今更ですが・・・これぞ、テニスの醍醐味!


最近、忙し過ぎてなかなか投稿記事を公開できませんが・・・そして・・・今更ですが、私、「これぞテニスだ」といった試合を観たような気がして。それは「ウィンブルドン 2012 男子決勝」です。既に誰でもご存知のロジャー・フェデラー選手とアンディ・マリー選手戦です。

ネットプレーの多さ、ショットコンビネーションの多さ、緩急・高低の打ち分けの巧みさ・・・もう素晴らしいの一言だった!高速サーブやストロークが中心の打ち合いではなく、まさに全てのテニスの技術を集約したような内容だったような気がします。観ていて本当に鳥肌が立ちました。

プロフェッショナルテニス・・・これなら何度でも観たいと思うし、観戦料を支払って会場へ足を運び観戦したいとも感じた究極の試合だった、と個人的に感じました。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *