インサイドアウト、どうして回り込む!?


久し振りに娘の試合を見てきました。少しずつですが、ストロークにパワーが備わってきたように見えましたし、コーチからも「インサイドアウト」が強烈になってきた、との指摘もありました。ただ、本人は至って冷静で、まだまだ凡ミスが多いとの反省もあるようです。って、やっとそうした反省するといった自覚が出てきた!日常で、フォアハンドは、かなり念入りに練習をしていますが、コーチが日頃から練習中に「インサイドアウト」という声を掛けるので、以前から「それってなんなのかな」とこれまで今一つ理解していませんでしたが。どうやら「回り込んでワイドオープンに打つ」ということらしい。

そこで、「確か回り込み」に関する投稿記事を以前見たような記憶があり、探しました!そして見つけました!!「 tennisnakama.com テニス仲間::マドリッドマスターズ:錦織 vs リバ戦から学ぶ(技術編)」というのがそれ。ちょっとレベルが違いますが、ナダル選手を取り上げているのも好都合で我が娘と同じサウスポー。

どうして回り込んで打ち込むのか・・・ちょっと引用しておきましょう。

クロスオーヴァーで回り込みフォアハンドで打つ なぜフォアに回り込むのか? 相手にとっては、インサイドアウトとダウン・ザ・ラインのどちらに打ち込まれるのかわからず、しかもフォアですのでウィナーが打ち込めるメリットがあります。 ここで重要なのはクロスオーヴァー Crossover と呼ばれるフットワークです。ナダルのステップをご覧になってください。早くポジションにつくことができ、しかも勢いがつきますのでショットにパワーが生まれます。このクロス(クロスオーヴァーの省略)は今日のテニスには不可欠なフットワークです。 シャフルはオールドスクールのフットワーク。クロスで試しに大股気味にできるだけ早くポジションにつく練習をしてみてください。早くヒッティングポジションにつくことができれば、パワーを溜め込みウィナーを打つことができます。 打った後は、従来はシャフルでセンターに戻っていましたが、これをクロスに変えます。できるだけクロスを使うことによって、クロスに慣れていくだけでなくリズムが生まれます。

私は、クロスオーバーも重要ですが、サイドステップでの回り込みもできるようにしておいた方が良いような気がします。ただ、ヒッティングポジションに速くつくことは重要な成功ポイントのようですね!まずは、レベルは違えど、こうしたショットを試合中にできるようにすること・・・回り込むとオープンスペースが大きくなるため、それを覚悟で回り込むメンタルも必要だろうと私は考えているのですが・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *