フットワークは技術だ!?サイドキックを中心に・・・


最近、再度、娘のフットワークのトレーニングに付き合っています。娘がコーチからのレッスンで指摘される内容で、いくつか気が付いたことがあるし、これでもまだまだフットワークに関しては、娘には負けないと信じているし。

どうもテニスという競技は、以前にも指摘したのですが、バスケットボールに比べると共通点が多いにもかかわらず、フットワークのトレーニングに割く時間が少なすぎるように感じています。私が中学生の時の部活動では、2時間はたっぷりとフットワークだけだった!(ボールを触らない!)

早速ですが、バスケットボールでも最も基本とされるサイドキック。下記、YouTube から見つけてきました!(ここから先は、私が専門的な知識から記述しているのではなく、あくまでも自分の記憶から解説しているにすぎませんので、参考になるかどうかは不明です。あくまでも、娘とやっているフットワークの日記として理解して下さいませ)

上記をベースに、最近娘に対してやっているフットワークをおさらいしておきます。

高く飛ぶサイドキック

動画は、私から言わせるとかなりテンポが速い!もっとゆっくりと、その代りできるだけ高く飛びます。できれば、キックした足のももがお腹にくっつく程度に持ち上げます。また、サイドキックの時に、必ず正面を見ること!ボールが来る方向を必ず意識することが重要です。更に、飛んで着地した時に、フラフラとせず、ビタッと停止することが重要です。

このサイドキック、前進しかないようですが、娘には、バックもやるように指示しています。つまり前進から後退(当然、前を見てサイドキックで後退していきます)と連続でやるようにしています。「速く」よりも「高く」を意識します。

遠くに飛ぶサイドキック

高く飛ぶサイドキックから、今度は遠くに飛ぶサイドキックです。重要なことは、遠くへ飛んで着地した時にふらつかない様にすること!勢い余って外側にぶれてしまうことが多いようですが、それは御法度です。もう一つ重要なことは、腰の位置が可能な限り一定にすること。腰が上下に移動しないように練習することが、実践では重要です。こちらも後退を実践します。

速く動くサイドキック

高くでもなく、遠くでもなく・・・とにかく速く動くことを意識してのサイドキックをします。重要なことは、やはり腰の高さがぶれないこと!着地してからの切り返しを速くすることが重要ですが、きちっと飛ぶことが重要です。細かすぎる歩幅にならないように、動画にもあるような線を基準にすると良いでしょう。この時も必ず正面を見据えてやること。後退もやります。

手を地面に着くサイドキック

サイドに飛んで、着地した時に外側の手をきっちりと地面に着きます。とにかくバランスが重要です。最初は、慣れないとかなり手をつくの面倒ですが、手をつくことによって、腰を下げ、低い重心を実現できるはずです。この時も、必ず正面を向くこと。下を見ないように注意することが大切です。更に、同じように後退もやります。

サイドキックとしては、上記の4種類。本当は、足をクロスするサイドキックもしたいのですが、今の娘には過酷!?過ぎるかもしれませんからやっていませんが。これって、きっとどのスポーツでも基本中の基本だと思いますが、これまでは、余りじっくりと教えたことがありませんでしたが、今回はみっちろと教え込みました!実践で効果が出てくるまでには少なくとも6か月は継続する必要があるでしょうね~

上記に加えて、サイドステップを教えて、みっちり2時間・・・やっぱり2時間なんて簡単に過ぎちゃいますね・・・次の日・・・「ふくらはぎが筋肉痛だ~」と騒いでいましたから、それなりに効果はあったのでしょう。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *