ユニクロ、テニスウェア業界に本格参入するのか!?


綿織圭選手のサポートをするユニクロ。既にユニクロを知らない方はいらっしゃらないでしょう。最近ではアパレル業界だけではなく、ありとあらゆる業界で革命を起こしています。また、海外戦略も明確になりつつあります。

そんなユニクロがいよいよテニスウェア業界に殴り込みをかけようとしています。って、ちょっと古いですかね、話題が・・・既に「ユニクロのホームページ」では、「綿織選手着用モデル」と大きく宣伝しており、ウェアだけでなくバックやリストバンド、その他のモデルを宣伝しています。

ユニクロでは、まずは限定的な販売に終始するようですが、当然売上やお客様の動向を判断して、更なる戦略を既に構築しているはずです。ユニクロの凄さは、その価格の低さと考えられているようですが、私個人としてはユニクロのブランド戦略の緻密さだと考えています。誰でも目に付く場所への店舗展開、ぜったにはずさない(ぶれない)「ユニクロ」のブランド名、透明性の高い経営戦略・・・全ては、「ユニクロ」というブランド名を高めるためだと感じています。

これまで、テニスウェアと世界は、独占とまではいきませんが限られたメーカーの独占の様相でした。しかも、ほとんど競争が無い。そんな表現をすると反論されそうですが、数社が限られた市場規模をお互いに死守するために必死といった風に他からは見える!つまり、市場としてはある意味安定していたわけです。

もし、「ユニクロ」が綿織選手の活躍をきっかけに本格的に参戦すれば・・・

一気にテニスウェアの市場は活況になるでしょう・・・「ユニクロ」は既にそんな状況を見越して戦いの方法を模索しているかもしれません。競合他社は、これまでのような戦略では生き残れなくなる・・・そんな状況になるためには、テニス界の成功が不可欠です。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *