Google Chrome Portable に集中させる!


20110410_googlechrome市場では、スマートフォンの話題一色(でもないかな・・・)。震災以降、情報収集や災害時の家族とのコミュニケーション等の見直しをしています。また、テニス人であれば、海外遠征を含めて、どうやって日本とのコミュニケーションを確保するのかも非常に重要でしょう。

と、もっともらしい前置きをしましたが、結局は、私自身が「モバイルコンピューティング」という世界に興味があり、長年試行錯誤の毎日です。携帯電話のスマートフォン、ネットブックに最近では、アンドロイドブックなんていう表現もある!ようは、いつでも、どこでも、だれとでもコミュニケーションを取れるように、ということでしょう。遠征先、出張先、移動中等々、いつでも、どこでも・・・これが重要なんです。

以前、「USB メモリー」にアプリケーションをインストールして常に持ちあることを学びましたが(って、随分と以前ですが・・・)、その時にインストールすべきアプリケーションは何が良いかを検討し、ウェブブラウザは FireFox Portable、メールに関しては Thunderbird Portable としていたのですが、どうもコンピュータが変わると妙な動きになるし、それぞれの拡張機能も機能しなくなったりして、いざという時に不便でした。

そこで、ネットを徘徊していて、最終的に辿り着いたのが、「Google Chrome Portable」でした!メールを全てウェブメールに変更し、Gmail 経由で受信するように変更して。一時的なメモは、Google Doc のドキュメントで充分。即ち、ネットの接続することができれば、「Google Chrome Portable」でやりたいことがほとんど全てできる!

素晴らしいと感じているのは、Google にアカウントにあれば、自分用の Chrome の設定をネット上に保存しておくことができます。実際には、「同期する」と表現しますが、以下の項目が同期できます。

  • アプリケーション
  • パスワード
  • 自動入力
  • 設定
  • ブックマーク
  • テーマ
  • 拡張機能

上記から、たとえ「Google Chrome Portable」を再インストールすることになったとしても、これまで利用していた Google とまったく同じ設定に戻すことができます。また、「Google Chrome Portable」は、ウェブブラウザですから、メールの送受信(Gmail 経由)は全て完了することができるし、ちょっとしたドキュメントであれば、Google Doc で文書や表計算も完了することができます。しかも全て無料!

まさに、クラウドコンピューティングの世界ですが、もうこの環境を知ってしまうと、元へは戻れないかもしれません・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

2 comments

  1. Zero Cool より:

    大島コーチ
    いまや携帯電話を海外へ持っていくと、現地時間に自動的に変更してくれる・・・メールもそのまま受信できる時代です。クラウドなんて難しいことを主張しなくても、携帯電話の利用方法を熟知してていれば、とりあえずは困らない!

    上記のような基本的なことを iPhone を持っているあるテニスプレーヤが知らなかったのにはビックリしましたが・・・少なくとも、ITFのレベルには到達してほしいものですが・・・

  2. 大島コーチ より:

    >まさに、クラウドコンピューティングの世界ですが、もうこの環境を知ってしまうと、元へは戻れないかもしれません・・・
    以前に比べて、本当に情報の管理が楽になりました。
    もし、これが機能しなくなったらと思うとちょっと怖いですが、管理がしやすくなったということは、いつでも情報が発信できるということになります。
    前だと、「ちょっと海外に行っていたので、うまく連絡が取れませんでした」という言い訳が使えましたが、それが使えないのが残念です(笑)。
    早く、協会を含む、公的な団体がシステムを作ってくれることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *