フェデラー選手よりもナダル選手よりもジョコビッチ選手にプロ中のプロを感じる理由


男子プロテニスに関しては、あまり本ブログで記述することがありませんが、今後はちょっとその傾向に変化があるかもしれません・・・私個人、「ノバク・ジョコビッチ::Novak Đoković」選手にかなり興味があるから。フェデラー選手もナダル選手も素晴らしいと思うのですが、ただそれだけでした、私の中では。しかし、ジョコビッチ選手は、圧倒的な存在感が私の中にあるのですから・・・

YouTube から以下の動画を見つけました。まさに私にとっての理想像・・・

私にとって、プロ選手とは圧倒的な存在感が必要だと考えています。存在感は、単純に強いだけでは不足で人間として興味を持たれるような特徴が必要で、素人目線で普段いられることが重要なそうです。このジョコビッチ選手は、World No.1 でありながら、テニスファンと同じ目線を決して忘れません。それが時にはちょっと行き過ぎる傾向があるようですが、それが良い!フェデラー選手には近寄り難い強さを感じましたし、ナダル選手には圧倒的な紳士感を感じましたが、試合を観戦したいな~という領域には至りませんでした・・・しかし・・・ジョコビッチ選手の試合、観戦してみたいな~試合中、強さの中に観客と一体化(見方につける)、試合後のファンサービス、それでいて多彩なショットバリエーション。まさに私にとっては圧倒的な存在感があるように感じられるのです。

暫く、ジョコビッチ選手から目が離せません・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

2 comments

  1. Zero Cool より:

    K さん
    コメント、有難うございました。
    実は私、あまり男子には興味がなかったのですが、最近では男子ばっかりが気になります。
    結局は、人間的に成長しなければ強くもならないし、ファンも増えないということなんでしょうね。改めて、そんな気がしています。

  2. K(ケイ) より:

    WOWOWの番組はご覧になりましたか?きっと増々大好きになるはずです!

    私は以前はちょっと「チャラい」という印象もありました。ところが今はNo.1の自覚が充分で立派なチャンピオンとしての振る舞いが出来ていると感心しています。

    きっと先人たちが立派だったことが影響しているのだと感じます。特にナダル選手の謙虚さは本当に尊敬すべきだと思います。
    彼らをみて、プロ意識が高まったことも飛躍の一因ではないかと感じます。

    ジョコビッチ選手はあの大震災の時にもいち早く日本へのメッセージを発信してくれました。日本人としてどれだけ勇気づけられて嬉しかったか…感謝の気持ちでいっぱいです。多くのテニスファンが彼に対して感謝の念を持っているはずです。

    WOWOWの番組ではグルテンフリー・ダイエットの為にお米を食べる(お寿司も大好物とか…)という事が紹介されていました。
    日本人として、彼の日本のおいしいお米を届けたい!と強く思ってしまいました。
    どこかの地方の農家の方が地元産のお米をローマ法王に献上してブランディングに成功した例をご存知ですか?
    是非ともジョコビッチ選手に日本のお米を献上(?)して、知名度UPしようとする農家が現れるといいな、と秘かに思ったりしています^^

    日本に来てくれたら…有明には大観衆が訪れて、彼に「ありがとう」のメッセージを熱く熱く伝えるのではないでしょうか?
    是非とも来日を実現して欲しいと願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *