テニスのルール改定は必要か!?


ちょっと興味深い内容の投稿記事を濱浦貴光氏が公開しています。その投稿記事は「濱浦貴光 公式ブログ::2012年全仏オープン、、、終了」で、興味深い内容は後半に記載されていますが引用しておきましょう。

今大会は一つの試合がとても長かったように感じました。特に男子の場合、5セットマッチはキープするとしても各ゲームの2回目のデュース以降は1本勝負にするなどのルール変更も考えて良いのではないでしょうか?

今のペースのままでは少しづつ若い層のファンが減って行くような気がします。

本投稿記事を閲覧している皆さんはどうでしょう?賛成?それとも反対?これまで、私が知っている限り、バスケットボール、バレーボール、卓球、野球に実はゴルフまでもルール改定を実施しています。基本は、観客動員数の増加を狙っているし、よりエキサイティングにすることを目的にしています。ゴルフなんかは、飛び過ぎるクラブに飛ばないような基準を設定しています。

テニスファンを増加させるためには、濱浦氏が指摘する試合時間の問題と試合の点数が複雑ということが最大の問題点、と考えています。15、30、40 といった現代では意味不明のポイント。ポイント、ゲーム、セットといった 3 階層もある点数のシステムは、素人が理解できるような仕組みではありません。また、ラケットの性能が向上するに伴って、ラリーが多くなり、試合時間が延びる延びる・・・

私個人は、まずは点数のカウントの仕方を変更する!24 ポイント制にして、3 セットマッチにする・・・これで、簡単に素人の方々にもゲームの流れが解り易い。24 ポイントにするのは、15、30、40、Win と 4 つのポイントで 1 ゲーム奪取。6 ゲームを先取した方が 1 セットを奪取するから、単純に 4 x 6 で 24 ポイント。23 ポイントオールでディース。2 ポイント差がついた時点でセットの勝者を決める・・・単純過ぎますかね・・・

6 ポイントを対戦するいづれかが先取した段階で休憩を入れる・・・いわゆるコートチェンジです。現在の方法では、コートチェンジする度に時間を掛けますから試合時間も長くなる。24 ポイント 3 セットマッチにすることで、そうした時間も短縮できると思うのですが・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *