初志貫徹の大学受験が終了しないことには・・・


2011年も残すところ後2ヶ月・・・最近、本ブログの投稿記事のアップが滞っていますが・・・何もサボっているわけではなく、娘の大学受験真っ最中ってことでお許しを。何せ、落ち着いていられない状況でして、詳細は無事に大学合格をみたら現在のプロセスを書き綴ろうと考えているのですが、何と言っても12月までは継続して受験なので。

と言ってもちょっとだけ経過報告を。

娘は、結局は周囲の勧めや学校のプッシュをも押しのけて、自分の考えを全うしています。周囲からは、テニスの戦跡や学校の成績を使って「進学を確約してくれる」大学へ行けと薦めてくれたのですが、それは全て受け入れませんでした。学校からは、成績(つまり評定)での指定校推薦でテニス強豪大学へいけ、とも言ってくれましたがそれも受け入れず!

高校入学前から考えていた大学へまっしぐらです。そして先日、その大学の1次試験(書類審査)の合格発表がありました。書類審査は、主に志望理由書、高校の評定、そしてテニスの戦跡で決められますが、スポーツだけではなく、その他、文化活動や特別な資格保有者(英語や数学オリンピック等々)も応募しますから、まったく予想が付かない・・・合格発表前は、娘は「駄目だったときは駄目だったときだな・・・」なんて笑っていたのですが・・・

結果は・・・無事通過!

本日、1 次試験合格の通知が来ました。まだまだ、これから英語と面接での 2 次試験がありますし、過去の応募・合格の実績を調べてみると簡単ではないので油断できません。ただ、1 次試験の合格を手にした娘は・・・「こうがくした~」と号泣していました。

周囲に流されるところがこれまで多かった娘にとっては、清水の舞台から飛び降りる思いでの大学受験への決意でしたから、喜びもそれなりだったのでしょう。何と言ってもこの合格がなければ、高校の学校長推薦で別の大学を受験する気でいたのですから。ただ、この合格で、学校長推薦の資格を失いました・・・第2志望として学校長推薦を受けることはできない、という高校のルールがあるから。

これで、後にも先にも昔からの第一志望一本です!運命やいかに・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *