女子の世界、ゴルフと卓球とテニスと・・・


TBS 系の番組で、「全米女子オープン 2011」の放映をしていました。宮里美香選手と宮里藍選手が現在予選を終了して、1、2位です。はらはら、どきどきしながら観戦していましたが、爽やかな二人!良いですよね~日本人が外国で活躍する姿を見るのは。

と、放送を見ながら・・・「そういえば、女子プロゴルフには世界ランキングがあるはずだよな~どうなっているのかな」なんてふっと思ったので調べてみました!ついでに、最近!?人気のある卓球も。すると気になる結果が明確になってきました。まずは、データを一覧にしてみましょう。

世界ランキング 50位以下の選手数(ゴルフ、テニスは、2011年7月4日現在、卓球は7月1日現在)
ゴルフ 卓球 テニス
10選手
宮里藍選手(9)
横峯さくら選手(18)
6選手
福原愛選手(8)
石川佳純選手(9)
2選手
森田あゆみ選手(46)
クルム伊達公子選手(50)

上記だけで種目の人気度を判断するには単純すぎる感じはしますが、それでも種目ごとの差は歴然としています。ゴルフは、10名の背化ランキング上位が存在していて、しかも Best 10 に宮里藍選手が君臨している!卓球は、世界の Best 10 に福原愛選手と石川佳純選手の2選手がしのぎを削っている。ではテニスは!?残念ですが、2選手が50位の最後尾・・・伊達選手こそ、年齢的な話題を呼んでいますが、森田選手に関しては、テニスに関わっていない方々は、ほとんど「そっれって・・・誰!??」と名前の認知度さえない状況です。

ゴルフ、卓球、テニス・・・種目が違うから当然なんでしょうか?私個人としては、「同じ」個人競技。もっともっとゴルフや卓球界を参考にしていいのではないでしょうかね、テニス界は!

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *