シャラポワ選手、WTA No.1 に返り咲き、生涯グランドスラムに挑む!


美しい?強い?人間性に優れている?全てを持ち合わせている?本当はどうなんでしょう。マリア・シャラポワ選手。肩の手術からいったい何年を経過したのでしょう。肩の手術後、誰が予想したでしょう・・・シャラポワ選手の WTA N0.1 を再び経験するなんて!

シャラポワ

昨日のシャラポワ選手は強かった!強風のあるローランギャロス。対戦相手はサウスポーのクビドワ選手。お互い強打の持ち主で、どっちが勝ってもおかしくない試合だったはずですが、シャラポワ選手のオンコートから高い打点からの速い展開は、クビドワ選手を圧倒していたような気がします。6-3、6-3 で勝利したシャラポワ選手が決勝進出を決めました。これで、シャラポワ選手が WTA No.1 への返り咲きを決めました!

その内容は、「WTA::Sharapova Into Final, Secures No.1 Return」にも以下のように記されています。

There was a lot at stake, and Maria Sharapova stepped up to the plate. The Russian beat Petra Kvitova in the semifinals of the French Open on Thursday, a win that not only assured her of returning to the No.1 ranking next week, but that also propelled her into her first French Open final.

以前、私はシャラポワ選手が好きではなかった・・・美しいともてはやされ、そして強さも持ち合わせている。そんな選手が余り好きではありませんでした。しかし、肩の故障に泣き、更には手術。ランキングは転落の一途。復帰したものの肩の故障は想いの他重症で低迷が続いたように思います。

しかし、少しずつですが、テニスが変わってきました!ネットプレーに確実性が出て、徐々にストロークの調子が上がってきました・・・ランキングもそれに伴い徐々に上がってきた!まさに「転落人生からの返り咲き」の気配でした。こうした人生を送る人間が私は好きなんです。まったく諦める気配なし。一歩一歩、上昇を実現していきます。そして・・・

昨日の勝利で「ローランギャロス 2012」で遂に WTA No.1 の座への返り咲きを達成します。

The 25-year-old Russian elaborated on shoulder surgery and the road back to the top. “It’s a long road back, a long process. It’s a lot of days of frustration and uncertainty, not knowing if you’ll ever get there, not knowing how much you want it, not knowing whether there will be a moment like that for you again.

“There’s a lot of tough things you have to go through to get to this point, but when you get here and you look back at the things you did and the work you put in and the toughest days you can remember, it’s all really worth it.

“I’ve played tennis since I was four years old. I committed myself to this sport. I’ve always loved what I do. When it was taken away from me for a while, that’s when I realized how grateful I was and how lucky I was to be playing it.”

上記を読めば・・・苦しいときも結局は「テニスが好きだから・・・」と主張しているように思えます。決して、WTA No.1 の座だけが全てではない!テニスの素晴らしさに惹かれているマリア・シャラポワ選手を感じることが出来ます。

そして、シャラポワ選手は、史上10人目の生涯グランドスラム達成を目指すことになります。マーガレット・コート、クリス・エバート、マルティナ・ナブラチロワ、ステフィ・グラフ、セリーナ・ウィリアムスに続くことになります。ここまできたら、是非、達成して欲しいと願うのは私だけではないでしょうね!

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *