テニス人気が復活!?綿織選手効果らしい・・・


20120308_ToyoKeizaiスポーツビジネスとかスポーツ産業という分野。私個人として、今最も興味のある分野です。ただ、市場規模は余り大きくなく、安定はしているのですが成長することのないのが周囲の理解の様です。

「週刊 東洋経済(2012年3月10日号)」では、スポーツ産業に関する特集が組まれています。最近では、ビジネス関連の週刊誌を購入しなくなりましたが、この特集に関しては即購入となりました。東洋経済は、昔からスポーツ産業に関しては特集を組んでいますし。今回の特集では・・・「綿織圭選手」に関連する内容を含んでいますから、特に気になりました。

特集記事によれば、綿織選手の活躍でこれまで低迷していたテニスの人気が復活の傾向があるそうです!綿織選手には7社のスポンサーがついているそうです。ちょっと参考までにリストしておきましょう。

  1. 日清食品:パッチスポンサー
  2. ウィルソン:ラケット
  3. タグ・ホイヤー:時計
  4. ユニクロ:ウェア
  5. ウィダー(森永製菓):トレーナ派遣、管理栄養士アドバイス、サプリメント等
  6. WOWOW:テニス番組メインキャラクター
  7. アディダス:シューズ

綿織選手に対するスポンサー候補は、非常に多いそうですが「エージェント」とが「試合に勝つことが最優先」として、スポンサーをやたらと増やさないように管理しているらしい。特集記事に「テニス人気が復活」しているというデータは見当たりませんが、何を持って復活といっているのか・・・単純にスポンサーが多いというだけでは、復活とは言えない様にも思いますが・・・

ちょっと気になるのは、いまやスポンサー企業としてはメインとなった「IT産業」の企業がスポンサーにリストされていないのが気になります。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *