言語は試合の勝敗を左右するのか!?


(本投稿記事は、あくまでも本ブログ運営者の独断と偏見であって、科学的根拠はまったくありません。ご容赦下さい)

read_times錦織圭選手・・・先日の「楽天オープン」で優勝し、我々日本人にも大きな希望を抱かせてくれました!私は、テニス選手ではありませんから、単純に「すっげぇ~な~」って考えているだけですが、選手にとっては、普通の日本人の体格と運動神経でも十分に世界で戦う可能性があることを垣間見ているのではないでしょうか。

実は、錦織選手だけではなく、ジュニア選手にも目を移すと、海外在住の日本人選手(通常の日本人体格と運動神経)の活躍を垣間見ることできます。どうして「国産」の選手の活躍が目立たないのでしょう・・・海外のコーチングが飛び抜けて優れているから?海外の環境が飛び抜けて良いから?そんな一面もあるのでしょうけど、私は大きな要因の一つに「言語」も関係しているのではないかと考えています。

ちょっと話はそれますが・・・

「明日は日曜日だから、今日は夜遅くまで TV をみよう」

上記の日本語・・・普通ですよね・・・誰一人として「変だな~」って感じないと思いますが。しかし、この思考が英語にするとどうでしょう・・・通常、英語圏の方々は、以下のように表現すると思われます。

「I will watch on TV late tonight because it will be on Sunday tomorrow.」

英語の精度ではなく、論理展開に注目して欲しいのですが、日本語にすると「今日は夜遅くまで TV をみよう。だって、明日は日曜日だから」ってことになります。英語の場合、おおよそ、こうした論理展開で表現されるケースが多く、「結論を先に述べる」のが通常で、その後、「理由を説明する」のです。帰国子女が日本でなじまなかったり、海外に長期で赴任するビジネスマンが周囲から相手にされないのも、この論理展開が原因のことが多いように感じています。

テニスは・・・瞬間的にショットを判断したり、リターンを予測したり。理由を考えている時間は許されません。錦織選手や海外在住の日本人選手は、英語で試合を組み立てているのではないか、と私は考えています。そうすることによって、普段の「結論先行型」の思考ができる・・・即ち、瞬時にして結論を展開することができる。もともと、器用な日本人ですから、多くの引き出しから、より効果的なショット選択をより効果的に実践することができるようになる・・・

これって・・・こじ付けかな・・・私が学生だったら、是非、研究してみたい課題です・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

2 comments

  1. Zero Cool より:

    ぽーさん
    コメント、有難うございます。
    やっぱりうそういうことがあるんですよね~流石に私は、社会人になってから英語を話せるようになりましたので「いじめ」に会うことは無かったのですが・・・娘達は、多少はあったようです。それにしても・・・「一理ある」とのコメント、力強く思います。

  2. ぽー より:

    私は国際結婚をしましたが、最初の頃はこの「論理展開」の相違で何度も夫と言い合いをしました。私が英語に慣れていない頃、日本語で考え英語に変換して話していたので、夫に「お前は結局何が言いたいのだ。結論を先に言え。」と言われていました。反対にその英語の論理展開で日本語で話をすると、ストレートなキツい性格に思われました。だから、私もZero Coolさんの言われている事には一理あると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *