英語学校が始まった!クラスは帰国子女と外国籍の生徒ばかりなり・・・


留学したい・・・この一言から我が家の生活が一変したような感じです。自然と英語の会話が多くなりました。我が家では次女以外は英語には不自由しませんから考えてみれば留学したいという希望も自然なのかもしれませんね・・・

そんな次女は、留学を目指す高校生が通う英語学校へ通いだしました・・・現役高校生のためのクラスなので18時30分からのクラス。留学を達成するためには、TOEFL( Test of English as a Foreign Language)という試験で高得点を獲得する必要があります。

TOEFL

TOEFL では、Writing、Speaking、Reading、そして Listening 4 つの分野での試験が要求されます。正に英語に限らず、言語に要求される基本スキルですよね。最近では、インターネットで試験が実施されるようですが、我が家では誰もこの試験を受験した者がいない・・・

昨晩は、22時過ぎに帰宅しましたが・・・もうヘトヘトって感じでした。

講師は当然ですが英語のみ。一緒のクラスの生徒は、既に海外経験者豊富で(即ち、帰国子女ばかり!)、更には外国籍の生徒がいて、しゃべれないのは娘だけといった状況だったようです。ただ、海外経験者ということもあって、全ての生徒がフレンドリーだった、と説明していました。既に何人かとメールアドレスの交換をしているし、帰宅時は一緒に途中までは帰宅してきたようです。

それにしても・・・自分で決断した苦難の道・・・ここは踏ん張りどころです。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *