WTA を年齢別に見ると 22歳、25歳、30歳というキーワードが見えてきた!?


デビスカップの解説で、松岡修造氏が「27、28歳で日本人テニスプレーヤが最も充実する・・・」と添田豪選手の活躍から説明していました。いつまでもちょっと気になっていて、やっちゃいました・・・データ分析!残念ながら ATP では、生年月日が公表されていないため、WTA のデータで。

まずは、下のグラフ。WTA のランキング 500 位以内の選手の年齢の分布を表しています。ちなみに、WTA ランキングは、2012年02月20日のものを利用しています。また、年齢はその年になるであろう年齢、としていて実際の年齢とは違いますので注意して下さい。42歳として1選手がカウントされていますが・・・そうです、我等が伊達公子選手ですね!このようにすると、いかに伊達選手が「異常値」なのかを知ることできますよね。

20120229_AgeOfWTA_500

さて上記のグラフは、専門的に表現すると完全ではないもののほぼ二項分布という分布になっています。だから何って事はありませんが・・・面白いのは、22歳の選手が圧倒的に多い。また、30歳を超えたところで一気に人数が減っていることが解かります。テニスは22歳という年齢が一つの山場になる!?と理解できる?いえいえ、そうでもないんです。

下のグラフは、WTA ランキングで 200 位以下の選手をプロットしました。

20120229_AgeOfWTA_200

このランキングになると、グランドスラムが見えてくる!本線であれ予選であれ、まずはグランドスラム出場が一つのステータスでしょうから、このランキングの分布はとても興味深いです。22歳が最も多い分布ですが、最も興味深いのは25歳というレンジ。明らかに25歳でもピークがありそうです。これがランキング 100 位以内ということになると・・・・

20120229_AgeOfWTA_100

何と何と!25歳が最も多い!単純に解釈するわけにはいかないでしょうけど・・・結論としては;
「22歳で WTA Ranking 500 位以内を達成して、25歳で 200 位以内を目指す。そして、30歳を超えたところで主戦場からの引退を考える」なんて事は言えないかな~って考えたりして。ちょっとアジア人というくくりでも同じ分析をしてみようかな・・・なんて考えていますが。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *