東北地方太平洋沖地震の影響で「第36回 千葉県ジュニアテニス選手権大会」順延


2011年3月11日・・・歴史に残る自然災害、日本史上最悪、マグニチュード 8.8 マグニチュード 9.0(気象庁は、3月13日、M8.8 を M9.0 へ修正) の「東北地方太平洋沖地震」が発生!大津波が青森県、岩手県、宮城県、福島県・・・多くの東日本の各県を襲いました。私は、地震の時、愛知県は名古屋市にいましたが、新幹線ほか全ての鉄道が麻痺して、帰宅できませんでした。(12日、夕刻にやっとのことで帰宅・・・)

本ブログの主人公である娘は、テニスのレッスンで白子に・・・白子といえば、海の見えるテニス村で有名で、千葉県の海沿いにある綺麗な町なのですが、この地震では、「大津波警報」が発令され、いったいどうなっているのかがまったく連絡が取れずでしたが、それでも何とか携帯メールが通じ、返信として「町全体が停電・・・近くの小学校に避難中!でも生きているよ~」とのことで、ひとまず名古屋から緊張がほぐれました。

そして・・・

本日(13日)予定されていた「第36回 千葉県銃にテニス選手権大会」の U18 シングルス、ダブルスの試合は、全て3月27日に順延となりました。千葉県は、思いのほか被害が出ていて、高速は一部で通行止めだし、海に近いテニスコートは閉鎖になっています。昨年は、雨天順延で1ヶ月も日程が延びましたが、今年は地震で順延・・・

多くの被災されている皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *