高校生は留学に消極的!?


日本経済新聞のウェブサイトに興味深い調査結果が公開されていましたのでご紹介しておきましょう!その記事は「日本経済新聞::高校生、留学に消極的 「日本が暮らしやすい」」です。ちょっと内容を抜粋すると・・・

将来も含めて海外留学したいと考えている日本の高校生は46.1%で、日米中韓4カ国で最も低かったことが財団法人「日本青少年研究所」(東京)などが実施した高校生の意識調査で4日、分かった。留学したくない理由について「面倒だから」という回答が4割近くに上るなど、内向き志向が目立った。

(中略)

「留学したい」と答えたのは韓国82.2%、中国58.2%、米国52.9%、日本46.1%。その理由(複数回答)で日本は「語学力を身に付けたい」が79.9%で最も多く、「視野を広げたい」が79.5%。一方、「その国の進んだ知識を獲得したい」は28.0%にとどまり、5~6割に達した米国や中国と差が開いた。

 「留学したくない」とした生徒に理由を複数回答で聞いたところ、日本は「自分の国が暮らしやすい」(53.2%)、「言葉の壁がある」(48.1%)、「外国で一人で生活する自信がない」(42.7%)の順。「母国の教育がより自分に合う」は4.5%だった。

留学することが素晴らしい、という結論付けはちょっと危険なような気がしますが、留学を一つのチャレンジと考えると最近の高校生は、より安全を好み、チャレンジ精神がなくなっていると個人的には感じています。留学を単なる「語学力を付けるため」というのももったいない・・・留学することで、違った文化に触れ、何が違うのか、何が同じなのか、そして、どうすればより良くなるのかを考えて欲しいと思っています。

「留学したい」を突然口にした我が娘・・・少数派に属することになりますが、「どうして留学したいのか」を明確に認識して欲しいと願っています。ただ、この希望はどうやら本物のようで、何も指摘しないでも「英語」の勉強はやっているようです。テニスにもその勢いが欲しいところですが・・・

ちょっと最近気になっている英語関連のサイトをリストしておきましょう。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

4 comments

  1. Zero Cool より:

    わかばさん
    コメント、ありがとうございます。サムスンは、別の理由でのし上がってきていると思いますが・・・(笑)

    ただ、韓国や中国の留学に対する考え方は、かなり積極的ですね!私も中国人や韓国人と仕事をする機会が多いのですが、ほとんどが英語を流暢に話します・・・それだけで、日本はおいていかれるでしょうね、残念ですが・・・

    ボーダーレスになっていることは間違いない・・・だからこそ、もっと海外に対しても積極的になる必要がありそうですよね。

    今後とも宜しくお願いします・・・

  2. わかば より:

    こんばんは。わかばです。高校生に限らず、大学生も海外には消極的みたいですね。昔は大学生の卒業旅行は海外って決まっていた感じですが、最近は、どこにも卒業旅行に行かないみたいですね。私は海外赴任の経験があるのですが、赴任先の国に多くの韓国人のお子さんが語学留学に来ておりました。その活動力が現在のサムソンをさせているのですかね?

  3. Zero Cool より:

    ぽーさん
    コメント有難うございます。
    私も海外生活の経験があり、言葉の壁というよりは文化の壁に相当悩まされました・・・ただ、理解した後は、お互いに交流することができるようになり、人間として一回りも二回りも成長したように感じています。

    視野を広げる・・・ボーダレスが叫ばれている今、本当に貴重な経験を無駄にして欲しくないし、積極的に海外を経験して欲しいと願っています。

    今後とも宜しくお願いいたします。

  4. ぽー より:

    はじめまして。
    いつもブログを楽しく読まさせていただいています。
    私の場合は留学ではありませんが、
    日本以外で暮らすことになり、
    国外に出て本当の日本の素晴らしさがわかりました。
    もちろんどこも住めば都ですから、
    今住んでいるところも大好きです。
    そして実際に異国の文化を肌で体験することは、
    とても良い事だと思うので、
    息子達にも留学を勧めたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *