣間見ることできます。どうして「国産」の選手の活躍が目立たないのでしょう・・・海外のコーチングが飛び抜けて優れているから?海外の環境が飛び抜けて良いから?そんな一面もあるのでしょうけど、私は大きな要因の一つに「言語」も関係しているのではないかと考えています。

ちょっと話はそれますが・・・

「明日は日曜日だから、今日は夜遅くまで TV をみよう」

上記の日本語・・・普通ですよね・・・誰一人として「変だな~」って感じないと思いますが。しかし、この思考が英語にするとどうでしょう・・・通常、英語圏の方々は、以下のように表現すると思われます。

「I will watch on TV late tonight because it will be on Sunday tomorrow.」

英語の精度ではなく、論理展開に注目して欲しいのですが、日本語にすると「今日は夜遅くまで TV をみよう。だって、明日は日曜日だから」ってことになります。英語の場合、おおよそ、こうした論理展開で表現されるケースが多く、「結論を先に述べる」のが通常で、その後、「理由を説明する」のです。帰国子女が日本でなじまなかったり、海外に長期で赴任するビジネスマンが周囲から相手にされないのも、この論理展開が原因のことが多いように感じています。

テニスは・・・瞬間的にショットを判断したり、リターンを予測したり。理由を考えている時間は許されません。錦織選手や海外在住の日本人選手は、英語で試合を組み立てているのではないか、と私は考えています。そうすることによって、普段の「結論先行型」の思考ができる・・・即ち、瞬時にして結論を展開することができる。もともと、器用な日本人ですから、多くの引き出しから、より効果的なショット選択をより効果的に実践することができるようになる・・・

これって・・・こじ付けかな・・・私が学生だったら、是非、研究してみたい課題です・・・

海外ドラマを利用した英語上達法

週末と言えば、ここ数ヶ月は娘の英語上達を目的に海外のテレビドラマを鑑賞しています(って、バスケがテーマだったので・・・ってのが本当の理由でしたけど!)ただ、間違いなく英語の上達には役立っていると信じていますが、最近、我が娘、車にも持ち込んで運転中にも鑑賞、聞き流しているようです。

ところで・・・この海外ドラマ、もっと効果的に英語上達に役立てることはできないのかな~って考えて、ちょっとネットを検索してみると・・・ありました!勉強方法が!とっても参考になるので、その投稿記事「わかる!英語教材ラボ::海外ドラマを使った、他とはちょっと違う英語学習法」を総括しておきましょう!

  1. 字幕付き(日本語)でドラマを楽しみます。
  2. 英語の字幕付きで見てみます。
  3. 英語の字幕を見ながら、声に出して読んでみるんです。(知らない単語が出てきても、きっとこんな意味なんだろうなと想像できます)。
  4. (上記を)ひたすら繰り返し、一話分のストーリーが英語でだいたい理解できるように。
  5. 理解できるようになったら、字幕無しで英語を耳で聞いて。(こんな意味の台詞を言っているなとなんとなくですが分かるようになります)。

上記は、「フレンズ」というドラマを利用したそうですが、得にそれには拘らなくて良いでしょうね!

One Tree Hill が我が家のブーム!やっとセカンドシーズン

One Tree Hill最近は週末にはアメリカのホームドラマを英語で視聴する我が家です・・・ちょっとしたブームになっている!以前ちょっと投稿記事でご紹介(「英語上達の早道は「海外テレビドラマ」と言うけれど・・・」参照のこと)しましたが、最初は「英語の勉強」が目的で、バスケットボールが中心のはずだったのですが・・・

DVD 11 枚の「シーズンワン」ってやつが完了してやっと「One Tree Hill/ワン・トゥリー・ヒル<セカンド・シーズン>コンプリート・ボックス」へ・・・何とこちらも DVD 11 枚・・・

シーズンワンではほとんどなかったバスケットボールシーン・・・更にシーズンツーでは・・・期待出来そうにありませんね!何といってもオフシーズンって設定のようですし。とにかくこのドラマを見ると「アメリカになって留学させられない」という親の感覚が騒ぎます。人間関係の複雑さや高校生の恋愛は日本人離れしていると言わざるをえません!

ちょっと主題歌を・・・

こちらの主題歌、DVD 11 枚全てに挿入されているし、何といってもホームドラマですから DVD 1 枚に 1 回ではなく、各回に挿入されているので、嫌と言うほど聞かされます・・・だから・・・既に家族全員が口ずさむことができるようになってきた・・・

英語上達の早道は「海外テレビドラマ」と言うけれど・・・

One Tree Hill渡米した当時、英語がまったく解らず、途方にくれていた時に出会ったのがアメリカで流行っていた「テレビドラマ」を観ることで、英語の向上を図ろうと考えました。日常会話での展開ですから、当然と言えば当然でした・・・そして、長女が何度も何度も「オズの魔法使い」や「メアリーポピンズ」、更には「サウンド・オブ・ミュージック」等々、それこそビデオテープが擦り切れるほど繰り返し見ていました・・・今考えれば、英語の勉強と言うよりは、あのビデオ鑑賞の効果で英語はネイティブになっていったのでしょう。

そんな経験もあって、我が家のテニス娘も最近では英語でビデオ鑑賞!と言っても最近では DVD ってことになるのですが。「あのさ~バスケットボールを主体にしたアメリカのドラマが流行っているらしいんだよね~」ってことで先々週位から鑑賞を始めました!バスケットボールが題材と言うこともあって、私も大賛成したのですが・・・実際は・・・ほとんどバスケットボールのシーンが無く、よくあるアメリカの高校生の複雑な恋愛物語!家族関係も複雑・・・毎週末、何度も繰り返し繰り返し英語で干渉しているのですが・・・

調べてみると「One Tree Hill/ワン・トゥリー・ヒル<ファースト・シーズン>コンプリート・ボックス」ってやつなんですが、TSUTAYA で DVD を一つずつ借りての鑑賞なのですが、1巻ずつでいったい何巻あるのか・・・リンク先を確認すると・・・

「シーズンワン: DVD 11 枚」!

絶句・・・まだ、DVD 4 巻目が鑑賞し終了したところですから、後 DVD 7 巻・・・ところが、これって「シーズンワン」ってことなので、詳細を調べると・・・今はどうやら「シーズンスリー」ってことらしい・・・英語上達のためとはいえ、ちょっと辛い週末を暫く過ごすことになりそうです・・・

バイリンガルという仮面

Facebook で「バイリンガルの子供の教育、進学、就職を考えるシンポジウム」(2012年10月13日:リンク切れのようです)というのが開催されているのを知りました!なかなか興味深い内容のようですが、既に我が家にとっては「とき既に遅し」のテーマでもあります。というのも、長女は既に完全なバイリンガルだし、その経験から次女は留学を目指して猛勉強!?中といった状況ですから。

バイリンガル・・・本投稿記事では、日本語と英語に限定して話を進めようと思います。バイリンガルって、何もこの2つの言語に限定しませんから、ありとあらゆる組み合わせがあるわけですから。

先日、一緒に仕事をするアメリカ人から「どうして娘を自分の会社に入社させないのか・・・バイリンガルなら使い道はいくらでもあるはず・・・」と指摘されました。我妻は「バイリンガルなのにどうして英語を使う仕事を目指さないの」といまだに主張しているのですが、我が家の長女は「英語はあくまでも言葉でしょう~そんなので勝負したくないし・・・」と回答しました!

実は、私も長女の意見には大賛成なんです!バイリンガルが陥る錯覚は、日本語と英語を使えるから「できる人」と信じてしまうこと!まさかと思われるかもしれませんが、実はバイリンガルということを前面に押し出していかにも「できる人」を主張する人が多い!(私のあくまでも経験ですが・・・)日本語と英語ができることで、彼等・彼女等の世界が拡がることは間違いありません。しかし、だからと言って「できる人」ではないということを確認することは、バイリンガルの人達に必要なことだと確信しています。

あくまでも母国語があり、セカンドランゲージとして別の言語が操れる・・・その程度の自覚が必要です。バイリンガルで仕事ができない人なんていくらでもいますから!

もし本ブログに興味を持ってくださる方がいらっしゃるなら・・・「バイリンガルになることはあくまでも目的ではありません」と強調しておきたいと思います。何かをするために「バイリンガル」になるのであって、バイリンガルになることを目的としないことが重要!ここを間違ってしまうと、せっかく操れるようになるだろうセカンドランゲージが、逆に人生を狂わせてしまう・・・

上記でご紹介した「バイリンガルの子供の教育、進学、就職を考える」という点では、何も変える必要なし!特別なことは無いと強調しておきたいと思います。ただ、バイリンガルになるにしても「母国語」を粗末にしないこと・・・これを強調しておきたいと思います。

大きな数字を英語で表現する

私、結構数字を英語で表現するのが苦手です・・・グランドスラムの賞金は!?なんて英語で会話したら日本語では表現できても英語で表現できません!実は仕事上でも・・・「1億です!」ってやつを「One、zero、zero、zero・・・Japanese Yen」なんて表現を真剣にしているんですよね~

これではいかん!

とちょっとこじつけですが、下記に必要な数字をリストしておきましょう!

日本語 数字 英語
10万 100,000 hundred thousand
100万 1,000,000 one million(mega [単位])
1000万 10,000,000 ten million
1億 100,000,000 one hundred million
10億 1,000,000,000 one billion(giga [単位])

これ位まで知っていれば充分かな・・・

英語が「話せること」と「使えること」とは違う!

田中ウルヴェ京女史のブログはほとんどチェックしています。すらっといいことが記述されていて、参考になることが多いんですよね~「母親」というポジションも説得力があります。

そんな田中女史のブログに「田中ウルヴェ京オフィシャルブログ::スポーツ人として、英語を使えるということ」という投稿記事が公開されました!興味津々です。ちょっと抜粋して引用しておきましょう(本ブログに合わせて書式を変更していますが内容は同じです)。

英語を勉強して、「話せるようになる」と、そりゃ現役選手にとっても良いことはたくさんあります。

  1. 海外の選手と友達になれる
  2. 海外の選手たちと自分の競技についての談義ができる
  3. テクニカルな話をしているうちに、技術交換をしちゃったりできる
  4. 海外試合で、無駄な緊張がなくなる
  5. とっさのルール上の問題を自分で解決ができる

話せるだけで、心理的に余裕ができるということは当然あるでしょう。

そして、使えるということ。英語をつかえる、というなかには、私は、「たんに英語が話せる」だけではない大事なスキルが含まれていると思っています。

それは何か。

クリティカル、ラテラル、ロジカルシンキングをもって、欧米では当たり前の「伝え方」ができることです。

20120405_Web_MiyakoLand

如何でしょう・・・「話せるだけで充分」と感じてしまうかもしれませんが、私は「使える」ことが本当に重要であると信じています。私は、仕事の関係で英語は必須ですが、周囲には英語で話せる人は多いのですが「使える」人がいない。単語力は素晴らしいのですが英語でのコミュニケーションができない・・・そんな人が多過ぎます!

ビジネスの世界もスポーツの世界も同じですね・・・田中女史は「ビジネス界では英語が使えている」と考えた表現がありますが、実はビジネス界でも同じような現象がある。残念ですが・・・

繰り返し、どうして私が主張できるのかというと・・・「You are the only one I can communicate with.」とアメリカ人から本当に良く言われるので。ただ、「You are so tough to break through.」とも言われますが・・・

高校生は留学に消極的!?

日本経済新聞のウェブサイトに興味深い調査結果が公開されていましたのでご紹介しておきましょう!その記事は「日本経済新聞::高校生、留学に消極的 「日本が暮らしやすい」」です。ちょっと内容を抜粋すると・・・

将来も含めて海外留学したいと考えている日本の高校生は46.1%で、日米中韓4カ国で最も低かったことが財団法人「日本青少年研究所」(東京)などが実施した高校生の意識調査で4日、分かった。留学したくない理由について「面倒だから」という回答が4割近くに上るなど、内向き志向が目立った。

(中略)

「留学したい」と答えたのは韓国82.2%、中国58.2%、米国52.9%、日本46.1%。その理由(複数回答)で日本は「語学力を身に付けたい」が79.9%で最も多く、「視野を広げたい」が79.5%。一方、「その国の進んだ知識を獲得したい」は28.0%にとどまり、5~6割に達した米国や中国と差が開いた。

 「留学したくない」とした生徒に理由を複数回答で聞いたところ、日本は「自分の国が暮らしやすい」(53.2%)、「言葉の壁がある」(48.1%)、「外国で一人で生活する自信がない」(42.7%)の順。「母国の教育がより自分に合う」は4.5%だった。

留学することが素晴らしい、という結論付けはちょっと危険なような気がしますが、留学を一つのチャレンジと考えると最近の高校生は、より安全を好み、チャレンジ精神がなくなっていると個人的には感じています。留学を単なる「語学力を付けるため」というのももったいない・・・留学することで、違った文化に触れ、何が違うのか、何が同じなのか、そして、どうすればより良くなるのかを考えて欲しいと思っています。

「留学したい」を突然口にした我が娘・・・少数派に属することになりますが、「どうして留学したいのか」を明確に認識して欲しいと願っています。ただ、この希望はどうやら本物のようで、何も指摘しないでも「英語」の勉強はやっているようです。テニスにもその勢いが欲しいところですが・・・

ちょっと最近気になっている英語関連のサイトをリストしておきましょう。

「わいわい英会話」が面白い!

テニスプレーヤにとって英語は必須なのでしょうか?まっ、英語ですからテニスプレーヤに限らず、しゃべれる方が良いに決まっていますね!我が娘、
必死になって現在英語勉強中ですが、なかなかハードです。単純にしゃべれればいいという状況ではないですから・・・書くこと、読むこと、聞くこと、そして話すことができないとって頃らしいのですが・・・

さて、最近見つけた面白いサイトを御紹介しましょう。最近、英語に関しては本当にビックリするほど素晴らしいサイトがありますが、この「わいわい英会話」というサイト、「きっと苦労したんだろうな~」なんて思わせてくれるような内容です。最低限の事で最大の効果を狙う・・・そんな意気込みがひしひしと伝わってきます!

20120328_WaiWaiEnglish

どの記事も、素晴らしい内容です!テニスプレーヤとしては、充分過ぎるほどのないようです!一度覗いてみては如何でしょうか・・・

英語で大学は College とか University とか!では、大学2年生は英語で何という?

read_times留学を真剣に考えて、最近の英語に対する勉強量は、ちょっと意外な位に多くなっている我が娘です!まっ、単純に「英語を話す」程度では当然留学なんてできませんから、もっともっとやらなければいけないとは思いますが、私が想像している以上に真剣に考えているんだな~なんて感心しています。

ただ、何せこれまで勉強らしい勉強もせずにここまで来ましたから、半端なく大変です。そんな中、話題になったのが日本の大学で言われる「学部」の話。「留学留学といっているけど、何学部に行きたいの?」と質問してみると、「経営学部か心理学部ってところかな・・・」とのこと。では・・・それって英語で表現するとどうなるの、って話になると単語が出てきません・・・

あちゃぁ~基本的な大学に関係している単語位は記憶しておこうよ!大学は、College とか University とかっていうけど、前者は専門大学系に使い、後者は総合大学系ね!ちょっと必要と考えられる最低限の英語をリストしておきましょう。

日本語 英語
大学1年生 Freshman
大学2年生 Sophomore
大学3年生 Junior
大学4年生 Senior
大学院 Graduate school
学部課程 Undergraduate courses
修士課程 Master’s courses
博士課程 Doctor’s course
学士 Bachelor
修士 Master
博士 Doctor
単位 Credit
専攻 Major

一時期流行った MBA (Master of Business Administration) は、経営学修士のこと。誰でも知っている!?Ph.D (Doctor of Philosophy)は、実は哲学博士の事で博士全般を指すわけではありませんよ!留学ということになれば、単純に日常会話だけできれば言い訳ではありませんから・・・これ位は知っておこうね!