ボールを見るということ!


「あごが上がっている・・・」、「相手の動きに集中し過ぎている・・・」、「ボールをみて・・・」・・・娘の担当コーチから檄が飛びます。そんな練習が続いていったいどれ位の時間が経過したんでしょう。意外に基本中の基本のような激が多く、基本がまだまだ完成されていない娘ですが、そんな娘の練習を見学しながら、徐々にテニスの本質が私にも理解できるようになってきました。

試合中、対戦相手のオープンスペースを見つけることに必死になっていた娘は、どうやらボールを見てのプレーに集中していなかった・・・そんなことが解ってきた今日この頃です。そして、そうした基本中の基本が公開されたブログの投稿記事が公開されました。「米沢徹公式ブログ – JUST GO FOR IT -::ラケットでボールを貫く意識!」がそれです。ちょっと引用しておきます。

最近ジュニア達にラケットの真ん中でボールを打とう! ラケットでボールを貫く意識!ボールを見る!などとアドバイスするのだがボールを見ると言う事はそれほど簡単な事ではないのだ。ボールをしっかり見れる選手が打ちたいボールを打ちたい場所へボールを送れるのだ。

なるほど・・・ボールを見ることは簡単ではないようですね!ただ、ボールを見れるようになれば、打ちたいところへボールを送れる・・・素晴らしい一言ですね!

そういえば、以前、本ブログの「ロジャー・フェデラー選手に学ぶ!?フォアーハンドストローク」に YouTube の画像を添付しましたが、その画像を見ると、フェデラー選手は、しっかりとボールを見ていることがはっきりと解ります。ヒッティングポイントからフォロースルーまで、しっかりとボールを見ていて、まったく対戦相手のポジションなんて確認していないように見えます。

とっても参考になりますよね!

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

3 comments

  1. Zero Cool より:

    不審者さん
    コメント、有難うございます。いろいろな考え方があるんでしょうね~
    ただ、効果があれば、それはそれで良いのではないかな、と考えています。現に、娘の場合、その言葉で何かが変わったのですから・・・私は、プレーしないので、表現方法は実際のところ、何でも良いと思っています。

  2. 不審者 より:

    外からすみません。
    「ボールを見ろ」と言うアドバイスは、実は一番的を得ていないアドバイスです。
    なぜなら、コンタクトポイントではボールは絶対に見えないから。
    でも・・というところがあるのですが。
    ここまでで。

  3. Zero Cool より:

    ryo_apejp さん
    ゴルフ・・・池があり、バンカーがあり、となるとどうしてあれだけ見事にはまっちゃうんでしょうね~人間の意識なんて本当に弱いものですよね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *