Tag Archive for 海外遠征

インドへはマレーシア航空でクアラルンプール経由で

2012年9月の最終週、インドへ仕事で出張してきました・・・インドへの入国はビザが必要ですが、一度、取得すると何度でも入国できるようですし、1年間有効のようですから、問題になることは少ないかもしれませんね。プロテニスプレーヤの皆さんも(ITFサーキットも賞金があるので取得したほうが無難かも!?)、当然ですがビザが必要ですよね!

実は、インドへは初上陸です!多くの海外は経験しましたが・・・敬遠していたというと何かと問題がありそうですが、食事事情が私にはしっくり来ませんから、何度もお誘いはあったのですが。今回は、避けることができなかった・・・インドは、ハイデラバッドへ。

インドへは、今回、マレーシアはクアラルンプール経由の「マレーシア航空」を利用しました。単純に「Sky Team」との提携会社を選択したに過ぎないのですが。

20121007_Malysia_Airlines

途中のクアラルンプールでは、約4時間30分の乗り換え時間があり、ちょっともてあますかな~って考えていたのですが・・・何と!クアラルンプールは、トランジットでは、まったくノーマーク。つまり、税関も移民局でも検査無し。単純に次の便への搭乗をラウンジで待つだけ。しかも・・・ラウンジの中に「喫煙ルーム」がある!

20121006_malysia

上記の写真は、ラウンジにある喫煙ルームですが、どうでしょう!テレビがあるし、冷蔵庫があるし!ほとんどでは入りする人はなし。よって、まるで私のために準備された個室って感じでした。

更には、Wi-Fi はばっちり利用できるので、スマホでも PC でもインターネットへ接続できるため、日本にいるみたい、と我妻がメールしてくるほどに海外を感じずに4時間以上を過ごす事ができました!ちょっと感動・・・

全世界対応 コンセント プラグ アダプター「シスプラ」が大活躍!

海外遠征・・・というよりは、海外出張がある度に本ブログでその地その地の報告をしていますが、今回は、2012年9月24日から約1週間、インドへ出張してきました。実は、インドは初めて!その報告は、後ほどするとして・・・

以前、本ブログの投稿記事として「海外でのコンセント形状の違い」を公開しましたが、そのコンセントにどうやって対応しているかを質問されましたので、今更ですがご回答。

と言っても、私個人は常に「全世界対応 コンセント プラグ アダプター「シスプラ」」を持ち歩いていて、今回の海外出張でも大活躍でした!

多分・・・この「シスプラ」一つで、テニスに関連する世界各国で日本の電気製品を使えるようになると思います。アメリカやヨーロッパは勿論、今回のインドでも、途中乗換えでのマレーシアでも問題なく利用できました。「Made In Japan」を謳っていますが、それでどこまで信頼できるのかは不明ですが、これまで数年にわたって利用してきていますが、まったく問題なし!そういう意味では、私個人として間違いなく推薦できる商品です!

世界各国に対応している割には小さいのでかさばらないですし、標準でケースが付属していますし、使いか方の説明書も入っていますので安心です。

Orlando では、ステーキハウス「Del Frisco’s」で決まり!

del_friscos 1アメリカ出張といえば・・・ステーキハウス!どんなに忙しくてもステーキハウスには必ず立ち寄ることにしています。どんなに嫌な仕事でもステーキハウスに立ち寄れば、全てを水に流せる!

今回は・・・アメリカ人の友人から紹介された「Del Frisco’s」というステーキハウス。ホテルからは、タクシーで30分ほど掛かるので、ちょっと遠いな~という感触ですが、やはりそこは有名店ですから遠い近いは関係なし!正確な名前は「Christner’s Del Frisco’s Prime Steak & Lobster」と言いますが、全米各地にある「Del Frisco’s」とオーナーは同じです!(って説明されました!)

前菜として「クラブケーク」というカニの身をほぐして固めたもの。更にはオニオンリング。メインは当然ですがステーキ。今回の出張では「プライムリブアイ(骨付き)16oz」を選定しました。本来なら 24oz を期待していたのですが、16oz しか準備できないということで・・・16 oz って約500g!骨付きなので私にはちょっと小さい。

有名店ですから、かなり満足のいくステーキでした!(やっぱり 24oz が欲しかったけど・・・)このお店、やはり有名店だけあって、リムジンは来るはクラシックカーは来るはの大賑わいでした。平日なのに・・・もし行かれるのであれば、予約をしてから来店するのが良いかもしれませんよ。

del_friscos 2 del_friscos 3

ステーキを満喫したので、仕事もはかどった・・・ということにしておきましょう!次は、どんなステーキハウスにいけるかな・・・

出張で参加した SAPPHIRE 2012 でテニスに出会った!

アメリカ出張・・・完全に仕事・・・今回の出張は「SAPPHIRE NOW + ASUG ANNUAL CONFERENCE」に参加することが目的でした。私、SAP 社に勤務しているわけではありませんが、SAP 社が提供する基幹系業務システム(販売、購買、生産、会計といった企業業務を統合する情報システム)をお客様に導入する仕事をしているので・・・最新技術の確認へアメリカへ確認しに行った、とでも表現できるのでしょうか。

そんな出張で・・・何と!テニスに出会いました!SAP 社は、テニスに関しては多くのサポートを実施していて、今回は、先日開催された「SAP Open (ATP)」で実践された Hawk-Eye と SAP との革新的技術を紹介していたわけです!

20120519_SAPOpen

具体的には、以下のように表現されています!

The data created by the Hawk-Eye system’s tracking of ball and player movement is being converted by SAP® BusinessObjects™ business intelligence (BI) solutions to provide statistical analysis that enables coaches and players to measure performance, identify weaknesses and improve tactical awareness.

まっ、簡単に言ってしまうと、収集されたデータをコーチや選手へ、更には観衆や TV 番組の視聴者へ統計的に分析してその結果を表示するシステムを提供した、ということになるのでしょうか。

上記のカンフェレンスでは、Mobile Solution として、iPad が置かれていて、リアルタイムで試合の統計的な分析結果が iPad に着々と表示されているデモンストレーションが実施されていました!下の写真は、会場にあったテニスコーナーです!

SAP Tennis 1 SAP Tennis 3

更に、上記のテニスコーナーの一角にビデオが流れていて・・・以下は SAP のシステムに関する感想を述べています・・・私が誰かを記述する必要はありませんよね!

SAP Tennis 4

いやぁ~本当に楽しみました!もうちょっと野次馬が集まっても良かった気もしますが・・・いよいよ、本格的に SAP のシステムがテニスに貢献を開始した感じがしています!ただ、巨大なシステムですから、簡単に個人で利用するなんてわけには行きませんが、iPad や iPhone 用にアプリも登場しているようですから、いづれ日本でも利用できるようになるかもしれません。

フロリダのオーランドは、Peabody Orlando Hotel に宿泊

Peabody_orlando 1仕事で Orlando, FL へ 2012年5月13日に出発、18日に帰国しました!実は、久し振りにプロジェクトでの出張ではなく、テニスにも関連している SAP 社が開催する「SAPPHIRE NOW + ASUG ANNUAL CONFERENCE」という行事に参加してきました!

成田空港では、出国に際していろいろとありましたが、何とか出国。予定通りに Orlando に到着。空港からは、所属する会社が準備してくれた車で一路ホテルへ。宿泊は、これまた会社が準備してくれた「Peabody Orlando Hotel」でした・・・なかなか豪華なホテルですが、やっぱり 100% が禁煙の部屋でして、なんとも堅苦しい・・・ただ、バルコニー付の部屋にアップグレードが可能で、バルコニーでは「内緒」で喫煙できるということでした・・・

View from the Hotel

上の写真は、宿泊した部屋からの写真です。バルコニーから・・・どうもホテルの写真は夜景が多いな~と感じながらも、意外に上手く撮れていると自画自賛しています!庭には、大きなプールがありますが、まだ寒いのか昼間でも泳いでいるお客様はいらっしゃらないようです・・・

さて、このホテル、ハードのテニスコートもあり、常にテニスができる環境にあります。ただ、ほとんどの宿泊客はテニスをすることがないそうです。宿泊客が優先だそうですが、外部の方々にも有償にて貸し出しするそうですから、一度、近くでテニスコートを探すのであれば、借りられてみてはいかがでしょう・・・ってか、宿泊してしまえば良いのですが。ただ、ちと高い!

5月の Orlando は、朝晩はとても過ごし易い気温です!ただ、流石に南国フロリダですから、昼間は暑い・・・

宿泊するホテルから、カンファレンスがある「Orange County Convection Center」までは徒歩15分ほど。ホテルから繋がっていて雨に降られることなく移動できますが、そこはアメリカ・・・無駄に大きな会場で、いったいどれ位の人を収容できるのでしょうか。

Convension Center

それにしてもでかいな・・・

アメリカ出張準備・・・アメリカ入国には ESTA (エスタ)が必要

2012年5月13日から1週間、アメリカ出張です。アメリカに入国するには、電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)への登録が必要です!って、知らない方はいらっしゃらないかも・・・これは、出張に限らず、当然ですがテニスの大会へのエントリー等、アメリカ遠征には必ず必要です。

ESTA の申請に関しては、ウェブページ「アメリカ入国に必要なESTA(エスタ)の取得方法」が日本語で詳細を説明しています。

重要なのは、「有効期限が2年間」ということ!一度、入国してしばらく渡米しないと「以前入国できたし・・・」ということでこの有効期限を忘れることがありますから十分に気を付けて下さい!実は、出張ということもあって、私を担当してくれているアシスタントの方から確認をして頂いたので、問題なく申請を完了していましたが、確認されなければ・・・すっかり忘れていましたね!

もう一つ!アメリカ入国には、パスポートの有効期限の管理が厳しくなっています!「滞在期間+6ヶ月間有効なパスポートを所持すること」となっていますので要注意です!この有効期限で、大会へのエントリーができているのに、入国できなかったという話を知っているだけに、テニスとは無関係とはいえませんよね!

シンガポール出張・・・夜景が評判が良い!

現在シンガポール出張中です・・・シンガポールは、我が娘が高校の修学旅行できた国ですが・・・私は、もう数え切れないほどきています、ビジネスで。Facebook にシンガポールで唯一好きな夜景の写真をアップしたら、意外と評判が良いので、ちょっと調子に乗ってこちらにもアップします!

20120116_シンガポールの夜景

正直・・・テニスとはまったく関係ありませんが・・・

Holiday Inn Paris – porte de Clicky に宿泊

2011年11月13日に出国、フランス出張・・・本ブログで以前もあったフランス出張です(投稿記事「フランス、ドイツへの遠征・・・フランスは大丈夫かな!?」参照)。以前のハードスケジュールと比べると、13日、14日の2泊をフランスで過ごせるので楽チンでした。

宿泊先は、「Holiday Inn Paris – porte de Clicky」というホテル。Executive Sweet とか呼ばれる部屋をお客様が予約をしてくれて、特別ディスカウントで宿泊したのですが・・・全室禁煙・・・驚きは、それだけではありませんでした・・・

  • 週末は、ホテル内のレストランはお休み(現地時間で13日の日曜日に到着!まさに週末ですからレストランは休業!)
  • ユーロへの両替もNG!(週末だからなのか・・・日本円をユーロへ両替しようとフロントへ行きましたが・・・「今日はできない」とのこと)
  • 日本語放送なし!(国際的に展開しているホテルチェーンで日本語のTV放送がないのは始めてかも・・・)
  • タクシーが来ない・・・(このホテルに特有ではないのでしょうけど・・・それにしても「5分でくる」と説明しておきながら20分は待ったかな)

上記のような不満が・・・ただし、Wi-Fi によるインターネットへの接続は無料でしたし、部屋がとっても綺麗なので我慢できましたが、それにしてもちょっとねぇ~朝食はバイキングで素晴らしい内容でしたし・・・それなりに素晴らしいサービスを提供していますから、もうちょっと工夫してくれれば、満足度が飛躍的に向上すると思うのですが。

Holiday Inn は、その場所や地域によってサービスが大きく相違しているので(値段も!)注意が必要ですよ~

シンガポールは海外って感じじゃなかった・・・この感覚を期待している!

我が娘、修学旅行として、シンガポールがメインで、途中でマレーシアにも立ち寄っています。母親の「結局、シンガポールとマレーシアってどうだった?」との質問に、「う~ん・・・シンガポールもマレーシアも海外って感じがしなかったな・・・きっとアジアの国だから、日本とあんまり変わんないかな・・・」との感想を。

海外生活3年とはいえ、それこそ記憶に無いのではと感じるような幼い時期でしたが、長女の影響で、留学生をホームステイさせたり、それこそ、アメリカへの遠征はしているし、海外からの仕事仲間が自宅に着たりと、外人とは、違和感が無いようにしていますから、上記のような感覚は、当たり前といえば当たり前ですが。

ただ、そうした感覚は、非常に重要だと考えています。ビジネスにしても、それこそ旅行にしても、「海外」というだけで、必要の無い緊張があったり、異常に興奮してしまったり、というのが日本人の特徴です。外国へ行って、いかに自分でいられるのか、海外を特別と感じることなく、普通にしていられるか・・・そんなことがまずは必要なのです。

「シンガポールもマレーシアも、顔立ちは日本人と同じだし、金髪ややたらと背の高い外国人が多いわけでもないし・・・意外と日本語も通じたし、私の英語も何となく通じているようだったし・・・」との感想に、それこそ密かに、「うんうん・・・それで良い」とこれまでの海外経験を「成功」と判断している私がいる!

海外といっても、単純に「いってらっしゃい」、「いってきます」の挨拶だけで自宅を出れるようになれば、まずは大成功。荷造りも前日、数時間で完了していて、まずまずの結果だったように感じています。それにしても、食事の話の後は、修学旅行中に説明されたシンガポールの背景やマレーシアの奥に事情を話していますが・・・私、あまり他国の政治や文化には興味が無く、ちょっと娘の話も退屈になってきました・・・

【追記:2011年02月20日】
早速上記に関する Tweet を頂きましたので、記録しておきましょう。

@barca05puyol: 世界中の生活水準が平均的になってきているんでしょうね。イラン映画なんかも日本映画に感じる人もいます。それくらい日常生活は差がない。ネット経由で日本のコンテンツが簡単に手に入れば、日本も海外も差がなく、日常生活遅れるようになりますね!(「Tweet」より)

@barca05puyol: 海外で一年くらい生活したら、感覚的に理解できるんですけどね。。。『海外ってこうだよね』とか『外人ってこうだよね』っていう先入観は、単なる想像でしかないことがほとんどですよね。。。(「Tweet」より)

宿泊は、Holiday Inn SINGAPORE ORCHARD CITY CENTRE だったらしい!

昨年、私のシンガポール出張は暑い時期・・・といっても、シンガポールでしたから、年中暑いのですが、それでも湿気が高く、苦手な国の一つです。とにかく、暑さと湿気は、シンガポールに限らず苦手な私です。

そんなシンガポールへ修学旅行だった娘。先ほど帰宅しましたが、弾丸のように食事の話!修学旅行ですから、観光というよりも王宮とか歴史とかマーライオン(工事中だったそうです・・・)とか、その他、違った話があるだろうに。とにかく食事が合わない話を未だに語り続けて。更に、写真を見せながら、かれこれ1時間・・・いや2時間に達しようとしています。

「ホテルは?食事は普通だったでしょ?」と質問すると、「いや~びみょう~」とあまり気が進まなかったようです。バイキング形式のはずですが、いったいどのにホテルに宿泊したのかを確認すると・・・なんと!「Holiday Inn SINGAPORE ORCHARD CITY CENTRE」だそうで・・・昨年、私がお客様から準備して頂いたホテル(本ブログの投稿記事、「シンガポールに行くなら「シンガポール満喫術」が参考になる」を参照)。贅沢だ!ビジネスで役員クラスでも宿泊するホテルで、シンガポールでも上位のはずですが、そのホテルでも食事が不満だった様子。

まっ、アジア系の香辛料の多い食事は、苦手なんでしょうけど、それにしても写真にある食事は、私は食べれなかったでしょうね!とにかく赤い色が目立つ・・・