「第36回 千葉県ジュニアテニス選手権大会」開催の是非


【追記:2011年3月26日】
「千葉県テニス協会ジュニアア委員会」の結論が発表されました!それは、大幅に日程変更をするものの開催。更に、本戦は3セットマッチだったのですが、全ての試合が1セットマッチとなりました・・・これには、多少ショックですが、それでも、大幅な日程変更があり、全ての試合を完了するためには、残念ですが仕方が無い結論でしょう。

私は、この結論に至るまで、本当にいろいろなディスカッションがあっただろうと思いますが、正しい結論と考えています。我が娘は、日程変更で3月28日にシングルス、29日にはダブルスのスタート、ということになりました。ジュニアテニスの最後の大会にならないよう、全力を尽くして欲しいと願っています。

【公開時、投稿記事】
「東北地方太平洋沖地震」の影響は、本ブログで記述しなくても、多くの情報がありますから、詳細をここで記述することは避けます。一部の大会は中止になったし、被災地に元気をという名目で開催に至っている大会もあります。

そうした中で、多くのジュニア選手にとっては重要な大会である県ジュニアの大会の開催に関する是非が議論されています。東京都は、開催を決めましたが試合方法を3セットマッチから8ゲームへと変更、神奈川県は中止。関東大会への推薦は、関東ジュニアランキングによるとの決定を下しました・・・

そして、我が娘が所属する千葉県は・・・25日より開催する方向で検討されているというのが私の理解ですが、「千葉県テニス協会ジュニアア委員会掲示板」には、開催の是非に関して、いろいいろな意見が公開されています。中には、感情的な意見もあるし、また、まったくの見当違いの意見もあるようです。最終的には、「千葉県テニス協会ジュニア委員会」が決定することだとは思いますが・・・ただ、私も一個人として、自分なりの意見を公開しておこうと考えてました。

率直に、個人的な意見を公開するのであれば、当然開催して欲しい!今年が最後のジュニア。娘は、この大会を目指して1年間練習してきたわけですから。また、テニスでの大学進学を考えている我が娘にとっては、このジュニアの大会の戦績は、非常に重要です。ランキング上位に位置していなくても、上位の大会への出場チャンスがあるのがジュニアの大会と信じていますから、ランキング重視での上位大会への推薦が正しいとする兆候には賛成できません。ましてや、ジュニア世代は、1ヶ月、1ヶ月でその実力は変化するだろうし、身体そのものも変化する世代ですから、過去の戦績が重要視され、今から開催される大会へ道を限定するることは如何なものか、と感じています。

上記が正直な個人の意見ではありますが、被災地としての千葉県を考えると、こうした個人的な感情論で判断してはいけないことも理解できるわけです。浦安地区では、まだまだ通常の生活に戻っていないという情報もありますし、旭地区は、被災されて亡くなった方々もいらっしゃる・・・そんな被災地として、テニスをしていて良いのか、というご意見があるのも仕方が無いと考えています。

時勢として、自粛、自制、中止・・・こうした兆候があることは否めませんが、ただ、私個人としては、そうしたところで、何かが解決するのかと考えると何も解決しないのではないのか、というのが率直な意見です。これから、我々がやるべきことは、千葉県に限らず、日本の活性化です。活性化することができなければ、復興もできない・・・自粛、自粛だけでは、大袈裟かもしれませんが日本の活性化は図れないと考えているわけです。

ただ、県大会が3月に開催・・・関東大会は7月・・・全国大会は8月開催・・・どうして、県大会だけがこんなに早い時期に開催されるのかは、常々変だな、と考えていましたから、開催を5月や6月に延期することはできないのかな、というのが私の結論です。そうなれば、被災されている地区の方々にも配慮されているし、現状よりは、いろいろな面で通常に戻っているのではないかと考えられますから・・・

最後になりましたが、掲示板にあるいくつかの情報には、判断を間違えるような内容もありますから、ちょっとだけ説明しておきましょう。

まずは、「多くの企業ですら自宅待機を決断している」ということですが、これは少なくとも私の持っているデータからは間違いです。コンサルタントという仕事がら、多くの企業がこの震災でどんな判断をしているかというデータを収集しています。結果、多くの企業は、可能な限り通常勤務という判断です。自宅待機や操業停止の判断をしている企業は少数派です。企業は、復興することが最優先の目標ですから。特に、22日からは、通常勤務にしている企業がほとんどです。

また、福島の原発の問題による放射能に関してですが、これも福島県の原発から千葉県まで約200km!本日現在、千葉県での放射能汚染はありえません。当然、今後の原発の問題は注視していく必要がありますが。

上記意外で、問題になるのは、何と言っても計画停電でしょう。電力不足から、千葉県の一部でも計画停電が実施されているし、その影響で交通網に支障が出ていることは間違いありません。ただ、県立の小学校や中学校は、休校することなく授業が薦められているという情報もあり、判断が難しいところです。

極力、個人の感情論を抑え、より正しい情報を元に、どうしたら良いのかを考えて記述したつもりです。

被災した千葉県・・・今、九州福岡では、選抜高校テニス大会が開催されています。千葉県からは、男子・女子のアベック出場の秀明八千代高校、男子の東京学館浦安高校、女子のもう一校は、県立の幕張総合高校が千葉県をしょって戦っています。メンバーの中には、千葉県の被災の地区から出場している選手もいる・・・そんな選手が千葉県を背負って戦っている。

千葉県の更なるテニスの発展のためにも冷静にいろいろな角度から検討した上で、私はやはり開催を希望しています・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *