WTA のロゴは、2011年の新たなトレンド


20110515_wta_logoいつもウェブサイトに関しては、趣味とはいえ、世間からバカにされないようにと日夜勉強しています(って、いつものことですが大袈裟です)。勉強は当然、ネットから吸収しながらですが、そんな勉強や参考なるサイトで、ほとんど全てに目を通している「コリス」というブログサイトがあります。投稿記事は、本当に参考になります。

そして、また参考にと考えて、公開された投稿記事を拝読していると・・・何と WTA のロゴが掲載されている!その投稿記事は、「コリス::2011年のロゴのトレンド -2011 Logo Design Trends」です。投稿記事では、「logolounge で紹介されている2011年の15のトレンドのロゴデザインとその簡単な説明」とあり、その中の「Gradients::線形のグラデーションを使ったロゴデザイン」に WTA が掲載されている!

なるほど!線形のグラデーションはトレンドなんだな・・・と考えながらも、投稿記事の基となるウェブサイトも気になる。そこでリンクをたどって、「LogoLounge.com Article – 2011 Trends」を拝読。特に、「Gradients::線形のグラデーションを使ったロゴデザイン」に関する内容を引用しておきましょう。

Gradients

Not every trick in the designer’s palette has to be over the top: Subtlety can certainly play a role in the ongoing battle to capture the eye of the consumer. In a number of logo designs, a gentle linear gradation is taking hold—just a modest tweak to a flat, single color solution. The color gradation may be no more than a ten percent shift of color value, or it may be more dramatic, like Chermayeff & Geismar’s Women’s Tennis Association logo, which veers from a magenta to a deep violet

This direction allows designers to create a solution that visually coveys a message of motion or change in coloration but not through the vector shape or image. This is a continuation of trends identified over the last two years that have seen designers being more likely than ever to use the surface of a mark as an opportunity to introduce an additional statement.

From a technical perspective, this presents a formula and reproduction challenge that must be monitored. Simple linear gradations are notorious for shifting between platforms and file types. If monitored with vigilance, though, the rewards will exceed the grief.

私はデザイナーではありませんが、ちょっと知っていると得したような気分になる・・・特に、2011年のトレンドに沿っていて、線形のグラデーションを採用している!更に上記の内容から、WTA のロゴは、アメリカはニューヨークにある「Chermayeff & Geismar」が作成している。

すると・・・ありました!「Chermayeff & Geismar::Women’s Tennis Association」というウェブページが!

The Women’s Tennis Association is the governing body for women’s professional tennis. In 2010 the organization is relaunching as a brand independent of its sponsors. The organization asked Chermayeff & Geismar to design a logo that would help create independent brand awareness for the WTA.

We created a symbol that emphasizes the letters W, T, and A. The new logotype is straightforward and simple while also incorporating references to the sport: the oval shape of the mark alludes to both the imprint a tennis ball leaves on the court and the shape of a racquet, while the yellow circle recalls a tennis ball.

なるほど・・・上記がロゴのコンセプトということになるんですね!

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *