WTA シーズンは長過ぎる!?


テニスというスポーツは、「いったいいつがオフシーズン!?」とかなり前に他のブログで記述したことがありますが、やっぱりそうした問題は常に浮上しているようですね。WTA の最終戦ともいえる「WTA Championships Doha 2010」がいよいよ決勝戦ですが、その決勝戦が終了しても、直ぐに「全豪オープン 2011」がやってくる・・・

ファンの一人としては、全てのトップ選手が万全の体調で試合に出場し、激しく戦う姿を観戦したいと思っているはずですが、確かに怪我や病気でトーナメントを欠場する選手が多いことも実感しています。

そんなことを記事にして公開しているウェブページがありました・・・

“You just can’t win.” Is there a truer phrase anywhere? The WTA might be asking itself that as we speak. Everyone told them their season was too long, and that it was causing injuries to players.So the tour goes through a semi-Herculean three-year effort known as the Roadmap to shorten the season, and what happens? At the end of it everyone is still injured. In fact, more top players are injured or ill than ever.

(Omission)

The WTA schedule now ends six weeks after the U.S. Open. The ATP’s continues for another month. Is it a coincidence that so many women decided to “pull the plug” early in the fall and hang up their rackets until 2011? Some players were clearly incapacitated — Agnieszka Radwanska and Venus Williams both needed surgery — but others made the move for precautionary reasons.

(Resource: 「ESPN::Tennis: WTA Tour still searching for a solution」より)

WTA は、試行錯誤しているようですが、結局はトーナメント方式とという大会形式をとっている以上、強い選手は、より多くの試合数をこなさなければならず、どうしても負担が増えてしまう・・・下位選手は、トーナメントですから試合数が少ない・・・こうしたシステムを変更しない限り、どうしてもシーズンを短縮することはできないでしょうね!

現状のランキングシステム、試合形式を変更しなければ、上記のような問題を解決することはできないだろう・・・と信じている私です。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *