テニスで必要な 4 つの揺さぶり


私は、テニスに関しては、全く素人ですから本投稿記事が正しいのかどうかは不明ですが、娘に言い聞かせている「テニスで大事な(必要な)4つの揺さぶり」があります。「もっとあるよ」とか「そりゃ、間違っているよ」なんて、コメントしていただけると嬉しいのですが・・・まずは、本文をば。

私は、「左右」、「前後」、「高低」、「緩急(強弱)」に相手を揺さぶることが、テニスの基本であり、また、それが世界で戦うための唯一日本人が出来ることだと信じています。これは、テニスの試合を始めて観戦して、ベースラインからの単調なストロークの応酬を繰り返す娘を見て感じたことがきっかけです。

左右に揺さぶる・・・これは、ほとんどの選手が出来ることだし、練習でもこの「左右」への揺さぶりは、多くの時間を割いていると思われます。今更、私が説明する必要は無いと思いますが、ちょっと気になるのは、「左右」に揺さぶる、ということは、中央へもボールをコントロールする必要があります。いわゆる、相手のボディー狙い、ということ。特に、背の高い外国人選手は、何と言っても左右への揺さぶりに強いはず!なんといっても、通常の日本人が3、4歩必要なところを1、2歩で届いたりするのですから・・・これがまずは、揺さぶりの基本です。

前後に揺さぶる・・・こうなるといきなり試合中見れる回数が激減してしまう。ドロップショットやアングルショット、ボレーなどがこれに匹敵します。どうしてテニス選手は、ネットに出た後に、相手にロブショットされるとバックステップがお粗末なのでしょう・・・無理やりスマッシュにしたり。前後に揺さぶり時にちょっとミスすると、対戦相手のチャンスボールに繋がることが多いようですから、この前後への揺さぶりを実践するためには、ちょっと勇気がいるかもしれませんが。

高低に揺さぶる・・・トップスピンで高くバウンドさせた後、スライスショットで低くバウンドさせる。対戦相手のヒッティングポイントを高低で揺さぶることがこれです。日本の場合、オムニコートという特殊性があって、スピンが効果的に活用できない、と以前指摘されたことがありますが、それって本当でしょうか?私は、コートサーフェースによる違いよりも、そのテクニカルな部分が問題だと考えています。

緩急に揺さぶる・・・ある時は、強打して相手を押す。時にはムーンボールで単調な速さを調整させる。パワーとスピードだけで押していくのではなく、ゆるいボールを混ぜて、対戦相手のタイミングをずらす。そんな展開も必要でしょう。

更には、上記のコンビネーションを繰り出すことも必要で、そうしたショットバリエーションの多さがテニスの魅力だし、見る者を魅了させるはずなんです。また、最も人間が効率的になるのは、「機械的に動く」ことで、単調なストロークを繰り返すことで、ミスショットが少なくなる。結果として、パワーとスピードで勝る選手が勝利する・・・これでは面白くありませんよね!ジュニア選手達には(というより、我が娘には、ということですが・・・)、こうした多種多様のショットバリエーションを研究、実践として欲しいし、科学的にも追求して欲しいと願っています。一生掛かっても結論なんて出てこない・・・それがテニスの面白さのではないのか、と最近思っています。

こうした考え方に賛同してくれるようなコーチ、そしてテニスクラブでなければ、やっぱり長続きしない!「勝つために」ストローク一辺倒の練習。勝つためにロブショットを多用するように指導する学校・・・そうしたところには、個人的には興味が無いんです・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *