初詣:なんと、平成5年(1993年)生まれの女子は「厄年:本厄」なんですね!


我が家恒例となりました「成田山新勝寺」への初詣。毎年、交通渋滞を覚悟で車で行きますが、それでも1時間も掛からずに成田山新勝寺の到着できます・・・と思っていたのですが、今年は、例年になく午前中に自宅を出発(いつもは、午後2時ごろ、自宅を出ていましたが・・・)。昼食を「うなぎ」が食べたいと言う娘達の要望を叶える為に、「まっ、それも良いか」と思っての時間設定でしたが。

穴場と信じていた駐車場(投稿記事、「新年、勝利祈願は成田山新勝寺という方のために・・・秘密の駐車場!?」を参照)が、思いのほか混んでいて(と言っても、30分ほど待っただけですが・・・)、成田山新勝寺の本殿までは、自宅を出発してから、1時間40分ほどでした(通常は、1時間位のはずなんですが)。

本殿前は・・・例年より人が少ないと言われているようですが・・・以下の通り!

人、人、人・・・まっ、例年通りですから、さほど苦になることも無く。これだけの人がいても、本殿に到達するまでは、20分ほどですから、なんら問題なし。

ところで、我が娘(次女)は、平成5年生まれ。つまり、今の高校2粘性の多くは、今年「厄年」になるんですね!個人的には、あまりこだわりは無いのですが、私個人として「大厄」の年齢時に、あまり良いことがなく、「厄除けをしないからだ」とか「厄年をなめているからだ」と指摘された経験があるので、早速、簡略式ではありますが「御護摩祈祷」の申し込み。単純に、お札を「御護摩祈祷」して頂くだけでしたが・・・

それでも気分すっきり!

おみくじをひいて、だるまを購入して、昼食を成田名物!?の「うなぎ」を食べて・・・毎年、同じような経路ですが、それでも新年は、こうした我が家の行事が修了しないと新年を迎えた気分にならないものです。

やっと、新年、2011年がスタートです。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *