トップ 10 中 7 選手がテニス!「2011年度 女性アスリート 長者番付 トップ10」


「フォーブス」という雑誌はご存知ですか。通常のビジネスの世界では知らない人はいないかもしれませんね!その「フォーブス」誌、毎年、面白い長者番付を発表してくれていますが、その中に「Highest-Paid Female Athletes」があります。そう、いわゆる「女性アスリート長者番付」です。プロフェッショナルの選手達ですから、当然こうしたリストは気になるはずですが・・・

上記、2011年8月に「「2011年度 女性アスリート 長者番付 トップ10」が公開されていますね!なんと・・・Top 10 中 7 人がテニスの世界からのリストです!これがテニスの魅力といえば魅力ですが・・・ちょっと端的に分析と解説をしているウェブページがありますのでちょっと引用しておきましょう。

「CUBE New York- Entertainment News」より・・・

毎年、様々な長者番付を発表しているフォーブス誌であるけれど、8月に発表されたのがアスリート 長者番付 トップ10。
2011年度のランキングは、2010年6月から2011年7月までの年収を計算したもので、 トップ10のうち7人がテニス・プレーヤーという結果になっています。

2011年度にNo.1 の座に輝いたのは、過去数年、同ランキングのトップを独走中のマリア・シャラポヴァ。 2位である同じくテニス・プレーヤーのキャロライン・ウォツニアキの2倍を稼ぐ、圧倒的な稼ぎぶりであるけれど、 その収入の大半は、CM出演を始めとするスポンサーから支払われるギャラ。 特に、彼女がナイキと交わしている契約は、男女のアスリートを問わず、 最も高額なものの1つ。これは、マリア・シャラポヴァは、ナイキで自らのテニス・ウェアのラインを 発売しているほかに、ナイキの傘下にあるコールハーンでも自身のフットウェアのラインを手掛けているため。他に、タグ・ホイヤー、エヴィアンなどもシャラポヴァが広告に出演しているブランド。(中略)

2位のキャロライン・ウォツニアキは、アディダスの契約プレーヤーで、アディダス・バイ・ステラ・マッカートニーの 着用を唯一許されているプレーヤー。

(中略)

男性のアスリートの長者番付とは異なり、個人プレーのスポーツからしかトップ10にランクインしていないのが 見て取れるけれど、実際に女子スポーツ界の場合、(中略)あまり人気が無いカテゴリー。

その一方で、個人プレーのスポーツとなれば、チームの一員ではなく、自分だけでプレーをしてだけに、 試合中にTVに映る時間の長くなる上に、顔と名前が人々に認識され易いのは当然のこと。 特にテニスは、馴染みのあるスポーツである上に、年4回はグランドスラム・トーナメント(全豪、全仏、全英、全米の4大大会)の度に、 大きなニュースになるスポーツ。加えて、試合が放映されれは、2時間程度の放映時間中、2人のプレーヤーしかTVに映し出されないので、 ゴルフやフィギュア・スケートよりも、ずっと知名度を上げ易いスポーツ。 またミニスカートのテニスウェアは、男性ファンにもアピールするとあって、スポンサーが付き易く、 その結果、プレーヤーの収入も増える傾向にあるようです。

(中略)

女性アスリートで、史上最高額のプライズ・マネー、すなわち賞金額を稼いでいるのは、 セリーナ・ウィリアムスで、そのキャリアを通じた賞金総額は $33ミリオン (約25.3億円)。

来年のこのランキングでアップが見込まれるのは、中国人プレーヤーとして初めてフレンチ・オープン、及びグランド・スラム・トーナメント に勝利したリ・ナ。多くのブランドが中国市場へ進出するために、最高のスポークス・パーソンを模索している中、 オーストラリア・オープンで決勝進出、そしてフレンチ・オープンで勝利を収めたリ・ナは、 メルセデス・ベンツ、ロレックス、ハーゲンダッツ等と、それぞれ億円単位の広告出演契約を交わしており、 その契約金を含めると、既にマリア・シャラポヴァに次ぐ、No.2になっていることが伝えられています。

中国では卓球が人気というイメージが強いですが、リ・ナが勝利を収めたフレンチ・オープン決勝の際には、 卓球のトーナメントが中止になり、国内放送の複数のチャンネルがフレンチ・オープンを放映していたとのこと。 今や中国では、バスケットボール、サッカーに次いで、テニスが第3位の人気スポーツになっていることもあり、 今後、リ・ナは 益々スポンサー収入を増やしそうな気配です。

同じテニス・プレーヤーで、昨今、全くと言って良いほど本業のテニスが振るわないのがアナ・イヴァノヴィッチ。 でも彼女は、そのルックスの良さで 既にアディダスと生涯契約を結んでいる存在。
かつてアナ・クルニコヴァも、グランド・スラム・トーナメントで準決勝に進んだのが最高という成績で、女性アスリートの稼ぎ頭になったことがあったけれど、 男子スポーツ界よりも ルックスが収入に反映されるのが女子スポーツ界。
それだけに、マリア・シャラポヴァが過去数年、このランキングを独走状態なのは、納得がいく状況となっています。

日本人選手がリストされる日が来るでしょうか・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *