2010年冬の陣スタート:ジュニアテニスとしては最後の冬!


娘の高校の定期テストが終了しました。いつものことですが、試験1週間前から詰め込みの勉強方法で、何とか切り抜けている娘です。大学入学を考えているのであれば、「こんな勉強の仕方でいいのか・・・」と思うのですが、娘の場合、テニスでの大学入学を検討しているので、学業成績は、大学入学のための基準点を維持できれば良い、と考えています(つまり、全ての教科で、60点以上あれば良いのですが・・・)。ただ、60点以上を維持することだけでは、本人は満足しないようで・・・

さて、そうした中、一般女子のテニスの世界では、ちょっとした小休止!?といったオフシーズンのはずですが、ジュニアテニスの世界は、毎年、冬が意外と重要で、次年度に開催されるジュニア大会のドローに大きな影響があるため、必死になるシーズンです。昨年は、関東選抜大会、更には全国選抜大会へ駒を進めたため、冬の大会はほとんどノーエントリーでしたが、今年はしっかりエントリー。ジュニアテニスの大会へのエントリーは、本当に少なくなってきました・・・

  • 第12回 ぐんまオープンジュニアテニストーナメント
  • 第35回 ピーナッツカップ柏ジュニアテニス選手権大会
  • 第34回 京王ウィンターテニストーナメント

上記がジュニアテニスでのエントリーとなりました。最近では、ジュニアのトーナメントだと知っているジュニア選手が少なくなってきて、ちょっとさびしい気がしますが・・・今年は、ダブルスもエントリー。どうなりますか・・・

そして、本日は、上記の最初のエントリー、「第12回 ぐんまオープンジュニアテニストーナメント」に参戦しました。予選からの戦いとなりましたが、1R、2R と試合内容は、これまでの娘と比べれば、格段に良くなってきていますが、リードした時にどうしても守るテニスに転じてしまって、攻めなくなる・・・圧倒するような攻めるテニスを実践しているのですが・・・

本日の 2R で、お互いにサービスをキープして 2-3 で向かえた第6ゲーム。それまでの試合内容としては、アングルショットやドロップショットを使っての娘のテニスのほうが勝っている・・・ただ、対戦相手のビックサーブに翻弄している様子もありましたが、徐々に慣れてきている。第6ゲームもあっさり 40-0 となり、3-3 になるかな・・・と思ってから・・・

こっから「守る」テニスに転じます。そこはネットをとりに行ってよかったんじゃない!?とか、もうちょっとストロークを散らしてよかったんじゃない!?と言った場面が多々ありました。これが、ここ数試合続いています。ラリーが良くなっているからこそ、攻めるチャンスが増えているはずですが、残念ながら「守る」テニスになってしまう・・・対戦相手は、全国大会へも出場しているとはいえ、テニス自体では主導権を握っているのですが・・・

来年の春に向かって、リードしている時こそ、攻めるテニスが実践できるようにしないと・・・娘も、試合中、試合の流れを意識して実践していることは少ないそうで、本日の試合でも、そうしたことを考えることは無かった、と説明していましたから、ちょっとだけ意識を変える必要があるのかもしれません。

かなり「攻める」ことができるようになった!もうちょっと、とは思っているのですが・・・

2010年、ジュニアテニス最後の冬!残り2大会です。

アクセスランキング
2010年
6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
Ranking

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *