久し振りに勝利の実感!調子が悪い時の勝ち方!?


クリスマス。娘の進路決定後、2つ目の大会参戦となりました。本線が16ドローしかないため、予選からの参戦となりましたが、想定外に2試合をやらなければ、本戦へは駒を進めることができませんので、そんなに簡単ではなさそうです。

それにしても寒い・・・2試合の観戦は、結構厳しい気温でしたが・・・懲りもせず、娘に付き合っていざ試合会場まで。

1試合目は、流石に緊張したのかちょっと序盤はミスが目立ちましたが、経験と格の違いを見せ付ける展開になって 8-0 で圧勝。試合時間も30分程度でしたでしょうか。予選ということもあって、8ゲームでの進行です。寒い本日として、ありがたい試合でした。

そして迎えた予選決勝。約1年前に対戦経験のあるジュニア選手との対戦となりました。1回戦の様子から、サーブが酷い・・・ここ数週間、コーチとはサーブの修正をしているようですが、まだまだ修正し切れていないし、絶不調といった感じ。本人曰く、「原因は解かっているんだけど・・・修正ができない」とのこと。まっ、時間を掛けてゆっくりと修正すれば良いでしょう。

試合開始から、7ゲーム目までは一進一退の攻防。もうちょっとサーブが良ければ、展開は簡単になると思うのですが、何しろファーストサーブが入らない。セカンドサーブを何とか入れては強打されてポイントを失う・・・そんな印象の試合展開でした。4-3 とリードはしているものの苦しい展開でした。そして・・・

迎えた第8ゲーム!娘のサービスで、いきなりサーブ・アンド・ボレーで攻めます。これが見事に決まって 15-0。続くポイントは、ストロークで攻めて最終的にはネットプレーでウィナー奪取で 30-0。更にオンコートからボレーとオープンへの素晴らしいストロークが決まって 5-3 リードとなります。もう圧巻、というのがさまに当てはまるような展開でした。というよりも、ベースラインからのストローク中心の組み立てからオンコートからネットプレー中心への展開へ。これだけの変化ができるとは・・・意外でした!

続く相手のサーブをキープされましたが、こっからはオンコートからストロークを繰り出し、ネットプレーのオンパレード!ちょっとビックリするほどの「攻めるテニス」を実践してくれました。結果は、8-4 で本戦へと駒を進めました。

「ベースラインからストロークに持ち込まれるとやりにくかったからね~4-3 のスコアから勝負したよ。早め早めに攻めてネットで決めるってことに変更したんだよね~上手くいったね~」ってのが娘の試合後のコメントでした!

調子が悪い・・・それでも試合展開を変更して自分のゲームプランを実行する・・・あまりこれまでには見られない傾向です。久し振りに爽快な勝利だったような気がします。

本戦は 28 日から・・・

続きを読むにはログインが必要です・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *