テニスプレーヤ、ピアニスト、ゴルファーの共通点


私個人、脳科学といえば池谷裕一氏が天才と考えていて、全ての本を読了していますが、その他にもかなりの本を読了しています。そしてこの度、古屋晋一著「ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズム」(春秋社:2012年1月)を読了。確か新聞が雑誌の書評欄で称されていたと記憶していますが・・・

我妻、自宅ではありますがピアノ教室をやっていて、その関係で長女も次女もピアノはある程度弾けます・・・というよりも次女に対しては「テニスよりもピアノをやらせれば良かったかな!?」ともらすほど、かなりピアノを弾きこなすらしい!高校も大学もピアノが専門の妻ですので、間違いないのでしょう。そんなことも手伝って購入した本でした!

そんな理由でしたからあまり期待していなかったのですが、興味深い内容で一気読みでした!ちょっと専門的な内容もあり我妻に質問しながらの読了でしたが・・・(ピアノの専門用語が散見されるのと、脳科学でも専門用語が登場します!)

そんな中で、最も興味深かったのは、「ピアニストの三大疾病」という章があり、その中でピアニストは腱鞘炎(けんしょうえん)と同時に上顆炎(じょうかえん)というのがピアニストでは良く起きる病気としています。これだけで、専門家の方は理解できるのでしょうけど・・・ちょっと引用しておきましょう!

腱鞘炎はピアニストの職業病としてよく知られています。しかしそれだけではなく、肘の内側や外側が痛む上顆炎も、ピアニストにはよく起きる病気です。これは「テニス肘」とか「ゴルフ肘」という呼び名で有名なものです。(中略)これは、ピアノ演奏とグリップ系のスポーツが、共通の筋肉を酷使するため・・・(p.117)

これには、かなり驚きました!ピアノとテニスとゴルフが同じ筋肉を酷使している・・・思わず我妻に「テニス肘になるピアニスト」というのが実際に存在するのかを確認しましたが、「テニス肘」という理解ではありませんでしたが、確かに肘の内側や外側を痛めるピアニストいうのは沢山いるそうでして・・・

考えもしなかった共通点を知りましたが・・・結局は「テニスで鍛えた筋肉を利用するからピアノが弾ける」と考えることができるんですよね!不思議な感覚です。

合わせて読みたいかも・・・

    本投稿記事に関連した公開記事はありません。


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *