第64回千葉県高等学校総合体育大会テニス大会:高校テニス個人戦が終わった日


まだまだゴールデンウェークという方もいらっしゃるのでしょうね。娘がテニスを始めてから、このゴールデンウェークという言葉は、我が家にとっては、「テニス観戦の日々」となっています。今年もテニス観戦三昧の日々。「第64回千葉県高等学校総合体育大会テニス大会(個人の部)」が開催されました。

シングルスは、2回戦敗退、ダブルスは、Best 16 という結果・・・遂に、個人戦(シングルス・ダブルス)での全国大会、つまりインターハイへの夢は絶たれました・・・これで、高校テニスの個人戦の全日程を終了しました。高校テニスは残すところ、今月末に開催される「第64回千葉県高等学校総合体育大会テニス大会(団体戦)」を残すのみとなりました。

シングルスは、以前に比べれば、かなり粘りのテニスを実践していましたが、やはりここぞという場面で、チャンレンジできず。1-4 から 3-4 となり、3-5 から 4-5 といったスコアの場面もありましたが、自分のサービスをキープできませんでした・・・というより、シングルスでのファーストサーブは、2、3本入っただけ。4-5 では、ダブルフォルトも・・・これでは、勝てませんね。

ダブルスは、クロスのラリーが多過ぎ、ポーチにここぞというところで出れず。対戦相手に先行されての攻めに耐え切れず。最後は、娘のボレーが無常にもベースラインをオーバーしてゲームセット。

シングルスもダブルスも、技術的な課題よりもメンタル面での課題が目立ってしまいました。勝てそうで勝てないジュニア時代は、「ここぞ、という場面でチャンレンジ出来ない・・・」という課題が、結局は解決することなく遂に個人戦での全日程を完了しました。

ただ、これまで、1-4 というスコアから対戦相手を追い詰めるという場面は無かった!少しだけですが成長はしているのでしょう。ラリーで粘るシーンが多かった・・・欲を言えば、クロスラリーであれだけ耐えられるようになったんですから、練習の時のように、早い段階でダウン・ザ・ラインを繰り出せていれば、もうちょっと違った展開になったはずなのですが、やはり、それが出来ない・・・「怖い」と考えているんでしょう。

試合後、「ファーストサーブが入らない」ということに拘って、シングルスでは、3-4 の時も、4-5 の時も「どうやって、修正しようか」とか「また、ファーストサーブが入らないのかな・・・」とかを考えていたと告白していました。少しでも「追い詰めている!相手も焦っているはず」と考えることさえ出来れば、もっともっと良い結果がでたと思うのですが。

これで、高校テニスの個人戦の日程が全て完了したことになります。いよいよ、ジュニアの世界から卒業に近づいてきました・・・残すは、「第64回千葉県高等学校総合体育大会テニス大会(団体の部)」のみとなりました。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

2 comments

  1. Zero Cool より:

    丼さん
    コメント有難うございます。「お嬢様への愛情溢れる内容」かどうかは、ちょっと判断できませんが・・・笑)

    息子様、テニスで何か違ったきっかけを掴めると良いですね!テニスで人生が変わる、生き方が変わる・・・そんなテニスの存在を、娘に限らず、応援したい気持ちでいっぱいです。勝ち・負けといった世界かだけに拘らず、生き方にまで影響する素晴らしい出会いをテニスに期待しています。

    今後とも宜しくお願いします。

  2. より:

    はじめまして。息子が今年高校に入学し、中学時代に中断していたテニスを再開しました。
    中学時代不登校で悩んでいたのですが、テニスが充実した高校生活のきっかけの一つになってくれれば、と思っています。
    そうした中でネットを巡回していて、こちらのサイトを発見した次第です。
    いくつかの記事を拝読しただけですが、お嬢様への愛情溢れる内容に感動しています。
    お嬢様の健やかなご成長とご家族皆様のご健勝、お祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *