最後のジュニアテニス大会、第36回 千葉県ジュニアテニス選手権大会


テニス関連のブログを始めたのが、2005年8月20日!当初は、ジュニアテニスに関する情報が少ないので、何とか情報を収集して、公開していきたいな、と考えて始めたのですが、まさかここまでジュニアテニスにはまってしまうなんて、まったく考えていませんでしたし、それこそテニスにこれだけはまってしまうとは・・・我ながら、ちょっと感心しています。まっ、娘に感謝といったところでしょうか。

そんな娘が、遂にジュニアテニスの最後の大会、「第36回 千葉県ジュニアテニス選手権大会」の始まりです!上位12名が関東大会へ進出できますから、勝ち続ければ、当然ですがジュニアテニスが続きますが、1つ負ければ、それでジュニアテニスが終了します。娘は、毎年、この大会をジュニアテニスの最重要大会と位置付けてきましたので、緊張感も半端なく高まって・・・

我が娘、関東ジュニアランキングの結果から、シングルスは予選からの参戦となりました・・・

1R は Bye、2R は 60 で勝利、更に予選の決勝・・・ミスショットが先行するようであれば、接戦になることを予想していましたが・・・なんと 60 で圧勝。本戦への進出を決めました。

過去、これだけ満足のいく勝利があったでしょうか。決して「絶好調」という事はありませんでしたが、丁寧にストロークを実践、チャンスがあればダウン・ザ・ラインへ。また、圧巻は、いったいどれほどのアングルショットを決めたでしょうか。高い打点から深いストロークを繰り出し、フォアーからのアングルショットを繰り出す。何度も練習していたとはいえ、それをこれほど緊張感のある試合でできた、というのが大きな進歩です。

ネットプレーは、気持ちとしては実践する形は何度もありましたが、無理をせず、高い打点からのストロークがコントロールできていたので、ネットプレーにまで至ることが少なかったようです。一度、試合の序盤で、相手のリターンを深くリターンして、ネットをとりに行きましたが、相手のスライスショットが大きくロブショットのように浮き上がり、空振りに近いフレームショットになって、無常にも「カスっ」っと大きな音が鳴り相手のポイント。試合序盤だったので、嫌なミスだな、と一瞬感じましたが、ボールをとりに行く娘には、笑顔があった・・・今日は、これでいけるな、と感じた瞬間でした・・・

2R 終了後、「何となくテニスを楽しんだような気がする」と呟いていましたが、予選決勝が終わって、「楽しかった!」と主張した娘には、これまで大きな課題だったメンタル面での成長が感じられました!

本戦は、2011年3月13日から。全国選抜大会の日程があるため、変則的な日程になりますが、それはそれで例年のことですから。本戦まで、ちょっと時間がありますから、しっかりと調整して欲しいものです。

おっと!本戦前に高校2年生最後の定期テストがある!こちらもしっかりと頑張ってもらいましょう。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *