ここぞという場面で消極的になる・・・プロ選手だってそうなる!


練習では素晴らしい・・・しかし、試合になるとどうしても練習のようにできない。ネットプレーもドロップショットも無い。ベースラインから安全にストロークを繰り返す。そんな娘を何度見てきたことか。何度も何度も、試合でのチャレンジを話し合いましたができずにいました・・・

そんな娘が、やっとのこと、試合中にネットプレーを、ドロップショットを実践できるようになって来ました。ちょっとだけ、練習でやっていることが本試合でできるようになってきた。それでも、まだまだ練習の時のようなチャレンジには程遠いと感じていますが、それって、どうやら当たり前!?のようです。

「寺地貴弘 公式ブログ::Dokic戦」は、奈良くるみ選手の敗戦を振り返っての内容で、とても参考になります。当然、対戦相手のレベル、大会のレベル等々、大きな違いはありますが、全ての選手に共通する課題でしょう。ちょっと引用しておきます。

今日の試合は勝つチャンスは十二分にありました。しかし結果は負けました。何故なら大事なところで消極的なプレーをしてしまったからです。

いつもブログで書くように消極的になってしまうのもわかるんですが、その場面でどのように自分の気持ちを奮い立たせてポイントに臨むかで大きく変わると思います。今の奈良にはそこで思い切る精神力が無いんだと思います。それが悪い方、悪い方に回り、自分自身を消極的にしてしまってる。

手厳しい・・・ただ、そうしたことをプロ選手ですら試行錯誤していると思えば、ジュニア選手は、まだまだこれからと思うのですが・・・奈良くるみ選手・・・日本テニス界をしょって立つべき選手ですが、そんな選手ですら上記のような苦労があるわけです。

「勝たなければならない試合なんて無いんだよ。もっと試合を楽しんで。そうすれば自ずと結果がついてくるようになるよ・・・」とは、我が娘の担当コーチの言葉。私の脳裏には、その言葉が浮かんでくるのです・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *