Arjuna X

本サイトで利用した Theme である「Arjuna X」の履歴を明確にしておきたいと思います。かなりお気に入りだったのですが「全体的に暗い」と評価されることが多く、テニス関連のブログにしては如何なものか・・・ってことで、2012年から本テーマの利用を中止しましたが、再度、利用するかもしれないので・・・

本サイトで利用している WordPress 用 Theme ファイルに関する履歴を示しておきましょう。

  • 2011年08月27日:「Arjuna X」 Version 1.6.11 を 1.7.1 に自動アップグレード
  • 2011年05月05日:「Arjuna X」 Version 1.6.10 を 1.6.11 に自動アップグレード
  • 2011年04月30日:「Arjuna X」 Version 1.3.9 を 1.6.10 に自動アップグレード
  • 2010年05月23日:SRS Solutions が提供している「Arjuna X」 Version 1.3.9 をインストール

ブログ公開時の Theme、 「Arjuna X Version 1.3.9」には、多くのオプションが準備されているし、色彩も落ち着いている(全体的に暗いイメージ、という家族の評価もありますが・・・)。ただ、日本語に訳されているものではなく、採用当初には、上記のような「子テーマの活用」を無視して(というよりも知らなかった・・・)自らカスタマイズを実施、変更や新規に加えているコードがあります(ブログページ、「Arjuna X Version-1.3.9」を参照のこと)。

「Arjuna X Version 1.3.9」での失敗を活かし!? Version 1.6.10 では、直接コードを変更するのはやめよう・・・と考えていましたが、それでも多少の変更を実施していますので、備忘録として下記に示しておきましょう。また、Version 1.6.11 から現在の最新バージョンにおいても引き続き、下記の変更を実施しています。

footer.php への変更

「Twitter Badge」用のコードを</body>タグの直前に以下のコードを挿入しました。

<!-- twitter follow badge by go2web20 -->
<script src='http://www.go2web20.net/twitterfollowbadge/1.0/badge.js' type='text/javascript'></script><script type='text/javascript' charset='utf-8'><!--
tfb.account = 'zerochacool';
tfb.label = 'follow-me';
tfb.color = '#0072bc';
tfb.side = 'r';
tfb.top = 136;
tfb.showbadge();
--></script>
<!-- end of twitter follow badge -->

上記のコードを丸々貼り付ける必要があります。最近、ちょっとプラグインも探していますが、手っ取り早いので・・・

上記に加え、Copyright(コピーライト)に関するコードに下記の変更を実施しました。

<span class="copyright">&copy; <?php print date('Y'); ?> <?php if(!empty($arjunaOptions['copyrightOwner'])) print $arjunaOptions['copyrightOwner']; else bloginfo('name'); ?></span>

上記を以下に変更

<span class="copyright">&copy; 2010 - <?php print date('Y'); ?> <?php if(!empty($arjunaOptions['copyrightOwner'])) print $arjunaOptions['copyrightOwner']; else bloginfo('name'); ?></span>

上記の 2 つの変更を直接 Theme ファイルに実施しています。

single.php、page.php への変更

閲覧してくれている方々がどれ位、本ブログを印刷したいと考えるでしょうか!?多分、皆無かも・・・それでも、自分自身が印刷したい時が多々あるんですよね~そこで、single.php と」 page.php の両ファイルに下記のコードを挿入しています。

<?php if(function_exists('wp_print')) { print_link(); } ?>

上記は、コメントで明確にしてあります。

カスタムデザインを追記

変更というよりは、追記になりますが、本サイトでは以下のカスタムスタイルを追加しています。

blockquote,
pre { background-color:#e5e5e5;
	background:url (./arjuna-x/images/blockquote.png) 3px 3px no-repeat;
	padding:4px 12px 0 40px; margin:5px 0;
	word-wrap:break-word; white-space:normal; overflow:hidden;
	font-style:normal; }
.postContent h3.home { font-size:14px; font-weight:normal;
	border-left:10px solid #666666; border-bottom:1px solid #666666;
	padding:2px 0px 1px 5px; margin-bottom:10px;
	background-color:#e5e5e5; }
.postContent strong { font-weight:bold; background-color:#ffff56; }

/*=====================================================
 Table Setting
=====================================================*/
.postContent caption { font-weight:bold; padding:0px 0px 1px 5px; }
.postContent th, 
.postContent td { border:1px solid #aaa; padding:3px 10px; text-align:center; vertical-align:top;}
.postContent th.word,
.postContent td.word { text-align:left; color:#000; background-color:#bcbcbc;}
.postContent td.name {text-align:left;}
.postContent td.won {background-color:#00ff00;}
/*=====================================================
 Sidebar Setting
=====================================================*/
.sidebars p {padding: 1px 0px 3px 0px; }

Arjura X Version 1.3.9

Theme、 「Arjuna X Version 1.3.9」には、多くのオプションが準備されているし、色彩も落ち着いている(全体的に暗いイメージ、という家族の評価もありますが・・・)。ただ、日本語に訳されているものではなく、採用当初には、上記のような「子テーマの活用」を無視して(というよりも知らなかった・・・)自らカスタマイズを実施、変更や新規に加えているコードがあり、その変更に関する自分用のメモです。

header.php に関する変更

ブログ全体にインパクトがある各ページのタイトルを以下のコードで配置するように変更しています。

<title>
<?php wp_title('|', true, 'right'); ?>
<?php bloginfo('name'); ?>
</title>

ブログタイトルの左サイドに小さな白黒のブログロゴを挿入しています。

<img src="http://www.attack100.net/logo.png" alt="logo" width="80" height="80" class="alignleft" />

header.php に加えた変更は、上記2点のみに絞っている・・・と信じたいのですが、変更を加えたのがほぼ1年前なので、「これだけ」と言い切れないのがちょっと寂しい感じがしますが・・・

footer.php に関する変更

フッターにあるコピーライトの表現を以下のコードに変更しています。

<span class="copyright">Copyright &copy; 2010 - <?php print date('Y'); ?> <?php bloginfo('name'); ?>.</span>

また、自分で加えたのか記憶がありませんが・・・以下の、「Twitter Badge」のためのコードを</body>タグの直前に挿入しています。

<!-- twitter follow badge by go2web20 -->
<script src='http://www.go2web20.net/twitterfollowbadge/1.0/badge.js' type='text/javascript'></script><script type='text/javascript' charset='utf-8'><!--
tfb.account = 'zerochacool';
tfb.label = 'follow-me';
tfb.color = '#f00';
tfb.side = 'r';
tfb.top = 136;
tfb.showbadge();
--></script>
<!-- end of twitter follow badge -->

footer.php に関しては、上記2点のみの変更です。オリジナルのファイルもコード自体がシンプルですから、これ以上の変更は無かったはず!と信じたい・・・

single.php に関する変更

本ファイルでの少しずつ変更を実施しています。特に、日本語をカバーしていないため、日付に関するコードは、全て日本語対応させるために変更しています。更に、自分用の印刷のためのプラグインのために、以下のコードを挿入しています。

<!-- WP-Print -->
<?php if(function_exists('wp_print')) { print_link(); } ?>
<!-- END -->

これが最もインパクトがあると信じていますが、まだまだ抜けがあるような気もしていますが、全てを割り出すことは、既に不可能なような気もしてきました・・・

(改:2012年01月02日)
(記:2011年05月01日)