試合で「練習していることは全てやってみた」とは言うけれど・・・


お盆の季節になりました。毎年、この時期になるとジュニア時代であれば、あっちこっちの大会へエントリーしていたり、全国大会が開催していたりと、お盆なんていう意識はなかった・・・って、結局はジュニアを卒業しても、どうやらそうした状況は変わらないようです・・・

我が娘、「第90回 毎日テニス選手権」に参戦しました。2次予選の1回戦。結果は、62、64 で勝利しましたが、凄まじいほどいろんなことを実践していました。サーブ・アンド・ボレーを含めたネットプレーは勿論ですが、ドロップショットにアングルショット。セカンドセットで、「どうしてサービスリターンからそこまでオンコート!??」と思えるほど攻めるテニスを展開したり・・・

「練習していることは全てやってみた!」とは本人のご意見。ただ、続けて「ほとんどミスった・・・」とのこと。観戦している方からすれば、「あれだけいろんなことを実践したのは初めてだよね」ってことなんですが、本人はかなり不満だったようです。まっ、何度も何度も、同じような実践練習をするしかないと信じていますが・・・

ちょっと成長を感じた場面がありました。ファーストセット、3-2 リードまでは、ミスショットが多発するも攻めるテニスは圧巻でしたが、「余りにもミスショットが多いな~」とか「そんなに攻め急がなくても良いのに・・・」と思っていたのですが・・・本人もそう考えたのか、ムーンボールを入れて、ストロークをスローダウンした!まるで、自分の攻めのパターンをしっかりと待っていた感がありました!試合後に、「ちょっと緩急を意図的に試した」と主張していましたから、自分でも気が付いたのでしょう。

初めてです!耐えるようなテニスを実践するのは!!これは大きな成長だと信じたいのですが、娘の場合、たまたまできた・・・ってこともありますから、ちょっと確信するまでにはもうちょっと時間が必要ですけど、間違いなく試合内容に変化が出始めました!

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *