村上春樹氏がいう「良いコーチ」の条件


走ることについて語るときに僕の語ること先日読了した村上春樹著「走ることについて語るときに僕の語ること」(文春文庫:2010年6月)に興味深い内容でコーチングに関する記述があることに気が付きました。

村上氏は、トライアスロンを始めたときに、ランナーとしてそこそこ走れたそうですが、なんとも水泳とバイク(自転車)が苦手で、技術の向上が必要だったそうです。特に、オリンピックに出場したとか、競技で優勝したいといった欲求があるわけではありませんでしたが、水泳とバイクの向上なくして、トライアスロンの完走はないと考えたらしいのです。

そこで、いろいろと指導者を探して、水泳とバイクの技術向上に努力されるのですが、なかなか思うように向上しない・・・そんなコーチを多く経験することによって、以下のような感想を記述している・・・

決まったことを、決まった手順で、決まった言葉を使って教えられる教師はいても、相手を見て、相手の能力や傾向に合わせて、自分の言葉を使って教えることのできる教師は少ない。というか、ほとんどいないと言っていいかもしれない。(p.236)

つまり、「教師というのは、相手によって、決まったことを、決まった手順で、決まった言葉使ってもダメだよ」と主張しているわけです。「相手の状況をきちっと把握した上で、その相手に合わせて、独自のことを、独自の手順で、独自の言葉を使って教える必要があるんだよ」と。これ、解かっているようでなかなかできません。コーチに限らず、私のようなコンサルタントでもまったく同様のことが当てはまると考えています。ただ、相手が「ジュニア」である場合は、こうした内容を知って指導するのと知らずして指導するのでは、やはり大きな差が出るような気がしています。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *