Tag Archive for 大学進学

大学進学をテニスのキャリアパスに加えるということ

「TENNIS STORY テニスストーリー kids-tennis.com::NCAA」という投稿記事をみつけました。NCAA とは、御存知の通り「National Collegiate Athletic Association」のことで「全米学生体育協会」とでも訳すのでしょうか。いわゆるアメリカの大学のスポーツを取りまとめている組織ですね!

20120226_NCAA

NCAA と言えば、バスケットボールやアメリカンフットボールが有名ですが、当然ですがテニスもあります!上記の投稿記事のちょっと気になる部分を参考のために引用しておきましょう。

アメリカではカレッジスポーツが盛んなことは皆さんご存知でしょう。バスケット、アメリカンフットボール、陸上、などなどプロ顔負けにエージェントが絡んで色々と華やか。そう、テニスもそんな感じで、NCAA 全米大学選手権制覇の為に選手確保に必死。もちろん外国人でも OK ですから tour 19 アメリカ遠征の時にスカウトマンが大勢来ていることも書きましたね。

更に投稿記事は続きます。

(中略)ITF の国際ジュニアランキング基準でアメリカの有名大学は入学できるし、そこそこの成績を上げていればスカラシップ、つまりは入学金免除、授業料免除、寮費免除、ついでに奨学金… などの優遇処置すばらしい。プロで食べていけるなんて難しいことなので、アメリカの大学でしっかり勉強することを選ぶ家族も世界中におり、ジュニア時代からはっきり「アメリカの大学でスカラシップをもらう為の投資である」と割り切ってテニスを頑張る子もいるほど。まあこっちの方が現実味があるものねえ。

(中略)

日本の場合、皆さんご存知のようにしっかりと「閉じた世界」ですから国内の成績でテニス推薦があります。特に重要視される高校総体、インターハイには先生方の作ったルールがあり、海外遠征をたくさんしている選手は出場できません。学校テニスの大会ということでしょう。逆に言えば、学校テニスに入るならば、ITF ポイントなどまったくあきらめるしかありません。

本格的にテニスをやる・・・ではどんなキャリアパスを通るのかは重要な課題です。上記の記述は正に真実で、日本の大学を目指すのであれば、インターハイ(これが高校総体ですね!)や全国選抜大会が重要です。残念ながら全日本ジュニアは、大学での知名度は余り高くありませんから大学によってはカウントされませんので御注意を!

アメリカの大学への進学を考えるのであれば・・・ITF Junior のランキングの向上を目指すのが手っ取り速い(実は明確な推薦理由があれば ITF Junior じゃないくても大丈夫ですが・・・)。しかし、そのためには、そこそこの経済力が必要です。その覚悟は必要でしょうね~

進路は決まったけど・・・テニスという競技から卒業してしまう!

昨日、やっとのことで我が娘の「進路」が決まりました。まだまだ厳しいことが続くとは思いますが、それでもテニスの継続を宣言、更に勉学も必死になると宣言した我が娘ですが、一体他の高校生の状況はどうなっているのでしょう・・・

あちらこちらから娘の友人やテニス仲間の「進路」に関する情報が入ってくる!大学進学、専門学校、就職・・・進路はそれぞれに違っているようですが、ちょっと気になったのが「テニス」に関しての情報。小学校から一緒の娘のお友達は「競技テニス」は止める・・・というよりももうテニスはやらない、とのこと。他のお友達も同じく「テニスを卒業」なんて表現されている。

「もともと大学ではテニスをやることは考えていなかったし・・・」って。

ある時には良きライバルだったり、ある時は本当に近い友人だったり、といろいろな形でテニスを主軸にしていた周囲の仲間達。そんな多くのジュニアテニスの選手達がジュニアテニスを卒業していくというよりもテニスを卒業してしまう。どうして?テニスに多くの時間を割いて、それこそテニスを通して多くのことを学んだはずなのに。「我が子は結局大きくなれなかったし、体力的にも着いていけないし・・・テニスとはきっぱり縁を切らそうと思って」って親が平気で表現することには、私個人としては大きな違和感があります。

多くの時間を割いて、テニスで「勝つことだけを目的に」してきたのでしょうか!?

私は幼い頃からバスケットボールをやっていました・・・一時はバスケで大学進学を考えました(実際に多くの大学からお誘いもありました)。そして多くの友人が大学でもバスケを継続。そうした友人たちは、現在、実業団の監督だったり、それこそ高校のバスケ部の監督だったり、更にはバスケットボール連盟の理事だったり。多くの友人たちが今もバスケットボールの世界で活躍している・・・

多くの友人達は、「本当にバスケが好き」なんです!

テニスの世界は!??勝つことは重要でしょうけど・・・それだけじゃないはずなんですけど、ここまで多くの娘の友人たちがテニスから身を引くことを聞かされると「何かが狂っている」と感じる他方法がありません・・・

Congratulation!

やっと・・・我が家も進路が決定しました!通学している高校に無理をお願いして、卒業見込書と調査書を英語で作成して頂きました。調査書の内容は、どこにだしても恥ずかしくありません、と担任の先生からはお墨付きをもらっていましたので、審査で NG になるとは思っていませんでしたが、やっぱり通知が来ないと不安でした・・・そして・・・本日!

「Congratulations on making a very positive choice to become a student…」

いわゆる英文での「合格通知」が届けられました。日本のように「合格」の2文字が無かったので、受け取った本人は「合格通知」と認識していなかったようですが・・・(って、大丈夫かな~)これで、英語の大学への手前まで辿り着きました。当然、もっともっと英語ができるようにならないと授業についていけないでしょうから、まだまだ長き道ですが、それでもこうした通知を待っていた!

目指すは、アメリカにある本校でテニス選手として活躍すること・・・考えもしなかった「親」の考え方をはるかに超えた「夢」を描いていたことになるのですが、はるかに難しいことも確かなはずです。「夢」に終わらないようにしっかりと頑張ってもらうだけです。

いよいよ新しいステージの始まりです・・・(って、また親だけが先行することが無いように細心の注意をして頑張ります)

パラダイムシフト・・・次ステージに向かう!

2011年12月3日・・・大学の合格発表。2次試験の筆記試験が完了した段階で思いのほか成績が悪かった(高校の先生から指摘されました・・・)ので、諦めムードでしたのであまり驚きはしなかったのですが、やはり結果は「ダメ」でした。いろいろと悔いの残るそれまでの経過でしたが、やはり本人が決めて進んできた結果ですから、真摯に結果を受け入れるしかありません。これで、大学テニスで「インカレ」を目指す、という夢が絶たれました。

どうする??

今後の進路に関して高校の先生からもアドバイスを頂いて、これから間に合う推薦入学や一般入試も考えたのですが、それまで第一志望のみを考えて進んできたので他大学への進学に関しては想像ができない、というのが娘の率直な感想でした。「じゃぁ~どうする?」と親としては単純な疑問。テニスはどうする?大学への進学はどうする?将来はどうする?全ての時間が止まったかのような「どうする」の質問漬け。本当にどうする??

そして出てきた娘の解答は・・・「英語だけはしゃべれるようになりたい!」というものでした・・・「えっ!?どうして・・・」と思いましたが、そう言われてみれば、志望大学を決める以前から「アメリカに行きたい」とか「英語、しゃべれるようになりたいな・・・」といった発言が多々ありましたが、私を含め長女も妻も英語は不自由しないため、あまり真剣に次女の希望を考えたことが無かった!といより、「いいじゃん。家族の誰かがしゃべれるんだから・・・」って理由で次女の希望なんかよりもテニスばかりに注目してしまっていた・・・本当は、もっともっと英語をやりたいのかも・・・そんな思いがふっと頭をよぎった。

パラダイムシフト

これまで考えていた「大学へ進学してインカレを目指す」といったごくごく当たり前のような考え方を捨て、英語とテニスを中心にした次ステージをこの一週間、娘と話し合っていました。テニスは続けたい・・・でも英語がしゃべれるようになりたい・・・そんな想いを次女が始めて発言しました。「インカレに出場したい」というのは、どうやら我々親が押し付けていた希望だったらしい。娘本人は、あまりインカレには拘っていない。正に、これまでの考え方に対するパラダイムシフトです。

インカレへの道は、その道すら絶たれたような気がしていましたが、どうやら娘は既に「次」の目指すべき道が見えているようで、本人にとっては「パラダイムシフト」といった大袈裟なことではないようですが、やはり私にとってはパラダイムシフトに匹敵するほどの変化です。

進学はする・・・ただし、英語を中心にする。テニスは勿論継続する・・・娘にとって「テニスと英語漬け」の「次」ステージは既にスタートしたようです。

Simple English Wikipedia のテニスで英語を勉強する!

英語が思いのほかできていない我が娘・・・ということで、参考になるような英語のサイトはないかと探していると・・・面白い英語のサイト発見!っていうか有名なんでしょうかね、「Simple English Wikipedia」って!?簡単な英語にすること、短いセンテンスにすること等々、どうやらルールがあるようで。

ではテニスに関してはどんな感じ!?と考えて検索してみると・・・こりゃ良い!

「Simple English Wikipedia::Tennis」をちょっと全文を転載しちゃおう。

Tennis is a sport played with a felt-covered rubber ball, a racket, and a court.

First, early in the 12th century, players in France played this sport with their hands. It was called “Jeu de Paume”. In the 16th century the sport came to England and the players played with rackets. Now it was called “tennis”. It became very popular in England and France. King Henry III was a big fan of the game.

There are many different kinds of courts, like grass, clay, or a hard court. The goal of tennis is to hit the ball over the net into the other player’s court. When the other player cannot return the ball, a point is won. The game is played with two or four people. When it is played with two people, it is called “singles”, and when it is played with four people, it is called “doubles”. The court has “alleys” on each side, which are “fair” territory when playing doubles.

A tennis game has a number of sets. Each set has a number of games, and each game has points. The points are counted love (0, after the French l’oeuf), fifteen (15), thirty (30), and forty (40). If both players get to forty, the score is deuce from which 2 more points are needed to win the game. When one player reaches six games, it is one set. If it is a three-set match, the player who wins two sets first is the winner. If the game count reaches 5–5, the set must be won with two more games than the other player, like 7–5 or 8–6. If the game count gets to 6–6, a “tiebreaker” is played. In a tiebreak, players have to get at least seven points while getting two more points than the other player to win the set. In tiebreak points are called “one,” “two,” etc.

The game started in England during the 1800s. Tennis is now a sport that is played at the Olympic Games. They also have big tournaments like the U.S. Open, Australian Open, French Open and Wimbledon. These four are known as Grand Slam events. Tennis’s official name is “lawn tennis”.[source?] Since 1998, every September 23 has been called “Tennis Day”.

There is also soft tennis. Soft tennis is different from regulation tennis. For example, the racket, ball and rules are different. Soft tennis is popular in Asia. Thousands of people play soft tennis.

これなら高校生というよりも中学生でも簡単に読解できますよね、きっと。テニスに関しての説明ですから、単語の意味が不明でも予測できるのではないでしょうか。逆にテニスを知らないと理解できないようなセンテンスもありますよね!

「情報」という授業があるらしい・・・

2011年11月19日・・・運命の日(大学の2次試験:英語と面接)だったわけですが、どうやら英語は惨敗、面接は記憶なし、という結果だったようです。試験当日はあまり緊張しなかったそうですが、この1週間、いろいろと英語や面接に対して指摘され、「吐きそう」なくらい緊張した1週間だったそうです。後は結果を待つだけですが、どうやら期待薄・・・娘本人から「期待しないでね・・・」とのこと。まっ、終わったことですから運命の行方を待つしかなありません。

そんな中、面接では調査書に関しての質問があったそうです。調査書とは、いわゆる高校の成績で、内容を確認していません(というより、内容を確認してはいけない!)。以下、娘の話から・・・

面接官:「調査書、他の受験生と比べても素晴らしい成績のようですが、「情報」の成績が悪いですね!」
娘:「あっ、はい」
面接官:「どうして??」
娘:「高校の先生からは、タイピングが遅い、と指摘されました・・・」
面接官:「あっはっは・・・そりゃ大変だね。それで成績が落とされているの?」
娘:「そうだと考えています・・・」
面接官:「ふ~ん・・・」

私個人としては、「情報」という授業自体が調査書の対象になっていることに驚きましたが、長女曰く「今の高校では情報って必修だからね!」とのこと。いったい何をやるのかといえば、高校によっても違うようですが、いわゆるコンピュータのことを授業で学ぶようです。インターネットやウェブ、更には Word や Excel を学ぶそうです。

上記の面接が本当であれば・・・「タイピングが遅い」ということで成績が落とされる、なんてちょっと考えにくいのですが。そもそも面接官の質問の意図が不明。ただ、調査書がかなり有効そうだ、とは感じましたが。そう言えば、私もタイピングが遅いのでは有名です。ブラインドタイピングなんてできませんし、両手で3本位しか指を使わないし、打鍵が強過ぎて「うるさい」と指摘されることがしばしばだし・・・

DNA はしっかり受け継がれているような気がする・・・

2011年:月間アクセスランキング
2011年
7月 8月 9月 10月 11月 12月
Ranking1

運命の日前日・・・今更騒いでも仕方ないけど

大学受験がいよいよ大詰めです・・・1字試験は無事に通過しましたが、問題は明日実施される筆記試験(英語)と面接。面接は何とかなるのでしょうけど(何度も高校で練習したようです!)、英語がどうやら「かなりやばい」らしい。

過去の問題の成績を聞くと・・・「やばい」というレベルではなく「無理」ってなレベルです・・・もうちょっと早い時期から英語を勉強すれば良かった、なんていうことは全ての受験生が考えていることでしょう。唯一の救いは「マーク方式」であるため、偶然正解もありうる・・・

受験を決めた日から、娘なりに「必死」で勉強してきたのでしょうけど、全ての受験生が「必死」になっているわけで、それに追いつくのは並大抵ではありません。娘が通う高校から、現在の志望大学へ自己推薦で入学した先輩は存在していません。暗中模索でここまで来ました。

「全力を尽くして天命を待つ」といった心境ですが・・・それにしても、長女の大学受験の時はこんな心配はなかったな~一般入試でしたからまだこの時期は余裕があったし、こと英語に関してはまったく心配がありませんでしたから・・・

運命の日前日・・・私は接待される側として夜遅くしか帰宅できないし(最悪、今日も午前様かも・・・)テニスの試合よりも緊張している「バカな父親」といった心境です。

初志貫徹の大学受験が終了しないことには・・・

2011年も残すところ後2ヶ月・・・最近、本ブログの投稿記事のアップが滞っていますが・・・何もサボっているわけではなく、娘の大学受験真っ最中ってことでお許しを。何せ、落ち着いていられない状況でして、詳細は無事に大学合格をみたら現在のプロセスを書き綴ろうと考えているのですが、何と言っても12月までは継続して受験なので。

と言ってもちょっとだけ経過報告を。

娘は、結局は周囲の勧めや学校のプッシュをも押しのけて、自分の考えを全うしています。周囲からは、テニスの戦跡や学校の成績を使って「進学を確約してくれる」大学へ行けと薦めてくれたのですが、それは全て受け入れませんでした。学校からは、成績(つまり評定)での指定校推薦でテニス強豪大学へいけ、とも言ってくれましたがそれも受け入れず!

高校入学前から考えていた大学へまっしぐらです。そして先日、その大学の1次試験(書類審査)の合格発表がありました。書類審査は、主に志望理由書、高校の評定、そしてテニスの戦跡で決められますが、スポーツだけではなく、その他、文化活動や特別な資格保有者(英語や数学オリンピック等々)も応募しますから、まったく予想が付かない・・・合格発表前は、娘は「駄目だったときは駄目だったときだな・・・」なんて笑っていたのですが・・・

結果は・・・無事通過!

本日、1 次試験合格の通知が来ました。まだまだ、これから英語と面接での 2 次試験がありますし、過去の応募・合格の実績を調べてみると簡単ではないので油断できません。ただ、1 次試験の合格を手にした娘は・・・「こうがくした~」と号泣していました。

周囲に流されるところがこれまで多かった娘にとっては、清水の舞台から飛び降りる思いでの大学受験への決意でしたから、喜びもそれなりだったのでしょう。何と言ってもこの合格がなければ、高校の学校長推薦で別の大学を受験する気でいたのですから。ただ、この合格で、学校長推薦の資格を失いました・・・第2志望として学校長推薦を受けることはできない、という高校のルールがあるから。

これで、後にも先にも昔からの第一志望一本です!運命やいかに・・・

大学進学の考え方

9月も中旬を超えました・・・そろそろ少しずつ周囲が大学進学に関して騒がしくなってきました。誰がどこの大学に内定したとか専門学校に決まったとか。我が娘の高校も10月に指定校推薦の候補者の最終決定を控え騒がしい。

「指定校推薦で受験しないのか?テニス、やりたいんだろ!??」

高校の先生から何度も上記の様な指摘をされたようです。しかし、どうやら娘が進学したいと考えている大学ではないらしい。一応、娘は娘として志望校があるようで・・・というよりは、かたくなに第一志望から第三志望までの進路を変更したがらない。親としてもいろいろな進路を推奨しましたがかたくなに我々の推奨はNGです。

今週末、娘達が外出している間に我妻と長~い夫婦会議。結論は、娘の考え方に従おう、ということになりました。

実は、私自身、高校生の時に両親の勧めもありいくつかの大学を受験しましたが、結果としては自分が考えている大学には進学できませんでした・・・これが心のどっかに引っ掛かっています。現在のコンサルタントという職業はその大学に行っていなければ無かったのですが、それでもどっかで拘っている。もうちょっと違った人生があったかもな~なんて考える日がたまにあるわけです。後悔しているわけではありませんが唯一、自分で何も考えずに両親の言うがままに進路を決めてしまったからかもしれません。

そんな経験を我妻にも話し、最終的には本人の志望を貫かせる・・・それが一番後悔のない選択のようです。「進学」だけを考慮して「どこでも良いから大学へ」という考え方を捨てることにしました・・・まっ、これで娘のモチベーションが上がればそれはそれでよし。

昨日は、久し振りに練習を観に行きました!1ヶ月振りくらいでしょうか。手首の痛みはいまだとれていないようですが、ストロークのスピードが増している!アプローチショットからネットへ出てボレー、ボレーといった連続ショットにも磨きがかかっているようです・・・受験勉強がありますから練習量は以前に比べれば少なくなっていますが、その分、手首の痛みをリハビリテーションで軽減するように努力はしているようです。テニスに関しては、丁度良いスローペースになっている、といったところでしょうか。

まだまだこれから・・・じっと今は見守るしかないようです。

「平成23年度関東大学テニスリーグ」の真っ只中ではありますが・・・

夏休みも終わり、我が娘は高校の文化祭(2011年9月16、17日開催)に向けて連日帰宅が遅いようです。高校3年生ですから最後の文化祭ということもあって頻繁に友人と連絡を取りながら準備に忙しそうです。そんな中・・・

大学入試も気になるところ。周囲ではちらほらと内定が出たとか進学が決まった、なんて話も飛び出しているのですが、我が娘は相変わらずマイペース・・・焦っているのは親ばかりといったところでしょうか。

どうやら関東地区では「平成23年度関東大学テニスリーグ」真っ只中!既に数試合が終了していて、月末に向けていよいよ熾烈な順位争い、といったところでしょうか。上位の「部」を激しく争っているようです。我が娘も、数試合を観戦しに行っているようですが、単純に先輩からメールを着信して応援する、といった感じのようです。

進学はどうするんだろう!?高校でもそろそろ推薦入学や指定校推薦の校内応募の締め切りが近づいているようだし。娘自身の人生ですからほっとけば良い、とも思うのですがまだまだ経済的にはサポートが必要ですから、ちょっとでもゆとりがあるうちに進学を決めて欲しいのですが・・・

まだまだいらいらは続きます・・・