スランプの考え方


本サイトは、内田樹氏の影響をかなり受けていて(というか、私の考え方が内田氏に影響されているわけですが・・・)、投稿記事の内容や意見には、多分にその引用が多かったり(引用には、必ずリンクを貼っています)、内田氏の書籍に登場していたり。単純に「テニス」という世界に置き換えているだけの内容も存在しています。

そうした中、内田氏のブログに「内田樹の研究室::才能の枯渇について」という投稿記事が公開されました。特に、スランプに関しての記述は、私個人として、100% 賛同する内容ですので、ちょっと引用しておきましょう。

スランプというのは「私たちがそれまでできていたことができなくなること」ではない。できることは、いつでもできる。そうではなくて、スランプというのは「私たちにできるはずがないのに、軽々とできていたこと」ができなくなることを言うのである。「できるから、できる」ことと、「できるはずがないのに、できる」ことはまるで別のことである。

どうも敗戦が続くと「彼/彼女は、スランプだ!」と発言される方々が多いようですが、私はそうした考え方を持ったことがありません・・・上記から、明確になりますよね!スランプを上記のように理解していれば、スランプという言葉を容易に使うことはできないですよね。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *