大学進学の考え方


9月も中旬を超えました・・・そろそろ少しずつ周囲が大学進学に関して騒がしくなってきました。誰がどこの大学に内定したとか専門学校に決まったとか。我が娘の高校も10月に指定校推薦の候補者の最終決定を控え騒がしい。

「指定校推薦で受験しないのか?テニス、やりたいんだろ!??」

高校の先生から何度も上記の様な指摘をされたようです。しかし、どうやら娘が進学したいと考えている大学ではないらしい。一応、娘は娘として志望校があるようで・・・というよりは、かたくなに第一志望から第三志望までの進路を変更したがらない。親としてもいろいろな進路を推奨しましたがかたくなに我々の推奨はNGです。

今週末、娘達が外出している間に我妻と長~い夫婦会議。結論は、娘の考え方に従おう、ということになりました。

実は、私自身、高校生の時に両親の勧めもありいくつかの大学を受験しましたが、結果としては自分が考えている大学には進学できませんでした・・・これが心のどっかに引っ掛かっています。現在のコンサルタントという職業はその大学に行っていなければ無かったのですが、それでもどっかで拘っている。もうちょっと違った人生があったかもな~なんて考える日がたまにあるわけです。後悔しているわけではありませんが唯一、自分で何も考えずに両親の言うがままに進路を決めてしまったからかもしれません。

そんな経験を我妻にも話し、最終的には本人の志望を貫かせる・・・それが一番後悔のない選択のようです。「進学」だけを考慮して「どこでも良いから大学へ」という考え方を捨てることにしました・・・まっ、これで娘のモチベーションが上がればそれはそれでよし。

昨日は、久し振りに練習を観に行きました!1ヶ月振りくらいでしょうか。手首の痛みはいまだとれていないようですが、ストロークのスピードが増している!アプローチショットからネットへ出てボレー、ボレーといった連続ショットにも磨きがかかっているようです・・・受験勉強がありますから練習量は以前に比べれば少なくなっていますが、その分、手首の痛みをリハビリテーションで軽減するように努力はしているようです。テニスに関しては、丁度良いスローペースになっている、といったところでしょうか。

まだまだこれから・・・じっと今は見守るしかないようです。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *