トップスピンの練習方法


ストロークの改造が始まってどれ位の時間が経過したのでしょう・・・肩から始動して、体が回転・・・腕が出て最後のラケットが出てくる。最良の回転は、「トップスピン」という過程。練習中には、かなり様になってきましたが、まだまだ試合で緊張する場面になると、プッシュアウト(私が勝手にそう呼んでいますが、いわゆる手打ちです!)が多くなります。

まだまだ、トップスピンのかかり方が弱くて、ベースラインをはるかに超えていく・・・といった場面があります。トップスピン・・・まさに、そのトップスピンに関する投稿記事を発見しました。その投稿記事は、「濱浦貴光 公式ブログ::より速く、より高く・・・」ですが、練習の方法とトップスピンの理想が記述されていますので、ちょっと引用しておきますね。

現在のATPツアートッププロのラリー中のネットを超えるボールの弾道の高さは平均 80~90cm 以上です。(+フルスピードですよ)

彼らは平均 185cm を超える体格の持ち主ばかりですので、平均的な日本人の身長(175cm?)とは、打点の高さが違うので単純な比較は出来ませんが、それでもネットの上に 60cm くらいでロープを張ってフルスイングとフルスピードのボール(トップスピン)でボールを打つ練習をしてみて下さい。余程、下半身の力も使ってフルスイングしない限りボールはネットを超えてコート上には落ちてくれないでしょう。かなりキツい良い練習になります。

しかし、ネット上 60〜80cm 以上をフルスピードで通過した後、スピンにより急降下して更に大きく弾むボールというのは相手に対して非常に攻撃力のあるボールとなります。

女子だともうちょっと低くても良いのかもしれませんが、「山なり」のボールではなく、トップスピンです。トップスピンの場合、空気抵抗の影響で、ベースライン際で、ボールが「グイッ」と落ちるはずで、その点を表現しているんですよね。更に、ボールが「グイッ」と落ちた後、バウンドして今度は「グイッ」と跳ねるはず!日本特有のオムニコートでは確認しずらいかもしれませんが、それでもこうした感覚は重要です。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

2 comments

  1. Zero Cool より:

    双子パパさん
    コメント、有難うございます。良いですね~濱浦コーチのレッスン!ブログからひしひしと伝わってくる感じがします・・・

    早速ですが、娘の担当コーチは、「ボールをつぶし、ベースライン間際でスコンと落ちるイメージ」だそうで娘もそれで理解しているようですが、観戦している私には良く解りません・・・(笑)なるほど、頂いたコメントでイメージできますよね!遠く・・・ということは、ベースラインに近い(深い)と理解できますから、きっと正しく理解していると思います。

    今後とも宜しくお願いします。

  2. 双子パパ より:

    Zero Coolさん
    初めてコメントさせていただきます。ずいぶん前の記事へのコメントですみません。
    私はドイツ在住で濱浦コーチのプライベートレッスンを彼の予定が許せば週1回ペースで受けています。テニス好きですが大したレベルではない私をドイツリーグの試合に無理やり入れていただいたり、いつも彼の熱い指導には本当に感謝・感謝です。この濱浦コーチの”より速く、より高く、、”の記事ですが実は私が同じような内容のショットをレッスンで練習した数日後に彼のブログでアップされました。記事以外で重要なことを濱浦コーチが私にいっていたので、自分が忘れないためにもZero Coolさんにお伝えしたくコメントさせていただきます。
    濱浦コーチ曰く、トップスピンを打つとき気をつける意識はボールが急激に落下するところをできるだけ相手のコートの遠くにもっていけるようにということです。言葉で説明するのは難しいのですが、通常フラットの山なり球は自分のベースラインから相手のベースラインまでの軌道がほぼネットの上を通るときが最高到達点(高さ)となると思います。私の場合トップスピンをしっかりかけて振り切れたときはイメージとして最高到達点(高さ)がネットを越えて数メートルのところにあると思います。それをできるだけ相手のベースライン近くまでもっていけるようにということでした。またいつも実際できなくてもなるべく遠くにと意識していないと質の高いトップスピンは打てるようにならないとのことです。
    参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *