小沢槙穂選手、勝たなければいけないという心理が敗戦に・・・


密かに・・・密かに・・・注目している小沢槙穂選手。そのブログは、全てチェックしていますが、時には日常生活を、時には嬉しい報告を、それこそテニスを楽しんでいるな、と思わせてくれる内容のブログです。

そんな密かに注目している小沢選手。「島津全日本室内」で、私個人としては、まさかの本戦一回戦敗退。残念ですが、まだまだこれから、と思うのですが、我々のような素人やジュニア選手には、こうした敗戦時の小沢選手のブログこそ参考になりますよ。

一般的に試合内容を詳細に公開している内容が少ないテニスブログですが、小沢選手は、まったく惜しみなくその状況を公開してくれています。ちょっと引用してみましょうね。引用させて頂く投稿記事は「槙穂 – Challenge!! With A Smile::島津全日本室内*本戦」です(本ブログの体裁に合わせて、装飾を変更していますが、内容はそのまま引用させて頂いています)。

プロ転向することをはっきり決めてからの初試合。正直、今までとは気持ちの入り方が違いました。気持ちの入れ方が正しかったかはわかりません。今まではチャレンジャー、プレッシャーのない状態で自分のテニスにだけ集中していた。

今日は勝たなければいけないという心理になってしまい、思い切ったプレーがなかなかできなかった。一歩前で打てるボールを待って落として打ったり、焦りからか、相手のミスを期待したり、攻め急いだり・・・空回りしてしまった自身をコントロールできずに終わった。

「攻めるテニス」がモットーの小沢選手のそれこそ「原因」を分析している素晴らしい内容だと思います。「勝たなければならない・・・」という心理・・・我が娘のコーチが、「勝たなければいけない試合なんかない。もっと、試合を楽しまなきゃ!結果は、楽しんでいれば自然に着いてくる」と指摘しているので、身をもってこうした敗戦原因は理解できるような気がします。

次回に期待しましょう。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *