出張で参加した SAPPHIRE 2012 でテニスに出会った!


アメリカ出張・・・完全に仕事・・・今回の出張は「SAPPHIRE NOW + ASUG ANNUAL CONFERENCE」に参加することが目的でした。私、SAP 社に勤務しているわけではありませんが、SAP 社が提供する基幹系業務システム(販売、購買、生産、会計といった企業業務を統合する情報システム)をお客様に導入する仕事をしているので・・・最新技術の確認へアメリカへ確認しに行った、とでも表現できるのでしょうか。

そんな出張で・・・何と!テニスに出会いました!SAP 社は、テニスに関しては多くのサポートを実施していて、今回は、先日開催された「SAP Open (ATP)」で実践された Hawk-Eye と SAP との革新的技術を紹介していたわけです!

20120519_SAPOpen

具体的には、以下のように表現されています!

The data created by the Hawk-Eye system’s tracking of ball and player movement is being converted by SAP® BusinessObjects™ business intelligence (BI) solutions to provide statistical analysis that enables coaches and players to measure performance, identify weaknesses and improve tactical awareness.

まっ、簡単に言ってしまうと、収集されたデータをコーチや選手へ、更には観衆や TV 番組の視聴者へ統計的に分析してその結果を表示するシステムを提供した、ということになるのでしょうか。

上記のカンフェレンスでは、Mobile Solution として、iPad が置かれていて、リアルタイムで試合の統計的な分析結果が iPad に着々と表示されているデモンストレーションが実施されていました!下の写真は、会場にあったテニスコーナーです!

SAP Tennis 1 SAP Tennis 3

更に、上記のテニスコーナーの一角にビデオが流れていて・・・以下は SAP のシステムに関する感想を述べています・・・私が誰かを記述する必要はありませんよね!

SAP Tennis 4

いやぁ~本当に楽しみました!もうちょっと野次馬が集まっても良かった気もしますが・・・いよいよ、本格的に SAP のシステムがテニスに貢献を開始した感じがしています!ただ、巨大なシステムですから、簡単に個人で利用するなんてわけには行きませんが、iPad や iPhone 用にアプリも登場しているようですから、いづれ日本でも利用できるようになるかもしれません。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *