個人競技におけるチーム力


ロンドンオリンピック、終わりましたね~獲得したメダル数は 38 個(金:7 つ、銀:14 個、銅:17 個)と史上最多という結果でした。こうした輝かしい結果を分析して、どうやって自分の世界で活用できるかを考える必要がある、と私個人では考えています。テニス界もしかり!

私は、常々、「テニス界はもっとチームを意識する必要がある」と主張してきましたが、当然、「個人競技にチームって言ったって・・・」とかなり懐疑的な見られ方をしてきました。ただ、私個人も「どうやって!?」を明確に回答できているわけではなく、フラストレーションがありました・・・しかし・・・その 1 歩とも考えられるようなウェブページが公開され、とても参考になりますので、引用しながら私なりに総括しておきたいと思います。

参考になるのは・・・「Number Web : ナンバー::日本、史上最多38個のメダル獲得!個人競技で光った「チーム力」の結実。(1/4)」です。表題の通り、個人競技における「チーム力」を解説しています。

個人競技におけるチーム力とは何か。
とりわけ、チーム力が活躍の原因として上げられたのが、戦後最多の11個のメダルを獲得した競泳だ。

「競泳は27人でひとつのチーム。27人のリレーはまだ終わっていないです」

背泳ぎ200mで銀メダルを獲得したあとの入江陵介の言葉も印象的だった。

こうして始まる「チーム力」に関する解説は、とにかくテニスにも応用できると思います。ちょっと引用しておきましょうね。

ひとつはコーチと選手、コーチ同士などの風通しをよくすることだった。ふだんは国内で競うライバル同士であり、所属クラブもそうだ。その関係を代表ではあらためてもらうように努めたのだ。やがて、レースにおける情報やデータも共有化され、大会の場で得たノウハウは他のコーチや選手に伝えられ、チームとなっていった。

(中略)

厳しい選考を潜り抜けた選手たちに、ともに戦う意識を持たせる。その積み重ねが、メダルをもたらしてきたのだ。

更に記事は続きます・・・

ロンドン五輪を前に、松田丈志らオリンピックを経験している選手が、初出場の選手に自身の経験を伝える場を設けたのも、チームであることを表しているだろう。

「例えば北島康介も、高校生のみんなと数多く話をしていました。それは北島の成長でもあり、チームを落ち着かせることにつながったのでは。レース直前、いけるなという表情をして落ち着いていた選手が多かったのも、チームであろうとする努力がチーム内でできたからです」(上野氏)

一人では戦えない。そこからスタートした競泳は、土台を築いた上で、躍進を遂げたのである。

どうでしょう・・・テニスの世界にこうした光景があるでしょうか。私が知っている限り、非常に少ないように思います。日本という国は、特に他の国に比べて「一人」で行動できない民族であることは、多くの人が知っているのですが、その強さを認識していない、というのが私の理解です。もっともっと「チーム」を意識して、どうやって切磋琢磨するのかを考える必要があると私は信じています。

競泳のように、競技団体として明確に作り上げてきたチーム。小原(女子柔道48kg級)のように、選手個々をサポートしようと集まった人々でできた小さなチーム。卓球やフェンシングのように、個人競技の選手が結束して挑んだ団体戦。たくさんのチームがあった。一人の活躍が他の選手に波及し、それらのチームとチームが連鎖反応を起こした。

如何でしょう・・・こうした内容に「テニスとは違うから・・・」といった前提を作ってしまっては、「次」のステージはない、と考えたほうが良いと思っています。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

2 comments

  1. Zero Cool より:

    Kさん
    いつもながらコメント有難うございます。
    そうですね・・・Kさんの主張するチームとはちょっと違っているような気がします。テニスの場合、Kさんが主張するチームを持ってもチームで戦う、っていう意識は希薄なような気がします。私は、10年以上もバスケでしたが、それこそ寝食を共にし、全てを打ち明けることができる連中ってのがチームのような気がします。同じポジションの連中とは、お互いの欠点を指摘しあって、お互いに切磋琢磨している・・・そんなチームとして当たり前の光景が個人競技では見ることができないような気がします・・・特にテニスでは!(あくまでも個人の偏見ですが・・・)

  2. K(ケイ) より:

    同感です。
    実はテニマガのコラム(?)で松岡修造氏が以前から主張され続けていて、私は最初はピンときていなかったのですが、最近なんとなく「なるほどな…」と感じていました。
    果たしてテニス界がどのように取り入れていくかはまだ考えがまとまりません。もう少し研究が必要だと思っています。
    ちなみに自分のブログの記事の「チームを持つことの重要性」で書いている「チーム」とこの「チーム力」とは若干ニュアンスが違いますね。
    テニス選手は「俺が俺が」な人たちが多い(選手も指導者も)と思うので、このような考えを持つことは大変でしょうね。テニス界が大きなチーム、家族のようなまとまりが出来ると良いと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *