Tag Archive for JOP

所属を変更!「LLC SUN・PLUS」へ・・・

ロンドンオリンピックが終了して、テニス界では「US オープン」が終わって、9月には、関東では「関東学生テニスリーグ」が始まって・・・そろそろ 2012 年のテニスシーズン大詰めって感じの今日この頃ですが・・・

いろいろと検討を重ねて(って、それほどでもないのですが・・・)、我が娘、日本テニス協会における登録をジュニア時代にお世話になり、卒業してからも勝手に利用させて頂いていた「志津テニスクラブ」の所属を「LLC SUN・PLUS」へ変更しました。

20120915_SUNPLUS

ジュニアテニスを卒業した時に変更すればよかったのですが、なかなか所属をどうするのか決まらず、てっきり日本の大学へ行くと勘違いしていましたから、それからで良いか、なんて考えていたわけです。ところが、日本の大学へは行かない・・・と娘が決めて、所属はアメリカの大学にはなったのですが、その大学は正式にテニス部が存在するのはアメリカのみ・・・日本でその名前を利用するのもおかしいな~ってことになって・・・

そこで、ジュニア時代後半からお世話になっている「LLC SUN・PLUS」の代表、ネット上でサムライ店長こと高野泰(たかのゆたか)氏に、最初は冗談っぽく「所属、SUN・PLUS」にして良いですか~」なんて問い合わせてみると「えっ、会社名、使ってくれるんですか?喜んで!」というお話しを頂き、娘本人とも話をして、最終的に所属を変更することにしました。

正式には、2012年9月1日から・・・会社名を背負って戦うことを娘は認識しているのかな~なんていう疑問も残りますが、それは高野氏と話し合いながら少しずつ認識してもらえば良いか、ってちょっと私自身は安直です。

そんな「変化」があった9月の最初の公式大会で、まずは Best 8 という戦跡でした・・・本人は、もうちょっと上を取りたかったようですが、これまでの戦跡を考えれば、上々の滑り出しです。どこまで行けるか・・・注目です。

試合序盤の戦い方:序盤から攻めること!

2012年、既に 3 大会目。毎年、1月はジュニアの試合が少なかったので、結構大会に参戦しているのですが、2012年も相変わらず大会数をこなしています。本大会で 3 つ目。今大会は、コーチが観戦に。

1 回戦は同じ高校に通う同級生・・・というか同じクラスのお友達。ちょっと試合後半でもたついたようですが、終始リードする展開で勝利。そして 2 回戦は、昨年の夏から何と 4 度目の対戦となる名門テニスクラブのコーチとの対戦でした。これまで、1勝2敗の戦跡でしたが、結果は敗退。ストロークにミスが目立った事とサービスが再度スランプ状態。ファーストサーブが数えるほどしか入らなかった・・・とのこと。

コーチからは・・・

試合後半にネットプレーを多用するようになるよね・・・試合展開が苦しくなってから攻めることができるならもっと試合序盤に攻めるようにしようよ。練習はしているんだし、試合後半では攻めることができるんだからファーストセットの最初から行ってもいいよね!サービスは、腰が引けてしまう悪い癖を最後まで修正できなかったね。サーブ・アンド・ボレーのような「前へ出る」意識を持てば、簡単に修正できたのに・・・とにかく、今年は明確な目標を持って試合スタイルこだわること。

まっ、まったく正しく私が表現できているかは不明ですがおおよそ、上記のようなコメント頂戴しました。ネットプレーが出なかったという事ではなく、序盤からもっと攻める、ネットへ出て行くといったメンタルが必要ということでしょう。今年は正念場。何とか自分のテニスのスタイルを確立して欲しいものです。

以下、試合結果を示しておきます。
続きを読むにはログインが必要です・・・

サーブの数だけリターンがあるという当たり前のこと

昨日、我が娘は 2 回戦敗退という結果でした・・・対戦相手は、ビックサーブを武器の一つとしている娘と同学年のジュニア卒業選手。パワー溢れる素晴らしいテニスを展開する、とは観戦していた我妻からのメールでした。

そのメールから・・・「サーブが速い!リターンできず・・・」とのコメントが何度か登場しました。思い返せば、ジュニア時代の娘の大きな課題はサービスリターンでした。フットワークが悪いから、とか相手のサーブの見るところが悪いからとかいろいろと対策は講じていましたが、結局は練習不足だと考えています。

サービスは、沢山練習している・・・しかし、相手のサービスがあるということは、サービスリターンもあるわけで、100球のサーブ練習をするのであれば、100球のリターンの練習が必要なはずなんですが、そこまで練習していないのがジュニア時代だったような気がします。コーチとのプライベートレッスンが始まってからは、やはりサービスリターンが大きな課題となっていて、レッスンの最後の15分位はサービスリターンに時間を割いているので、最近になってかなり上達はしていましたが・・・

ビックサーブ相手には苦しい展開だったようです。サーブ・アンド・ボレーも決まっていたようですが、サービスがリターンできなければ流れがつかめませんから・・・当然の結果だったような気がします。

まだまだ、サービスリターンに関しては課題が多いようです(って、他のショットも当然課題が多いのですが・・・)まずは、サービスの数だけリターンがある、と言う基本的な考え方を確認して練習に励む必要がありそうです。

以下、試合結果を示しておきます。
続きを読むにはログインが必要です・・・

股関節が硬い!だから腰が浮く!

シンガポール出張から帰国。自分で撮影したシンガポールの夜景が意外と評判が良く驚いていますが、それよりも本日は娘の2012年の2度目の大会参戦です。本日の帰国ですから当然観戦はできないのですが、「NB 13:30」という珍しい時間設定ですので、帰国後、刻一刻とゲームの状況が我妻からメールされてきました。

本日は、コーチが久し振りに観戦している様子。どんな試合展開になっているのか・・・結果は、6-4、6-1 と勝利。メールから読み取れるのは、序盤にちょっともたついたようですが、その後は終始リードしてゲームを終了できたようです。

試合後、我妻から電話・・・コーチのコメントを伝えてくれました・・・

一つ一つのショットの精度をもっと向上させよう。ショットコンビネーションよりもそれが重要。とにかく股関節が硬いね~それが原因で腰が浮く(高い)。もうちょっと低い大勢からショットを繰り出せるようになろう!

っていうことらしい。以前から、股関節の硬さは指摘されているのですが、それが原因で「腰が浮く」ということは以前は把握していませんでした。自分のテニスのスタイルってやつはどうなっていたのかな~と観戦できないフラストレーションは頂点ですが・・・股関節か~一体どうやって「股関節を柔らかくする」のでしょう。ちょっと研究する必要がありそうです。

本日の結果を以下に示しておきます。

続きを読むにはログインが必要です・・・

テニスのスタイルを確立する・・・ただ、2012年は「黒星」発進・・・

新年、どんな年になるのでしょうか・・・不安と期待でいっぱいな現在ですが、娘は本日 2012 年初めての大会参戦となりました。私はというと・・・年末年始と人生初めてといって良いほど体調が悪く、本日が初出勤となったため、どうやっても観戦にはいけませんでした・・・

今年の目標は、とにかく自分のテニスを確立すること!やりたいテニスをどこまで実践できるかがキーです。といっても私が主張しているわけではなく、コーチから「そろそろ自分のテニスを確立しよう!」と勧められているわけです。目指すは「ネットプレーヤ」といったところでしょうか。昨年末に見せた怒涛のネットプレーとまではいかなくとも、やはりネットを頻繁に取れるようなテニスを心掛けて欲しいと考えているのですが。

試合開始は、12時20分を廻ったころにスタート。刻一刻とメールでスコアが知らされます・・・1-4、2-4、3-4、3-5、4-5 とスコアだけをメールで着信。試合の内容は?ネットプレーは?一体どうなっているの・・・

「ネットプレーはやっているけどネットしちゃったりアウトになっちゃったり・・・」とメールを着信しますが、我妻の主張している内容は信実なのかどうか・・・嫌ですね~こういう状況は。ジュニアテニスは、週末に試合が多かったのでこうしたフラストレーションは少なかった!

結局はセットカウント 0-2 で敗戦となったようですが・・・

帰宅後、娘に確認すると・・・「勝てない相手ではないね・・・ただ、調子悪かったし。ネットプレーもできなかったし・・・」とのコメント。一方で我が妻は・・・「ネット、良く出ていっていたよ・・・」まったく違った意見。娘は、控えめなコメントが多いのが普通だし、我妻は大袈裟なのが普通なので、結局はどちらの意見が正しいのか不明・・・ただ、以前のようにストロークで自滅することは無かったようです。

2012年、黒星スタート。まっ、勝敗よりも今は耐えて「自分のテニスの確立」が第一目標・・・まだまだ 2012 年は始まったばかりです。

以下に試合結果を示しておきます。

続きを読むにはログインが必要です・・・

ネットプレーヤ誕生!?

2011年も残すところ後僅か。皆さんは如何お過ごしでしょうか。我が家は本日、2011年の最終戦・・・予選を勝ち抜き本戦(16ドローなので既に Best 16)へ駒を進め、私は急遽、全ての仕事を昨日中に完了して娘に同行することにしました。

対戦相手は、おおよそ1年前に対戦した相手で、その時には 1-6、4-6 で敗戦・・・しかも試合内容が良くなかった・・・ベースラインから同じミスショットを繰り返し、修正することも無く敗戦となった試合でした。本日は、試合内容が重要と考えて挑んだ戦い!「普段練習していることをどれ位実践できるのか」が大きな課題。対戦相手は、1年間で大きく躍進していて、既に「全日本テニス選手権」へランキングでエントリーできるレベルになっています・・・(それにしても寒かった・・・)

試合は相手のサービスでスタート。速い・・・あっという間にサービスをキープされます。続く娘のサービスは、長いデュースの末に何とかキープ。そんな展開で 2-3 とリードを許します。しかし・・・

こっからサーブ・アンド・ボレーを含めオンコートでのゲームを展開します。残念ながら「ここぞのポイント」が取り切れませんでしたが、予選の決勝で見せたオンコートで展開してネットプレーでポイントを奪取するパターンは健在です。流石に予選と違ってパッシングもされていましたが、正に「ネットプレーヤ」としてのゲーム展開でしたが、残念ながら 2-6 でセットを落とします。

第2セット。ファーストセットを落としましたから、セカンドセットではもうちょっとネットプレーを控えて、ストロークに徹するかと思いきや・・・何と更にネットプレーでの攻撃的なテニスを展開します。サーブ・アンド・ボレーでポイントを重ねる。オンコートからネットプレーでポイントを重ねる・・・ポイントの50%以上(大袈裟ではなく・・・)がネットに絡んだポイントでした。1-2、2-2、2-3、3-3、3-5、4-5 とそれでも一進一退といった感じの試合展開でした。

セカンドセット第10ゲーム!流れは娘にありました。サーブ・アンド・ボレーを決めて 15-0。ボレーで出ますがパッシングされ 15-15。オンコートでのストロークがミスショットとなり 15-30。バックボレーでポイント奪取で、30-30。オンコートでのストロークが僅かにアウトで 30-40。最後は、長いストロークの後、ボレーが僅かにアウト・・・「きゃ~」と叫んだ娘でした!結果、4-6 となり敗戦となりましたが・・・

結果は結果。反省すべき点は多いものの正に「ネットプレーヤ」としてのゲーム展開でした!予選決勝、そして本日の本戦。いよいよ「ネットプレーヤ」の誕生かと思わせるような試合展開は、初めて見せる内容の良い試合でした。

これで 2011 年、全ての大会日程を終了しました。今年、戦跡は芳しくなかったものの来年がちょっとだけ楽しみになった内容の試合でした・・・

試合結果を以下に示しておきます。

続きを読むにはログインが必要です・・・

久し振りに勝利の実感!調子が悪い時の勝ち方!?

クリスマス。娘の進路決定後、2つ目の大会参戦となりました。本線が16ドローしかないため、予選からの参戦となりましたが、想定外に2試合をやらなければ、本戦へは駒を進めることができませんので、そんなに簡単ではなさそうです。

それにしても寒い・・・2試合の観戦は、結構厳しい気温でしたが・・・懲りもせず、娘に付き合っていざ試合会場まで。

1試合目は、流石に緊張したのかちょっと序盤はミスが目立ちましたが、経験と格の違いを見せ付ける展開になって 8-0 で圧勝。試合時間も30分程度でしたでしょうか。予選ということもあって、8ゲームでの進行です。寒い本日として、ありがたい試合でした。

そして迎えた予選決勝。約1年前に対戦経験のあるジュニア選手との対戦となりました。1回戦の様子から、サーブが酷い・・・ここ数週間、コーチとはサーブの修正をしているようですが、まだまだ修正し切れていないし、絶不調といった感じ。本人曰く、「原因は解かっているんだけど・・・修正ができない」とのこと。まっ、時間を掛けてゆっくりと修正すれば良いでしょう。

試合開始から、7ゲーム目までは一進一退の攻防。もうちょっとサーブが良ければ、展開は簡単になると思うのですが、何しろファーストサーブが入らない。セカンドサーブを何とか入れては強打されてポイントを失う・・・そんな印象の試合展開でした。4-3 とリードはしているものの苦しい展開でした。そして・・・

迎えた第8ゲーム!娘のサービスで、いきなりサーブ・アンド・ボレーで攻めます。これが見事に決まって 15-0。続くポイントは、ストロークで攻めて最終的にはネットプレーでウィナー奪取で 30-0。更にオンコートからボレーとオープンへの素晴らしいストロークが決まって 5-3 リードとなります。もう圧巻、というのがさまに当てはまるような展開でした。というよりも、ベースラインからのストローク中心の組み立てからオンコートからネットプレー中心への展開へ。これだけの変化ができるとは・・・意外でした!

続く相手のサーブをキープされましたが、こっからはオンコートからストロークを繰り出し、ネットプレーのオンパレード!ちょっとビックリするほどの「攻めるテニス」を実践してくれました。結果は、8-4 で本戦へと駒を進めました。

「ベースラインからストロークに持ち込まれるとやりにくかったからね~4-3 のスコアから勝負したよ。早め早めに攻めてネットで決めるってことに変更したんだよね~上手くいったね~」ってのが娘の試合後のコメントでした!

調子が悪い・・・それでも試合展開を変更して自分のゲームプランを実行する・・・あまりこれまでには見られない傾向です。久し振りに爽快な勝利だったような気がします。

本戦は 28 日から・・・

続きを読むにはログインが必要です・・・

筋肉痛に練習不足・・・大笑いの敗戦

「受験明け」といった言い訳は意味が無いと思いますが、それでも普段よりもここ数ヶ月は練習量が少なかった・・・これは事実ですね。まっ、受験生ですから当然といえば当然ですが、それでもコーチと週3回は定期的に練習をしていたのですが・・・

昨日、何とか勝利をもぎ取ってはいたのですが、朝から「筋肉痛が酷い・・・」と嘆いていました。「あの程度の運動量で筋肉痛なんて・・・信じられない!」と本人が一番驚いていました。

試合結果は、敗退となりましたが、以前に比べて敗戦後の表情が良くなったように感じました。以前は、まったく口もきかず、ただただ敗戦にショック、といった感がありましたが、本日はしっかり反省。「ダブルフォルトがね~」って、もう課題というレベルではなく、両手の指の数ほどダブルフォルトをしているようでは勝機なんてありませんね。本人が一番良く状態を理解しているようで、一言一言に私自身は大笑いでした。ただ・・・

Game Structure は以前に比べて格段に良くなっている!「Game Structure」という言葉が存在するのかは不明ですが、いわゆるショットコンビネーションといったところでしょうか。ストロークで対戦相手を振り回しておいてネットプレーとかパワーショットの応酬の後のドロップショットとか・・・そう考えると Game Structure とは言わないかもしれませんね。

復活まではまだまだ時間が掛かりそうですが、可能性が無いということではなさそうです。

(以下に、試合結果を示しておきます)
続きを読むにはログインが必要です・・・

久し振りの大会エントリーで勝利

「インカレ」は目指せない・・・というよりは、娘本人よりも親がてっきり「インカレ」出場が最大の目標と信じていたことが判明してから数日が経過しました。「テニスは継続する」という意思を待っていることは間違いなく、継続して「JOP」の大会にはエントリー。

大学入試が終わって、いよいよ「次」ステージが始まったのでしょうか。受験に集中していたので、大会へのエントリーもほとんど無く、練習だけを継続していたここ数ヶ月です。既に、受験から開放され、英語の猛烈!?な勉強が始まったと同時に大会にもエントリー。本日、本戦の 1 回戦でしたが、なかなか試合感覚が戻らなかったようですが、結果は 6-3、6-4 で勝利したようです。

試合自体は観戦できませんでしたが、点数が動く度に付き添って大会会場へ行っている我妻からポイントの経過がメールで送信されてきました。セカンドセットで、5-2 から 5-3、5-4 と追い上げられましたが、終始ポイントでリードしていたので、まずまずの試合内容だったのではないでしょうか。ただ、「サーブがスランプ」と本人が主張してた通り、ダブルフォルトを量産したようですが、それでも勝利できたことは良かったのではないでしょうかね。
続きを読むにはログインが必要です・・・

いきなりブレイクで始まったけれど・・・確かな手応え!

DSCN2004_Stroke「弟90回 毎日テニス選手権」本戦2回戦。予選決勝、昨日の本戦1回戦とこれまでにない試合内容。安定したストロークからネットプレーへの展開がかなり様になってきた感があるのですが、何と言っても今日の対戦相手は、これまでの娘のテニス人生でランキング最高位のシード選手(プロ選手です!)との対戦となりました・・・

コーチも同じ大会に出場していて、1回戦を勝ち進み本日2回戦!つまり、コーチと共に2回戦を戦う!朝から練習コートでコーチと練習・・・こんな日が来るなんて。ちょっと良い感じでした。練習中の娘は、ストローク、ネットプレー共に良い感じでしたし、コーチから「一皮むけたかな・・・」なんて指摘もあった!

さて、前述したようにこれまでの対戦相手で最高位のランキング・・・あっという間に試合が終わっちゃうかな~なんて考えていたのですが・・・あれっ!?ファーストセット、相手のサービスでスタートします。相手のセカンドサーブをいきなり打ち切りリターンエース!素晴らしいラリーの応酬で更にポイントを重ねる・・・いきなり対戦相手のサービスをブレイクして、1-0。ただ、続く自分のサービスでブレイクバックされますが、続く相手のサービスを再度ブレイクして、2-1 リード。流石に甘いリターンはウィナーをとれらる場面が多いようですが、ストロークでは負けていないし、サーブもエースが取れている・・・2-1、2-2、2-3 といった展開。

しかし・・・こっから欲が出たのかかなり力みだした!

良い展開もあったし、サーブでもエースをとれるような場面もあったのですが、逆にウィナーをとられる場面も多かった・・・これまで、娘の場合、どんな対戦相手もあまりウィナーをとられる場面はありませんでした。まっ、ウィナーをとられる前にミスショットが重なるといったこともあるのでしょうけど、今日は流石に対戦相手が違いました。ウィナーを嫌がって、どんどん力みだします。それこそ、一番格上の相手にやってはいけない「真っ向勝負」といった展開でした。当然ですが、ミスショットが先行する。もうちょっと工夫があっても良かったようにも思うのですが・・・

結果は・・・2-6、0-6 で敗戦・・・

しかし、ハードコートでも、全く歯が立たない、といった感じではなかったし、サーブでもエースが取れることは分かったようです。まだまだ、速い展開での試合で、どう工夫していくのか経験がありませんから、もっともっとこうした試合経験ができると良いのですが。それでも国内2番目に大きな大会で Best 32 の結果は、ちょっと自信になったのでは、と感じています。

試合後、本人曰く・・・「かなり手応えがあったよ。今日は足が動かなかったし。サーブはそこそこ良さそうだね・・・」とのこと。言葉は少ないですが、本人なりに「上」を目指したいとの決意もあるようです。

【追記:2011年08月27日】
参考までに、「弟90回 毎日テニス選手権」の結果を下記に貼り付けておきます。

Unable to display PDF
Click here to download