「策」に溺れる!?


「弟90回毎日テニス選手権」では Best 32 という戦績で、想定以上の試合内容での勝利があったので、今回のエントリーである「2011 ひまわり 3」への参戦はちょっと期待したのですが・・・結果は、本戦1回戦で 2-6、1-6 であっさり敗退・・・どうなってんの!?

本人曰く・・・「高くバウンドさせようとスピンを駆使したつもりだったけど・・・最後まで、リターンが浅くてチャンスボールになってしまった」とのこと。更には「ちょっと策に溺れたね・・・」だって!

これまでのような敗戦後の悲壮感はないもののもうちょっと工夫出来たんじゃないの、とも感じたのですが、確かに上記の本人の言葉通り、全てのショットが浅くなっていた。手首の痛みが多少復活していたようですが、それよりも前日に本気モードで高校3年生の男子と練習してパワーショットで練習していたようです・・・「ちょっとね~疲れちゃっていたよ・・・」とのこと。練習配分、まったくもって幼稚だと感じましたが・・・

それよりも気になったのは、仕掛けるのがちょっと遅い!セカンドセット、0-3 となって初めてサーブ・アンド・ボレーを仕掛けたり、アングルショットからネットを獲るような場面もありましたが、まるで「一か八か」といった展開でした。また、全体ストロークが「浅くなっている」ところにドロップショットをやってもね~「あっ、それね・・・気が付いたんだよね~」って反省はあるものの試合中に気が付かないとね!

敗戦後の悲壮感がなく、試合の反省するところは大きな進歩ですが・・・もうちょっと賢くなって欲しいと考えているのですが・・・受験が気になっていることは間違いないし、ここの所練習時間が短くなっていますから、今回はしょうがないかもしれませんが、次回に期待したいと思います。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *