「情報」という授業があるらしい・・・


2011年11月19日・・・運命の日(大学の2次試験:英語と面接)だったわけですが、どうやら英語は惨敗、面接は記憶なし、という結果だったようです。試験当日はあまり緊張しなかったそうですが、この1週間、いろいろと英語や面接に対して指摘され、「吐きそう」なくらい緊張した1週間だったそうです。後は結果を待つだけですが、どうやら期待薄・・・娘本人から「期待しないでね・・・」とのこと。まっ、終わったことですから運命の行方を待つしかなありません。

そんな中、面接では調査書に関しての質問があったそうです。調査書とは、いわゆる高校の成績で、内容を確認していません(というより、内容を確認してはいけない!)。以下、娘の話から・・・

面接官:「調査書、他の受験生と比べても素晴らしい成績のようですが、「情報」の成績が悪いですね!」
娘:「あっ、はい」
面接官:「どうして??」
娘:「高校の先生からは、タイピングが遅い、と指摘されました・・・」
面接官:「あっはっは・・・そりゃ大変だね。それで成績が落とされているの?」
娘:「そうだと考えています・・・」
面接官:「ふ~ん・・・」

私個人としては、「情報」という授業自体が調査書の対象になっていることに驚きましたが、長女曰く「今の高校では情報って必修だからね!」とのこと。いったい何をやるのかといえば、高校によっても違うようですが、いわゆるコンピュータのことを授業で学ぶようです。インターネットやウェブ、更には Word や Excel を学ぶそうです。

上記の面接が本当であれば・・・「タイピングが遅い」ということで成績が落とされる、なんてちょっと考えにくいのですが。そもそも面接官の質問の意図が不明。ただ、調査書がかなり有効そうだ、とは感じましたが。そう言えば、私もタイピングが遅いのでは有名です。ブラインドタイピングなんてできませんし、両手で3本位しか指を使わないし、打鍵が強過ぎて「うるさい」と指摘されることがしばしばだし・・・

DNA はしっかり受け継がれているような気がする・・・

2011年:月間アクセスランキング
2011年
7月 8月 9月 10月 11月 12月
Ranking1

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

2 comments

  1. Zero Cool より:

    星香さん
    コメント、有難うございました・・・タイピングが遅い、程度で成績を落とされているとは信じ難いのですが・・・本人は、まさか情報の成績を質問されるとは考えていなかったようで、かなりビックリしたようです。

    私が2次試験を受けたわけではありませんが、本人以上に緊張していたりして・・・望みは調査書のみ、といったところです・・・(汗)

  2. 星香 より:

    2次試験、お疲れ様でした!

    良い結果が来ますように!

    情報f^_^;)うちの娘も、休み時間誰よりも早く、
    パソコンで練習していたのに、4を付けられたと、
    怒ってました(^^;;厳しい点数付ける先生なのかも⁇
    ですね♪( ´▽`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *