リセット CSS で引用符(blockquoke)をリセット


本ブログで採用しているテーマ(デザインテンプレートともでも言えましょうか)である「ThemeZee::zeeSynergie」は最新の HTML5 と CSS3 とで構成されています。まっ、それが魅力で採用したということもあるのですが、ちょっと不都合もあるんです。

御存知の通り、本ブログでは多くの引用があります。コーチやプロ選手、更には著名人のブログの引用を多用している・・・著作権を犯すほどではないようですが、それでも出典や引用に関しては細心の注意を払っているつもりです。しかし・・・

どうもその引用に適用されるタグである「blockquoke」のデザインが嫌いでした。いろいろ変更しているのですがどうもその変更が有効になりませんでした。特に Internet Explorer で形式が大きく崩れてしまっていました・・・

必死に調べてみると・・・どうやら最新の CSS3 を適用していることが原因らしい。そこで、「HTML5でサイトをつくろう::はじめてのHTML5 第2回『HTML5のさらに詳しいCSSリセット方法」を参考に、「リセット CSS」で引用符である「blockquoke」をリセットしました。

以下のコードがリセットするためのコードです。

/*引用符の表示が出ないようにしています*/
blockquote, q { quotes:none; }

/*blockquote要素、q要素の前後にコンテンツを追加しないように指定しています*/
blockquote:before, blockquote:after, q:before, q:after {
 content:''; content:none; }

そして、新たに「blockquoke」を設定してみると・・・「お”~上手くいった!」もうちょっと検討して形式を確定していきたいと思いますが、リセットすることで全てが上手くいく・・・勉強することですね、重要なことは!

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *