テニスラケットの規格・・・選定の要素とは何か


先日、「プロテニスプレーヤ vs. 職人:ラケットの選定で・・・」と題する投稿記事を公開しました。久し振りにラケットを新調することを計画中の娘ですが、先日の Wilson は「デザインが最高!」と本人が評価してはいたのですが、操作性で「う~ん・・・」とどうやら今一つしっくりこなかったようです。

もう一つ、推奨された「Babolat Pure Drive」ってやつの方がお気に入りの様ですが、もう暫く様子を見たいとのことでした!現在のラケットと推奨されたラケット・・・何が違うのかを一覧にしておきました。

20120415_Raquet

重量とストリングパターン・・・実は、フレームサイズも大きく違うそうです。重量は 5g 違うだけなんて感じるのですが、その 5 ~ 10g って言うのが大きな違いだそうです(素人の私には理解するのが難しい・・・)ストリングパターンは、少なければよりスピン向きらしい・・・本人にとっては「音が違う」らしく、それも選定の大きな要素らしい・・・

何だか素人の私には既に異次元の世界ですが「違う」というのですから違うんでしょう・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

2 comments

  1. Zero Cool より:

    わかばさん
    コメント有難うございます。娘、まだまだ検討中の様です。とにかく専門的なことは私は解かりませんから本人次第ですが。通常は、1~2ヶ月掛けて選定していますから、今回も時間が掛かるでしょうね~

  2. わかば より:

    娘さんのラケットは決まりましたか?私も趣味でテニスをしており、今年発売されたWilsonとBabolatのラケットを試打したのですが、今までのラケットとは全然違いました。一つ前のラケットとスペックは、ほとんど同じなのに、スピンの性能が全く違う。特に錦織選手が使用しているSteamのスピンの性能はすごい。なんで?どんな技術を使っているの?
    各企業の日々の努力には脱帽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *