勝利のための 5 つの力:技術力、身体能力、戦略力、メンタル力、哲学!


【追記:2011年5月3日】
本投稿記事のベースになった Tweet に対して、「参考になる書籍に関する質問」をさせて頂くと、田中女史ご本人から Tweet を頂きました!せっかくですから、下記に引用しておきましょう。Tweet は 2 つあるのですが、引用に関しては、1 つにしてあります。

自分の言っている「選手としての自分は誰なんだ?」「なんのために、いつまで選手を続けるんだ?」というような自分の選手人生を考え、自分の選手人生に意味を持たせて自分だけの永続的なモチベーションを作り上げるという部分は、本ではわかりにくいというのが自分の経験です。ただ関連内容であればスポーツ心理学関連の self awareness というセクションのある原著であれば、どれでも一緒かと。自分の訳本では「スポーツ選手のためのキャリアプランニング」(大修館)でしょうか・・・

スポーツ心理学、以前かなり勉強しましたが、上記より、再度、勉強してみようかな・・・なんて考えています。

【追記:2011年5月2日】
偶然ですが、朝の報道番組に下記でご紹介した田中ウルヴェ京女史が出演して、「世界フィギュア選手権」の結果を講評していました。この世界選手権、安藤美姫選手に関しての解説で、下記の「哲学」に関して説明されていました。

「安藤選手は、この大会、どうして滑るのか、何のために試合に出場するのか、どうして戦うのか、といった根本的な考え方、哲学のようなものが確立できたんじゃないでしょうか・・・」

なるほど・・・下記の解釈は間違っていないようですね!

【公開時、投稿記事】
田中ウルヴェ京(@miyakoland)女史の Twitter に最近興味があって、常に注目していますが、とても興味深い Tweet がありました。田中女史は、ご存知の方も多いかもしれませんが、ちょっとプロフィールを確認しておくと、「1988年ソウルオリンピックのシンクロデュエット銅メダリストで、引退後渡米して、合計6年間の米国大学院留学でスポーツ心理学、ストレスマネジメント、キャリアプランニングを学ぶ」とあります。いわゆるスポーツ心理学のスペシャリストということになるのでしょうか。

そんな田中女史の興味深い Tweet を引用しておきましょう。

競技で勝つために必要なのは、技術力、身体能力、戦略力、メンタル力、そして哲学。英語ではtechnical, physical, tactical, mental, spiritual ですね。(@miyakoland さんの Tweet より)

日本では、心・技・体というのが一般的で、心は上記のメンタル力、技は勿論技術力(戦略力も含めてよいでしょう)、体は身体能力に相当すると考えていいでしょう。同じようなことを主張しているのでは、と考える傾向もあるかもしれませんが、ここで注目すべきは、やはり「哲学」を加えていること!

具体的に、何を「哲学」といっているのかは不明ですが、英語で spiritual と訳していますから、ここでは、人生観とか競技に対する強い想いといったところでしょうか。これは、これまでのスポーツ心理学では謳われていないような気がします。

どうしてテニスをするのか、今、自分はなぜ戦っているのか、そもそも自分はどうして生きているのか・・・そんな壮大な考え方が重要だと訴えているのでしょう。以前、私は、「テニス観」に関して、本ブログでも紹介しました(詳細は、投稿記事「テニス観の相違」を参照下さい)。 そうした根本的なテニスに関する哲学をどうやって抱くかが大きなキーである、と主張されているように感じます。

「グランドスラムに出場する・・・」こうした目標は、あくまでも目標であって「哲学」ではありません。自分が追求するテニスとは何か。そして、何のためにテニスで戦っているのか・・・そんな哲学を我が娘にも伝えたいと感じています。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

12 comments

  1. Zero Cool より:

    テニス親父さん
    以前は、そりゃもう酷いもので、リンク先で何かあると「父兄としてどう考えるか」とか「リンク先の内容と違うが、どう考えているのか」とか・・・もう言いたい放題になってしまって・・・一度、会員制にしてみたのですが、所詮、公開されている内容ですから・・・

    って、これ以上説明すると長くなるので・・・
    改めて、リンク有難うございます。今後とも宜しくお願い致します。

  2. テニス親父 より:

    回答ありがとうございます。
    では、こちらからはリンクはさせて頂きます。
    リンク先の事まで問い合わせがあるのですね。。
    今後とも宜しくお願いします。

  3. Zero Cool より:

    テニス親父さん
    お褒めのお言葉、有難うございます。

    早速ですが、リンク有難うございます。リンクを張って頂くのは、全く問題ないのですが、相互リンクに関しましては、残念ですがお断りしているのが現状です。以前、全く無頓着に相互リンクを受け入れていたのですが、リンク先の内容に関する問い合わせが激増して、収拾がつかなくなった経験から、相互リンクはお断りするようにしています。

    上記、ご理解頂き、今後とも宜しくお願い致します。

  4. テニス親父 より:

    コメントバックありがとうございます。

    既に十分本物の感じですよ!

    さて、唐突の依頼で申し訳ないのですが、
    最近、私もテニス関連のブログ(サイト)を
    立ち上げました。

    現在、相互リンクをして頂けるテニス仲間を
    探しているのですが、
    「Zero Cool」様サイトと
    相互リンクすることは可能でしょうか?

    当方リンク情報は以下となります。
    サイト名:テニス初心者入門ガイド
    URL:★ttp://tennisguide.blog65.fc2.com/
    (★をhに書き換えお願いします)

    誠に勝手ながら、当方サイトから
    「Zero Cool」様サイトへはリンクを貼らさせて
    もらいました。

    当方サイトからのリンクにつきましても
    問題があればご連絡をお願いします。

    恐れ入りますが、
    ご検討よろしくお願いいたします。

  5. Zero Cool より:

    テニス親父さん
    コメント有難うございました。その通り、本ブログは、WordPress で運営しています。まっ、どちらかというと趣味の領域ですが、可能な限り本物!?にしたいな、とは常々考えているのですが・・・

    テニスに関しては、全くの素人ですから、勝手気ままに、それでいてちょっとだけ辛口でテニスを語っています。また、宜しければコメント、お願いしますね!

  6. テニス親父 より:

    初めまして!
    ネットサーフィンしていて訪問しました。
    このブログWordPressで作られているのですね。
    WordPressテニスブログ初めて拝見しました。
    私にもテニスをしている息子がいまして、
    テニスと勉学の狭間で、勉学の方が遅れを
    とることが多いです。
    そこでよく、何のためにテニスをするのか? とか
    家族で問いかけます。
    難しいテーマだと思いますが、何にでも哲学は
    必要だと思います。
    深さも大事ですよね。
    いろいろと興味深い記事に感激しました。
    また遊びに来ます!応援ポチッです。

  7. Zero Cool より:

    K(ケイ)さん
    ハングリー精神ですか・・・実は、日本には無欲の勝利なんて言葉もあるんですよね!どうもハングリー精神と無欲の勝利ってのは、相反するような気がしていて。ただ、「国」を背負ってとかいった感触は、あまりテニスには向いていないのかもしれませんね・・・G-Project に選定された選手が、「ダブルス強化・・・冷静に対応します・・・」ってコメントを公開しているのを見て、「な~るほどな~テニスってそうした感覚なんだな・・・」と思ったのを記憶しています。

  8. Zero Cool より:

    toyo さん
    私もまったく哲学なんて考えもしなかったし、意識したこともないので・・・というより、これまでは「哲学」やっている人は「???」なんて考えていましたから。笑)

    ただ、テニスって何だろう、とか、テニスの根源は、なんていうことは考えて欲しい。私は、バスケの発想の地まで確認しに行きましたし。それ位は、覚悟してテニスして欲しいな、なんてことは考えています・・・笑)

  9. K(ケイ) より:

    言葉って面白いですね!?
    日本語では「心技体」という素晴らしい言葉があります。
    spiritualは心に含まれていると思いますが、細かく分類して「心」の中に「哲学」があるのですね!

    田中女史の意図としては、安藤選手の「モチベーションの違い」というものをクローズアップしているように感じました。確かに他の選手に比べて安藤選手のコメントには重みのようなものを感じました。演技の後の涙に表れていましたね?私も彼女の想いが伝わって、胸が熱くなりました。

    このような事を考えると、恵まれてきた日本人選手のモチベーションは他の過酷な状況下(セルビアなどは最たるものでしょう)から這い上がってきた選手と比べて低くなることは否めないように感じます。

    昔は「ハングリー精神」と呼んでいたように思います。「メンタル」と一括りにすると見えにくい「 spiritual 」について日本人も意識して取り組んでいくべきでしょうね。

    私もブログの記事で「プロになるという事…」というシリーズで書いていたと思います。

  10. toyo より:

    本当の意味でのテニス哲学というのは、テニスに関して自立していないと生まれないような気がします。低年齢のジュニアでも「哲学」を持っている選手ももちろんいると思いますし、そういう選手はブレがないのでどの年代でも強い気がします。成長に伴ってその哲学を「目標達成」に近づけて上げる手伝いをするのがコーチであり、周りの仕事だと思います。
    まぁ私も哲学なんて普段考えもしないので、偉そうなことは言えません(笑)ちょっと考える機会をいただきました・・・

  11. Zero Cool より:

    toyo さん
    コメント、有難うございます。実は、コンサルタントの世界では、「家庭環境を見よ・・・自然にコンサルタントの資質が解る」なんてことを暗黙の了解としている輩がいて、結構、これを大切にしている・・・笑)これって、正に「親みりゃ解る!」ってことらしいんですよね。

    toyo さんの「哲学」は成長と共に学んでいくもの、というのは面白いですね。ただ、そう考えてしまうと、「若き哲学者」の説明が出来なくなるのでは!?優秀な「若き哲学者」も実際にはきっと存在しているのでしょうし・・・笑)「哲学」って、本当に難しいと思うんですよね・・・

  12. toyo より:

    鍛えるのは「心技体」、成長に伴って学んでいくのが「哲学」と思います。ジュニア(特に低年齢)で哲学を持つと言うのはなかなか難しいですよね。この時期は選手自身というより親御さんの影響が特に強い・・・。多くのコーチが親御さんについて指摘しているのはこの部分ではないかと思います。将来性や哲学よりも目先の勝ち負けが気になってしまう・・・。野球において高校野球とは将来に直結する重要な局面に当たるだけに、星稜高校と明徳義塾の話は考えさせられます。

    コーチとしては自分の哲学や目標設定を押し付けにならないようにするのが非常に難しいと感じます・・・。ここに関しては「与える」だけでは意味がないでしょうから・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *