Android スマートフォン、遂に「モバイルSuica」に対応する!


何度も何度、スマートフォンに関する投稿記事を公開してきましたが、今一つ、決心がつかず、投稿記事にしては、だらだらと迷っていました・・・理由は、明確で、スマートフォンが「モバイルSuica」に対応していないから。何と言っても、通常の通勤費用に加えて、旅費が毎月5万円~10万円ほどあり、全てを「モバイルSuica」でこなしているから。

しかし、今度は機種変更で FOMA から 祖マートフォンへ!ただし、7月23日以降になりますが・・・ウェブページ「ASCII.jp::やっと来た! AndroidスマホのモバイルSuicaが7月23日開始」を見つけたから!ちょっと引用しておきましょう。

今年の夏モデルでも国内メーカー製Android端末の多くで搭載されていた「おサイフケータイ」。

(中略)「モバイルSuica」のサービスは開始されておらず、「それじゃあスマホに移行できないよ」と感じていた人も多いのではないだろうか。そんな人にも朗報。おサイフケータイ対応Android端末上でのモバイルSuicaが7月23日に開始される。

利用できるサービスは、SF(電子マネー)のチャージや履歴表示のほか、定期券やSuicaグリーン券の購入、ビューカードを用いたオートチャージに加え、JR東海が提供する「エクスプレス予約」にも対応するなど、ほぼモバイルSuicaのフルサービスである(銀行からのチャージサービスは今後詳細を発表予定)。Android端末らしい機能としては、残金確認ができるウィジェットが用意される。

サービス開始日は混雑を回避するためにキャリアごとにアプリ提供開始時間を分散する。現時点では7月23日の4時からドコモ、12時からau、16時からソフトバンクの予定となっている。

私、ちょっとマークしておきましたが、「銀行からのチャージサービス」がどうしても欲しいところです。毎回、銀行から引き落としを実行して、更に「モバイルSuica」にチャージするなんて、ちょっとめんどくさい。銀行もスマートフォンに対応してもらわないと!でも期待大です。

「JR 東日本」の「モバイルSuica」に関する最新情報を下記に掲載しておきます。

Unable to display PDF
Click here to download

上記の「スマートフォンの銀行対応」っていうのがちょっと気になって、自分のメインバンクである「三菱東京UFJ銀行」のウェブを確認すると・・・あれっ!?いつの間にかスマートフォンで利用できるようになっている!ただし、アプリケーションがあるわけではなく、「スマートフォンに対応した、見やすく分かりやすい画面」ということらしいですが。「三菱東京UFJ銀行::スマートフォン向けインターネットバンキング」をちょっと引用しておきましょう。

スマートフォンでのお取引は、ブラウザ方式でのインターネットバンキングの一部としてのご提供となります。
※アプリ方式での提供ではありません。

  • 残高照会
  • 入出金明細照会
  • お振り込み
  • お振り替え

「おさいふケータイ」への対応に関しては、全く記述がありませんから、これから期待、といったところでしょうか。上記であれば、パソコンでできますから、モバイルというよりも単純にネット端末で操作できる・・・程度ですからね。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *