錦織圭選手の優勝から学ぶべき 2 つのこと!?


「楽天・ジャパン・オープン 2012」で見事、錦織圭選手が優勝しましたね!日本人初の優勝・・・素晴らしい、の一言ですね!会場の有明も満員の観衆だったようですし。私は、すっかり出不精で自宅での TV 観戦でしたが。試合に関しての詳細は「tennis365.net::【速報】錦織圭が優勝、快挙成し遂げる」に公開されていますので、そちらを参考にして頂くとして・・・

ちょっと私の独断と偏見で、我々日本人が世界で戦っていくために何が必要か・・・何を学ぶべきかをちょっとだけ語っておきましょう。

私個人としては、最も注目したいのは、錦織選手のサービス。世界がパワー、スピードに注目する一方で、何と錦織選手はサービスエースが「0」です。ただ、そのプレースメントと「次」を考えたサーブは、まさに日本人ならではではないかと感じました。正確なプレースメントによって、リターンされる場所を予測、サーブの次のしょっとまで既に計画されているような展開が多かったような気がします。こうした緻密なテニスは、ショットのパワーやスピードを封じることができる、と確信できました。

もう一つ、錦織選手のショットバリエーション。「そこでドロップショット、するかね!?」といった場面が多々ありました。スライスショットやアングルショット。欲を言えば、もうちょっとネットプレーが見たかったよう気がしますが、ただ、錦織選手のショットバリエーションの多さは、まさに世界トップレベルと感じました。見ていて楽しい(その分、ハラハラもしますが・・・)

上記、2 点、即ち、サービスの方法とショットバリエーション・・・これが正に小さな日本人でも世界で戦っていくための最低条件のような気がしました!

それにしても・・・対戦相手のミロ・ラオニチ選手・・・身長 196cm ですか!?まだまだ、下半身が出来上がっていない。長身選手にありがちな「X 脚」で腰が浮いてしまう。バスケットボールで、トレーニング不足の選手によくあるパターンです。下半身が出来上がってくると、間違いなくトップクラスになる気配。錦織選手も以前、新聞のインタビューで「年下ということもあって、気になる選手」と評価していたことを思い出し、私個人としても今後注目していたい選手です。

ちょっとだけ苦言を記述すると・・・試合中、ウェアーをまくって汗を拭く姿は美しくありませんね~トップレベルのプロになるんですから、もうちょっと方法があると思いますが。

まっ、あくまでも素人の意見ですけどね・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *